母国語をマスターすることの重要性

理論言語学の創始者であるスイスの言語学者・記号学者のフェルディナン・ド・ソシュールは、"言語と心は紙の両面のようなもので、どちらも相手なしには存在できない "と言った。

Many third culture kids (TCKs) belong to a school of thought who stoutly believe that the mother tongue of a person or a people constitutes a cultural, social and personal value, a basic qualitative component of one’s existence rather than a simple tool of communication. Consciousness of a 21st century world and of others and ourselves, by necessity, passes through notions structured and expressed by means of language. The fact that TCK’s can express their conception and talk about it in their own language, is possibly more significant than ever before. It is their history, their identity and the physiognomy of their nation. In this sense, language is for them the main component of their conscience, what constitutes their identity as a person and distinguishes them from being simply a part of a mass.

It is for this reason that it is so important for a third culture child, especially one who studies in English, to master their mother tongue or a foreign language. Mastering it means to come to know a different conception and structuring of the world. Access to more than one foreign language is even better; it is the best way to combat a language monopoly and to find additional ways to view the world. And it is for this very reason that international schools like Utahloy International School Guangzhou (UISG) have invested substantially in enhancing their mother tongue program.

中国の南部、広州に位置するUISGでは、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語、日本語などの言語で母語教育プログラムを提供しています。UISGは、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語、日本語などの母語プログラムを提供しています。学校長のMichael Wylie博士は、母語の発達は幼少期から始めなければならず、頻度が重要であると述べています。"UISGは真のインターナショナルスクールであり、50カ国以上の国籍を持つご家族のニーズに応えるために、可能な限り幅広い言語と科目を提供しています。子どもたちは、最初からバイリンガルやトリリンガルになる過程で、自国と他国の文化を学び、文化的に異なる環境や状況でも快適に生活できるように、多様性を認める感覚や国際性を身につけなければなりません」と語る。UISGの母語プログラムでは、数学や歴史などのアカデミックな科目、あるいは第三言語の学習など、他のすべての科目の学習を理解し、深めることができるように、高いレベルの言語能力を総合的に身につけることができます。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの有名な言葉に「私の言語の限界は、私の世界の限界を意味する」というものがあります。自分の言語、あるいはそれ以上の言語をマスターすることは、実はこの地球村でのオプス・ヴィータであることを忘れてはなりません。