子どもの "スクリーンタイム "を最適化する方法

数日前、家族でレストランに行って食事をしているときに、友人がこう言った。彼女はそう言うと同時に、ハンドバッグからタブレットを取り出し、「大人がおしゃべりできるように」と言って、娘の前に置いたのです。私も子供が小さい頃は何度も同じことをしていましたし、罪悪感を感じていました。しかし、それ以来、私はこのテーマについて深く研究してきました。これは、親や同僚から多くの疑問が寄せられていたことが理由です。教育者として、学者として、私は保護者に対して、子どもの福祉と発達について十分な情報を得た上で決断できるよう、具体的で科学的な答えを提供する義務があると考えました。私が発見したことは、親にとって朗報であると信じています。

スクリーンタイム」とは何ですか?

まず、「スクリーンタイム」とは何を意味するのかを慎重に定義する必要があります。タブレット端末にかじりついて何時間も監視なしでYoutubeの動画を見ている子どもと、兄弟と一緒に年齢に合ったビデオゲームをしている子どもとでは、天と地ほどの差があります。"テレビ、ゲーム、ビデオ、パソコンでの宿題、教育用アプリなど、「スクリーンタイム」という言葉はあまりにも漠然としています。子どもがどのようなスクリーンタイムを過ごしているかは、実際にはスクリーンで過ごす時間よりも重要な意味を持ちます。以下のルールは、親が子どもの「スクリーンタイム」を見極めるのに役立ちます。

スクリーンタイムは有益なのか?

はい、含まれています。

  • 教育的なアプリや、年長のお子さんには、コーディングに関連するもの。
  • 年齢に合ったインタラクティブなビデオゲーム(特に、高速でのマルチタスク処理が必要なものや、建物を作るもの):これらは、微細な運動能力の発達や認知機能の向上に役立ちます。
  • みんなで遊べるゲーム
  • 体を動かすゲーム(Wii Sportsなど、運動能力や手と目のコーディネーションに優れている)。
  • 家族で、特別な時間に観るのに適した映画

上映時間を制限するべきか?

はい、含まれています。

  • インタラクティブではないスクリーンタイム(テレビやビデオの視聴
  • 他者との交流を伴わないスクリーンタイム

スクリーンタイムが許されない場合とは?

それが含まれると

  • 監視なしでオンラインビデオを見たり、インターネットを利用したりすること
  • 年齢にそぐわないゲームをする

子供のスクリーンタイム - 幼児のスクリーンタイム

スクリーンタイム」がもたらす悪影響は?

A second, important key to understanding this issue is to think about what children are ではなく doing while they are getting “screen time”. For example, when my son plays football outside for hours, as he does almost every day, I have no problem with him coming home to play a few video games on his console. If he has just watched an entire film with his sister, however, I tend to steer him away from the video games, because I feel it is time for him to be active. Screen time becomes a problem when it prevents children from doing sports, playing with their friends or siblings, playing outside, reading, doing their homework or communicating with others, face to face. In the case of my friend’s toddler at the restaurant, I gently suggested that we spend a little bit of time playing with her and reading her a book before our meal arrived. Her daughter was all smiles and babble, and then she got very busy making an extraordinary mess with her food and getting lots of laughs and attention for it; none of this would have happened had she been stuck on a tablet. After the meal, she did get a little restless and grumpy, at which point her mother gave her the tablet to play with so we could have a conversation over coffee. I thought this was a balanced way to deal with the issue of screen time, and I got to have fun with both the little girl and her mother!

スクリーンタイム」がもたらすポジティブな影響は?

スクリーンタイムに関する議論の最後の側面は、テクノロジーがなくなることはないということを認識することです。子供たちをスクリーンから完全に遠ざけることは、長期的には多くの機会から子供たちを遠ざけることになります。スクリーンは、図書館、辞書、教科書、教育ドキュメンタリーなどに取って代わりました。これらの知識源を禁止することは考えられませんが、なぜそれらに取って代わったスクリーンを禁止するのでしょうか?

What's the Appropriate behavior?

大人としての責任があります 子どもたちに、適切でバランスのとれたテクノロジーの利用法を示すために。 By far the most powerful tool we have to raise our children is our own behavior: children copy what they see, much more so than they listen to what they are told. In other words, if we tell our children to stay away from their screen, but we spend hours on our phone or computer in front of them, we are wasting our breath. Small details like putting our phone down when we have a conversation, giving children our full attention and eye contact when we greet them or forbidding screens at the dinner table for the entire family, can make a big difference. I cannot tell you how many times I have hidden my phone under a cushion and ostentatiously picked up a book when I heard my children coming home!

コンピュータやタブレット端末は、さまざまな意味で、急速に普及しているテレビよりも優れています。それらが提供する体験は、受動的なものではなく、私たちの脳や体にとってより挑戦的なものであり、完全に教育的なものです。スクリーンタイムを禁止したり、厳しく制限したりするのではなく、子どもたちが必要とするテクノロジーに精通した親になりましょう。

ドクター・ナンシー・ル・ネゼの研究ディレクター スイス・インターナショナル・スクール・オブ・カタール"