読書が学生にもたらす3つの大きなメリット

There are never enough in-class hours for second-language learners to actually learn the new language. Every school-day learners are also engaged in learning mathematics, science, and all the other subjects. However, these core academic activities focus, naturally, on subject matter.

ランシット大学サティットバイリンガルスクール(SBS)は、英語で書かれた文学作品に焦点を当てた多読(ER)プログラムをサポートするワールドスクールです。保護者の方には、ご家族の「母国語」であるタイ語と英語で書かれた絵本を含むホームライブラリーの作成にご協力いただいています。

ここでは、「生徒のための読書」がもたらす生涯にわたる多くのメリットを紹介します。

読者はより良い作家になる

喜びのための読書」。 yields many benefits, – linguistic and more. There is compelling research evidence that reveals children when reading story books for pleasure are, at the same time, observing proper work groupings, paragraphing, and correct punctuation – for both descriptive sentences, as well as for dialogue. A child’s brain is alert to everything and subconsciously remembers. That explains why readers are better writers, for example!

Young readers are also having to decipher the meaning of new vocabulary through contextual clues – a very important skill. The child determines the meaning by seeing how the new word is being used. Note: children’s story books should be at a level appropriate to their reading level such that a dictionary is rarely a necessity.

読者が世界をより深く理解するために

物語を読むことは、他にも多くの利点があります。子どもたちは物語を通して、他の場所や人々、文化について知ることができます。他の人への共感、出来事への悲しみ、予想外の出来事への驚きなどを感じることができます。

読書は非生産的なスクリーンタイムを減らす

子供がテレビを見すぎたり、携帯電話で友達と交流しすぎたりすることを心配している親御さんは、豊かな時間を過ごすための代替手段を推進することができます。学校の多読(ER)プログラムを支援し、家庭用の多読プログラムを開発することで、保護者の心配は軽減されます。

このシリーズの次のノートでは、次のようなことを望む親御さんが利用できるいくつかのリソースについて説明します。 読書の習慣を身につける 子どもたちに

by アピラモン・オウライラート博士最高経営責任者(CEO)