テーマ選定の秘訣

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

高校時代は、良い選択をすることが大切です。誰と友達になるか?どのようなスポーツをするか?どのような課外活動に参加するか?しかし、最も重要な選択の一つは、どの科目を勉強するかということです。

適切な科目を選択することは、新たな興味を発見したり、得意分野を伸ばしたり、大学進学に備えたり、特定のキャリアパスを追求したりする上で、大きな役割を果たします。しかし、学生が選択できる科目は非常に多くあります。

例えば、以下のように。 CGA私たちは、完全に認定されたオンライン・ハイスクールとして、Edexcel A Levelの素晴らしい科目を提供しています。 これ Aレベルとは何かを知るために、そして これ は、IBやNCEAなど他の共通カリキュラムとの比較をご覧ください。)

  • 英文学
  • 数学
  • さらに純粋な数学
  • 生物学
  • ケミストリー
  • 物理学
  • 歴史
  • 英語
  • 心理学
  • ビジネススタディ
  • Economics
  • 情報技術
  • 言語フランス語、スペイン語

たくさんの選択肢がある中で、高校で学ぶ科目をどのように選択すればよいのでしょうか。CGAでは、ハーバード大学、エール大学、デューク大学など、世界のトップ大学に進学したCrimsonの卒業生や生徒たちが、高校での科目選択について誰かに教えてもらいたかったことを、トップ5にまとめました。

自分にとっての成功とは何か

This first tip is pretty self-explanatory. You have to know what you want in order to get it. Too often, high school students follow along a track of what they think they ought to do instead of actually what they want. I have seen too many friends who would have excelled at subjects like music or history choose to load up on science or economics classes because they have felt pressure from others (school advisors, friends, and even parents) to do so. But if we don’t know what success means to ourselves, we can end up choosing a combination of subjects that don’t suit us, ultimately pursuing someone else’s version of success.

自分にとっての成功とは何かを知ることは難しい。というのも、私自身、高校時代に履修していた科目から何を得たいのかを理解するのに長い時間がかかったからです。最初は、実用的なアジア人の両親が私に教えてくれたこと(理科の科目をすべて最難関レベルで選択すること)や、学校が強調していたこと(学業成績-A*の成績をすべて取ることなど)が成功だと考えていました。しかし、高校生活が長くなるにつれ、自分が高校の授業で何を得たいのかを深く考えるようになりました。

I realized that my definition of success did not come from continuing to do what I was good at. It meant pushing myself out of my comfort zone and learning valuable lessons as a result. After completing all three A Level sciences a year ahead of schedule, I deliberately chose not to take more subjects that required analytical thinking like STEM.

Writing had always been one of my weaker subjects throughout high school. At least in the short term, I realized that success to me meant improving my writing. So, even after having completed A Level English Literature, I picked up AS and A Level English Language in the same year in my last year of high school. The doubly intensive writing load further refined my skills. With English Literature, I had been confined to analyzing Shakespeare and Dickens novels, but with English Language, I had the opportunity to explore other forms of writing like blogs, news articles and short stories and had a lot of fun.

The boost to my confidence in writing was crucial as I was writing personal essays for US university admissions at this time. By choosing my subjects to be more aligned with my idea of success, I was able to get the most value out of my learning.

被写体を選ぶときにどのように応用できるか。

自分にとっての成功とは何かを考えるのは簡単なことではありません。自分自身の具体的な目標を設定し、なぜその目標を設定するのか、という観点から考えれば、怖さは感じないかもしれません。いずれにしても、このプロセスでは、自分自身を見つめ直すことが必要です。

被写体を選ぶ際に参考となる一般的な成功指標は以下の通りです。

  • 特定のグレードを達成すること(例:すべてのAレベルでA以上を取得すること
  • 特定の分野の研究/キャリアのための準備
  • さまざまな分野への興味を育む
  • 大学入学に必要な条件を満たしていること(国際Aレベルでの大学入学を実現するための詳細については、ブログをご覧ください これ)

これらの指標の一部または全部が、あなた自身の成功の定義を構成するかもしれません。最も重要なのは、自分の目標に最も適した科目を選択するために、深く考えることです。しかし、特に科目の選択に関しては、一つの目標を達成するためには、人生の他の分野を犠牲にしなければならないように感じることがよくあります。そこで、次のヒントをご紹介しましょう。

バランスをとる

学校ですべての教科をやりたい、すべてのクラブのリーダーになりたいと思うのはいいことです。しかし、自分に与えられた時間とエネルギーについて現実的に考えることも同様に重要です。バランスは日常生活において重要ですが、教科選択においてはこれ以上ないほど重要です。

野心と現実のバランスを見極め、レベルの高い難解なテーマに挑戦して突き進むべき時と、自分の限界を意識するべき時を見極める必要があります。

ASレベルの化学を1年前倒しで履修する機会を与えられたとき、私はすぐには取りかかりませんでした。上の学年の友人と話していて、AS化学は難しいことで有名だと知っていたからです。その年、私は国際GCSE化学のクラスに入りました。しかし、より多くの先生と話をし、コースの履修計画を立て、自分の中での成功の定義を考えた結果、私はAS化学に進むことにしました。それは、自分の能力に現実的でありながら、自分の野望を最大限に達成できるからです。

バランスを重視して科目を選択しなかった生徒は、オーバーワークに陥り、再受験しなければならないほど、ある科目が不得意になってしまうことがあります。あるいは、自分の可能性を十分に発揮できず、高校最後の年に追加科目やNZQAスカラシップ科目を履修して負担を軽減する機会を逃してしまうこともあります。

幸いなことに、もしあなたが CGAまた、世界有数のアカデミック・アドバイザーが、自分に最適な科目の組み合わせを選択するためのサポートを行います。

We also need to choose subjects such that there is a good balance between things we are passionate about and things that are practical for university entrance, further study or career prospects. I’ve seen too many people regret taking the subjects that they took during high school either because they only focused on studying the subjects deemed most useful for their future (like STEM or economics) or they only took subjects they were interested in, realizing too late that they don’t actually meet the minimum requirements for the university degree program that they’re interested in.

被写体を選ぶときにどのように応用できるか。

バランスをとるのは難しいことです。特に、自分にとってのバランスとは、予期せぬ出来事や責任、約束が生じたり消えたりして、月ごとに変化するものです。

しかし、ここでは自分のバランスを見つけるためのいくつかの方法を紹介します。

  • 履修したい授業のバランスを先生やクラスメート、先輩に相談する
  • 学校長やアカデミック・アドバイザーにアポイントを取る
  • 課外活動やその他の仕事をすべて書き出し、学業との兼ね合いを確認する。
  • 出願を希望するすべての大学の学位の科目/グレード要件を注意深くチェックし、自分がこれらの要件を満たしていることを確認する。
  • 好きなことをあきらめずに教科を選ぶ
  • 他の人からのアドバイスは大目に見てください。誰もあなたと全く同じ状況を経験していないのですから。
  • 量より質 - 膨大な数の科目を履修して中途半端な結果に終わるよりも、最終的に履修する科目で優秀な成績を収めることの方が重要である。

視野を広げる

勉強のバランスをとることは大切ですが、探求のための時間と科目を確保することも必要です。世の中にはたくさんの知識がありますから、特定の分野の科目だけを受講するのは意味がありません。高校時代は、そのような興味のある分野を探求する絶好の機会です。

高校時代はずっとSTEMに熱中していて、理系科目を積んでいました(学校で必修だった英語を除く)。しかし、私はいつも歴史に魅了されていました。歴史上の出来事に関するウィキペディアのページを何時間もかけて読むのが好きでした。

何年か先延ばしにしていたのですが、高校の最後の2年間で歴史を取り上げ、自分の視野を広げることにしました。この科目はASレベルまでしか履修していません。それでも、厳しい科学の授業とは違った新鮮さがありました。また、私が抱いていた「歴史は暗記するもの」という神話を覆してくれました。

In AS History, we learnt about historiography and how history is interpreted. Prior to taking history, I had never considered how the exact same historical events could be interpreted in completely different ways depending on the evidence historians select.

被写体を選ぶときにどのように応用できるか。

高校時代は、多様な科目を選択して視野を広げる絶好の機会です。新しい経験をすることで、より豊かな学習者になることを目指してください。

視野を広げるためのヒントをご紹介します。

  • もっと知りたいと思っていたけど、機会がなかった科目を受講する
  • 楽しめるもの、楽しめないもののリストを書き出し、テーマを探求するための手段を考え始める。
  • 自分が撮ったことのある被写体に似たものをチェックして楽しむ
  • 自分が興味を持っているのに、学校にはない科目を受講する方法を探してみましょう。CGA は、通常の学校教育に加えてオンラインで受講できる様々なオンラインAレベルを提供しています。)

学び方を学ぶ

One thing you will realize is that the content of each subject has very little use after school unless you pursue a specialized university or career path like medicine. We’ve all wondered “when are we ever going to use this in the real world” while learning some obscure concept in high school.

しかし、高校の目的は、必ずしも教科の内容を忠実に学ぶことではありません。むしろ、学習方法を学ぶプロセスであり、どのような進学先やキャリアパスを選択しても成功するために必要な、優れた学習習慣や保持習慣を身につけることが重要なのです。

One of the most valuable things I have learnt during high school is how to effectively self-study. Due to having difficult course work and teachers with poor teaching ability, I was forced to essentially teach myself the content in the majority of my classes. The experience helped turn my learning into a self-driven experience. I learnt how to manage my time as well as how to structure my learning. The benefits of learning how to effectively self-study was far more useful to my pre-med studies at Harvard than any of the specific subject content I had learnt during high school.

そのため、科目を選ぶ際には、学習する科目だけでなく、心に留めておくことが大切です。

  • 自学自習とタイムマネジメントの手法
  • ノートの取り方と修正方法
  • 批判的・分析的思考
  • エッセイライティングとアカデミックな議論の形成
  • チームワークとコラボレーション

今、あなたはいくつかの科目の選択を考え直していますか?夢の大学に合格するためには、もっとインターナショナルGCSE、AS、Aレベルの科目を取ったほうがいいと思いませんか?幸運なことに、Crimson Global Academyでは、世界中のどこからでもオンラインでインターナショナルGCSEやインターナショナルAレベルを学習し、受験することができます。

CGAでは、フルタイムとパートタイムの両方の入学オプションを提供しています。現在の学校に在籍したまま、ピアソン・エデックスのインターナショナルGCSEやAレベルを追加してコアスタディを補いたい方も、インターナショナルAレベルを無制限に受講して他の生徒よりもはるかに学習を加速させ、このブログで紹介したヒントを応用できる学校への入学を希望する方にも、最適なオプションをご用意しています。

平均20年以上の指導経験を持つ専任の講師陣と、合理的なオンライン学習プラットフォームを備えています。 CGA は、あなたが学校教育で(ed)excelするために必要なすべてのリソースを提供します。 目論見書のダウンロード CGAが提供する国際GCSE科目の詳細については、以下をご覧ください。 話を聞く CGAがあなたに合っているかどうか、今すぐご相談ください。

によって書かれています。

クリムゾン・グローバル・アカデミー

Crimson Global Academy

CGA is an online high school, connecting students with top faculty in small, virtual classrooms. Students join global peers, studying the A-Level, AS-Level, International GCSE curriculum as well as the Advanced Placement (AP) qualification. We are synchronous. Our small, virtual classrooms are ‘live’ no matter where you live in the world, 24 hours a day, 7 days a week.