リビジョンを最適化するための5つの勉強法

ycis---revising-tips---how-to-study

ワークショップで得たヒントを語る、8年生のLuli PodestaとCharlie Leung。

リビジョンのヒント #1 - 自分の学習スタイルを定義する

ランスが最初に取材したのは、「私たちが 言語的または視覚的 の学習者です。私たちは、自分がどちらの立場にあるかを判断するためのテストを受けました。似たようなテストがネット上にたくさんあるので、自分に合ったものを見つけられるかもしれません。

リビジョンヒント #2 - 自分に合った教材を使う

言語学習者であれば、リストを作ったり、ノートを読んだり書き出したりすることが役に立つでしょう。視覚的な学習者は、絵や図、色が学習や復習に役立つと考えます。を持っていることを確認してください。 自分に合った素材 と、課題や復習の際に使うことを習慣づけています。

ycis---revising-tips---how-to-study

リビジョンヒント #3 - 完璧な学習環境を作る

勉強の環境は人それぞれです。寝室のような静かな場所で一人で作業するのが好きな人もいれば、グループで作業し、他の人に囲まれていたい人もいます。人によっては、グループで作業したり、他の人に囲まれたりするのが好きな人もいます。重要なのは どれが自分に合っているか そして、その環境を、作業や修正のたびに再現するのです。

リビジョンヒント #4 - 集中力を高める

It’s also good to think about what else helps you concentrate. Some of us listen to music when we work but some people need complete quiet. There’s no right or wrong way – it’s just about 自分を理解する.

リビジョンヒント #5 - チェックリストとタイムテーブルの作成

整理整頓や時間管理は、時にあなたが最後に考えることです。しかし、実際には、最初にすべきことです。あなたは、以下のことをすべきです。 タイムテーブルの作成 課題の期日、追いつく機会、復習の機会、先生の都合、試験の日程などを書き込んで、学年全体を把握します。
これは、試験のタイムテーブルを受け取ったときに特に重要です。準備のためにしなければならないことをすべてチェックリストにしてください。そして、試験の順番とそれぞれの準備に必要な時間に基づいて、復習の時間割を作成します。そうすれば、試験が近づいても冷静に対処できます。