米国の私立高校への出願。アドミッションに好印象を与えるためのインサイダー・ヒント

For middle schoolers around the world, admission to a top American private high school—otherwise known as a secondary school—is a key goal. But what does it take to get in?

ボーディングスクール エクセター、アンドーバー、グロトンなどの大学は世界的に知られており、その名には高品質の教育を約束するだけではなく、それ以上の意味が込められています。エクセター、アンドーバー、グロトンの名は、単に質の高い教育を約束するだけのものではありません。卒業生の中には、アメリカの大統領、ハイテク企業のトップ、ノーベル賞受賞の科学者、優秀な医師などが含まれています。

つまり、アメリカのトップ私立高校に合格することは、学業を成功させ、有意義な人生を送るための重要なステップになるのです。

Unfortunately, these schools are considered “elite” for a reason. Andover, for example, once boasted of accepting only 402 out of 3,029 applicants.

We all know that top American secondary schools are looking for academic achievers, gifted artists, and skilled athletes. But given the stiff competition for relatively few spots, many applicants are turned away each year.

では、成績が優秀なだけでなく、入学審査官の目に留まるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、学校ごとに入試方法が異なることを念頭に、いくつかの秘訣をご紹介します。

Private Schools Look for Students Who Contribute to Their Communities

私立学校の入試では、活発な生徒を見たい
私立学校の入試では、活発な生徒を見たい

A top private school isn’t just a collection of high-achieving students. It’s a vibrant community with a unique culture. When selecting students, admission officers are looking for applicants who will contribute to the diversity and energy of the community.

多くの学校では、学力だけでなく、社会性を備え、周囲の人々に親切に接し、思いやりのある生徒を求めています。また、学校側は以下のことに没頭できる生徒を求めています。 教室外での活動などがあります。

アスレチックで活躍する

ほとんどの学校では、バレーボール、ジュニアバレーボール、クラブレベルのスポーツが可能であり、参加することで、献身、根性、忍耐力が発揮されます。

芸術による文化の創造

音楽グループ、ビジュアルアート、演劇などのパフォーマンスが学校の雰囲気を盛り上げています。クリエイティブな活動は、生徒が充実していることを示します。

課外活動・クラブ活動での活躍

テクノロジー、ディベート、模擬国連、数学チームなど、数え上げればきりがありません。課外活動に参加することは、生徒が地域社会の活発で責任感のある一員であり、教室で学んだことを他の分野で生かすことができることを示す重要なサインです。

コミュニティサービスでアクティブに

勉強や試験の準備に時間を費やすことは大切ですが、私立高校では、周囲の人々を助け、地域社会を活性化させることにも時間を割く生徒を求めています。

Just because a student isn’t a soccer star or violin virtuoso doesn’t mean they should worry. Top American secondary schools aren’t looking for impossibly gifted applicants; mainly, they’re looking for students who are well rounded and excited to jump in and get involved in the community.

Private Secondary Schools Want to be Your First Choice

学校を好きになる理由を知れば、応募者を好きになることができる。
学校を好きになる理由を知れば、応募者を好きになることができる。

米国のトップスクールでは、志願者は必ず面接を受けることになっています。面接では、入学審査担当者はさまざまな要素を見ていますが、その中でも最も重要なのは、自分の学校に対する純粋な熱意です。

No one wants to feel like a backup plan, and top secondary schools are no different. They’re well aware that there are hundreds of boarding schools in the U.S. to から選ぶ彼らは、自分たちがトップチョイスであることを知りたがっています。

応募者が学校への真の関心を示す方法はいくつかあります。

  • Talking about programs specific to that school and the ways they see themselves contributing.
  • 学校の多様性について語り、その一部であることにどれほど興奮しているか。
  • ロボットラボで何を作りたいか、メディアライブラリーで何を見つけたいかなど、学校のリソースを最大限に活用するための計画を語る。

そして何よりも、志願者はそれぞれの学校を、単なる互換性のあるボーディングスクールではなく、ユニークな機会として扱う覚悟が必要です。

アメリカの学校が期待するのは「自立した生徒」。

成熟した自立性を示すことで、学校はあなたが成功できることを示します。
成熟した自立性を示すことで、学校はあなたが成功できることを示します。

ボーディングスクールでの生活に慣れるのは大変なことです。どんなに勉強しても、スポーツの練習をしても、それに備えることはできません。一流の私立高校は、志願者の準備が整っているかどうかを確認したいと考えています。

一流のボーディングスクールでは、学生がテスト勉強や課題をこなすために、時間を効率的に管理することが求められます。寮の部屋を整理整頓し、洗濯や食事の時間を管理し、学業と社交のバランスをとる方法も学ばなければなりません。すべての14歳がこのような挑戦に耐えられるわけではありません。

One way to ease the transition to secondary boarding school is to enroll in a junior boarding school — either for the entirety of middle school or just ninth grade. There, students can develop life skills and become more independent under the close supervision of faculty and dorm parents, without the extreme pressure of a competitive high school environment.