多言語主義とその認知的発達への影響

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

多言語主義の意味については様々な意見がありますが、François Grosjeanが提示した定義はおそらく最も一般的なものでしょう。この有名な言語学者は、「多言語人とは、日常生活で2つ以上の言語を使用している人のことである」としています。 私たちが暮らすグローバルな世界では、マルチリンガルであることが必要不可欠になっていることを考えると、これは本当に名誉なことです。今日の子供たちは、見ること、住むこと、移動することがますます現実味を帯びてくる世界で育っています。

それは Eurocolegio Casviは、学生の国際的な教育を促進することを目的としていますが、そのためには、国際基準に基づいた方法論を採用しているだけではありません。 国際バカロレア(IB)しかし、3つの外国語を学校の時間割の中で、また教科として学ぶことを推進しています。英語は生後1年目から、ドイツ語と中国語は小学5年生からです。

It is carried out through eminently practical classes, with a predominance of oral and written comprehension and expression, emphasizing the spontaneity of the foreign language. Students work in small groups, with native and bilingual teachers, and by means of the most innovative methods of learning. In ESO and Bachillerato they are conformed according to level.

認知レベルでのマルチリンガルのメリット

幼い頃から複数の言語を習得することは、複数のコードを完璧に使いこなせるように成長する上で非常にプラスになります。 それにより、異なる現実や機会に目を向けることができ、自分自身をさらに豊かにすることができます。

Multilingual children also enjoy advantages in the field of learning. In general, they have a higher level of selective attention than the rest; also, their memory capacity is much higher. This is because they are constantly comparing, categorizing and organizing words, and from this incredible ability, they gain a level of language awareness that promote the development of a myriad of skills:

  1. 研究者のRodriguez Pujadas氏によると。
    - 精神的な柔軟性が高まる。
    – A superiority in the formation of concepts.
    - より多様な精神的能力を持つ

  2. ソレ・メナ氏によると、2つ以上の言語を学ぶ子どもたちは
    - よりクリエイティブに。
    – They tend to obtain better results in tasks that consist of imagining various answers rather than finding the correct answer to a question. For example: imagining the number of uses that can be given to a cup.

  3. In Toronto (Canada), a scientific team from the Rotman Research Institute conducted a study in which they found that multilingual people can delay symptoms affecting mental functions such as memory, problem-solving ability, etc., by up to five years.

  4. On the other hand, certain studies focused on non-linguistic cognitive control tasks, such as that of Moreno-Fernandez, showing behavioral advantages in bilinguals vs. monolinguals.
    - より多様な人間関係を築くことができます。
    - 人と人との間の知識を深めることができます。

幼少期における多言語学習の重要性

A few years ago, a group of American researchers discovered that, in the frontal lobe of the brain, the representation of second languages, those that are acquired late, is in a different place from that of native or mother tongues. However, when the different languages are acquired simultaneously and early, both are usually located in common areas of the frontal lobe.

Since these areas of the brain are specific to spoken language and not to its comprehension, the different brain location may explain why late bilinguals are always recognized as such, since they never, no matter how much they practice, come to express themselves verbally as native speakers in their second languages. Everything indicates that when language is learned late, it is no longer installed in the areas of the brain that are best conditioned for it.

したがって、最良の言語学習プログラムとは、幼少期に人々の日常生活に言語を導入すること、つまり、家庭、学校、職業、余暇の環境にできるだけ言語を持ち込むことである。

によって書かれています。

Eurocolegio Privado Internacional Casvi

Eurocolegio Privado Internacional Casvi

Eurocolegio Casviは、1985年に設立された高品質な国際教育を提供する共学のプライベート・インターナショナル・スクールです。教育は、より質の高い生活を実現するための変革の基礎である」という信念に基づき、デイ&ボーディングスクールは設立以来、明確なミッションと哲学を掲げています。