この新しい世界を受け入れるために、学生を準備する必要があります。

"私の時代はそうではなかった"そうですね、時代は進んでいますし、間違いなく良い方向に向かっています。 テクノロジーは、人間のほぼすべての側面を変えました。

と呼んでいる人もいます。 第4次産業革命」とは.体内にナノボットを挿入してがん細胞を除去することが間もなく実現し、世界のデータの80%がこの2年間で収集され、世界で最も時価総額の高い企業5社はハイテク企業です。状況は変わったと言っていいでしょう。しかし、学校でも家庭でも、子供は子供です。彼らはそれほど変わっていません。彼らが育っている世界は、まったく違う場所なのです。 彼らが大人になって参加することになる世界は、見たこともないものになるでしょう。 明日の世界は、怖いものなのか、エキサイティングなものなのか、チャレンジングなものなのか。どのような言葉を使うか、最終的にどのように見るかは議論の余地があります。議論の余地がないのは、子供たちや生徒たちがこの新しい世界を受け入れ、安全で幸せな場所として生きていけるように準備する必要があるということです。私たちがもはや選択できないのは、もはや適切ではない教育を提供することです。

教育の新しい顔

テクノロジーを駆使した教育は、現代の学校の新しい「当たり前」です。 学校には、最速で信頼性の高いハードウェアとソフトウェアへのアクセスが求められ、いつでもどこでも高速のインターネットアクセスを提供することが求められています。学習環境がより良い方向に進化していることは間違いありません。しかし、インフラの整備は簡単なことです。Wi-Fi環境を整備し、クラウドサービスを導入し、すべての生徒に新品のデバイスを支給することは、教育・学習方法を変革するための最初の一歩です。しかし、それだけでは終わりません。

Modern Learners』の著者であるWill Richardson氏は、「テクノロジーを第一に考え、従来のカリキュラムの上に高価なツールを重ねるだけでは、現代の学習者の新しいニーズに対応することはできません」と主張しています。

It doesn’t take much research to realise that actually what we need to be looking at is ‘how we are using technology’, not ‘what technology we are using’. As a parent, I would suggest asking about this when looking at your child’s school choice. It is very easy for schools to say, “We are a 21st century school, everyone has their own device.” This is not enough though, the “how” is what really matters. How is technology being used to enhance learning? How are we reinforcing collaboration and creativity? How do we nurture emotional intelligence and critical thinking? How do schools provide students with effective guidance in navigating this digital landscape?
方法」を挙げればキリがありませんが、Le Régent Collegeではここに焦点を当てています。

2018年には、私は以下のような出会いがありました。 ジョン・カウチAppleの教育担当副社長である彼の言葉には、私が感銘を受けたものがたくさんあります。しかし、彼のメインメッセージは、常に教育的な変化の必要性を訴えているようです。 子どもたちはこれまでとはまったく異なる方法で学習しており、テクノロジーを使って学習を魅力的でやりがいのあるものにする必要があります。 テクノロジーの発達により、教室の壁はもはや意味をなさなくなっています。ジョンは「Rewiring Education」の著者で、デフォルトを再考したいと考えている人には非常に興味深い本です。

テクノロジーそのものではなく、それを使って何をするかが重要なのです。 新しいテクノロジーは、学習をより魅力的なものにするだけでなく、21世紀の必須スキルであるコラボレーション、創造性、コミュニケーション、批判的思考を開発する可能性を秘めています。 学習がどのように変化しているかを考えるとき、私はいつも生徒の一人であるジョージを思い出します。ジョージは、私が担当する5年生のコンピューティングクラスのとても熱心なメンバーです。誰かに質問されたら、それはGeorgeです。彼は毎回、授業の最初に自分ができる新しいことをクラスのみんなに見せることをとても楽しみにしています。私が一番好きなのは、Georgeに "How did you learn that? "と聞くことです。彼の答えはほとんど「インターネット」です。学びは変わった。

認識できない世界への対応

メディアの見出しや悲観的な見方に注目しすぎると、簡単にパニックに陥ってしまうでしょう。しかし、私は、学校や教師、親が新しい知識を身につける必要があるということだと思います。インターネットの歴史はまだ11,000日ほどです。驚くべきことに、まだ初期段階にあるのです。10年後にはどのようになっているでしょうか。インターネットがいかに新しいものであるかということは、すべてが失われているわけではないという広い視点を提供してくれます。有名になるまでの期間が短く、すでに影響を与えているレベルであることは、私たちがそれに取り組まなければならないことを思い出させてくれます。 テクノロジーはこれからも必要です。そのため、Le Régent Collegeでは、教師が自分の実践を批判的に振り返ることができるようにし、学生のニーズを満たすために授業を次の技術レベルに引き上げることを支援しています。 つまり、教師が再び学習者となって、この新しいテクノロジーを授業に取り入れることを認めるのです。私は、すべての教師は他人の成功に突き動かされ、子どもたちのために最高の仕事をしたいと心から信じています。このことを念頭に置いて、学校は新しい技術を押し出す際には、教師を巻き込んで、その技術を自分の考え方や教え方に統合できるようにしなければなりません。

次の教員トレーニングでは、AppleとGoogleの教育用ツールに焦点を当て、Apple TeacherとGoogle Educatorのトレーニングを修了することを期待していますが、これは完全にデジタル化されています。また、同じ日に行われる教員研修では、探究型学習、グロースマインドセット、メタ認知などのセッションがあります。計画を立てる際には、新しい考え方を取り入れることが最も重要です。深い学びのモデル、課題解決型学習、探究型学習、21世紀型学習、ブレンデッド・ラーニングなど、さまざまな知識が必要です。これらは、私たちが教師として学ばなければならないことであり、子供たちがこれからの世界で必要とするスキルを実際に活用し、開発するためのものなのです。 私たちがどのようにテクノロジーを使っているかということが、今、最も注目されていることであり、そうあるべきだと思います。 In a school where every student has their own device, and is connected to the most amazing learning resources ever created, teachers are no longer the only experts in the room. As teachers, we need to be excited by that.

認知されていない世界で成功するために

Le Régent Collegeでは、すべての学生に自分のデバイスを与えています。デジタル学習プラットフォームと教育ソフトウェアを幅広く活用しています。インファントスクール、ジュニアスクール、シニアスクールにメーカースペースを設置しています。学習を拡張し発展させるためにテクノロジーを使用する方法を検討しています。カリキュラムを通して、デジタルシチズンシップを学びます。生徒が自分のデバイスを家に持ち帰ることを許可しています。一日中、個人所有のデバイスを提出するよう生徒に求めています。夜にはすべての機器を返却し、電源を切ります。 We are committed to supporting our students in this unrecognizable world. It may be unrecognizable, and it may be “not like my day”, but it is an incredible time to be a learner, it is a magnificent time to be a teacher, and if we continue being reflective and open-minded our children will definitely thrive in this unrecognizable world.

ジョナサン・スネル - ル・レジェント・カレッジ デジタル・ラーニング部門責任者