米国の私立高校への出願。アドミッションに好印象を与えるためのインサイダー・ヒント

世界中の中学生にとって、アメリカのトップ私立高校、通称セカンダリースクールへの入学は重要な目標です。しかし、入学するためには何が必要なのでしょうか?

ボーディングスクール エクセター、アンドーバー、グロトンなどの大学は世界的に知られており、その名には高品質の教育を約束するだけではなく、それ以上の意味が込められています。エクセター、アンドーバー、グロトンの名は、単に質の高い教育を約束するだけのものではありません。卒業生の中には、アメリカの大統領、ハイテク企業のトップ、ノーベル賞受賞の科学者、優秀な医師などが含まれています。

つまり、アメリカのトップ私立高校に合格することは、学業を成功させ、有意義な人生を送るための重要なステップになるのです。

残念ながら、これらの学校が「エリート」とされるのには理由があります。例えば、アンドーバーはかつて3,029人の応募者のうち402人しか受け入れないことを誇っていました。

アメリカのトップセカンダリースクールは、学業成績優秀者、才能あるアーティスト、熟練したアスリートを求めていることは周知の通りです。しかし、数少ない入学枠をめぐって厳しい競争が繰り広げられ、毎年多くの志願者が入学を断念しています。

では、成績が優秀なだけでなく、入学審査官の目に留まるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、学校ごとに入試方法が異なることを念頭に、いくつかの秘訣をご紹介します。

私立学校は、地域社会に貢献する学生を求めている

私立学校の入試では、活発な生徒を見たい
私立学校の入試では、活発な生徒を見たい

トップクラスの私立学校は、単に成績優秀な生徒の集まりではありません。独自の文化を持つ、活気に満ちたコミュニティなのです。入学審査担当者は、学生を選抜する際に、コミュニティの多様性とエネルギーに貢献できる志願者を求めています。

多くの学校では、学力だけでなく、社会性を備え、周囲の人々に親切に接し、思いやりのある生徒を求めています。また、学校側は以下のことに没頭できる生徒を求めています。 教室外での活動などがあります。

アスレチックで活躍する

ほとんどの学校では、バレーボール、ジュニアバレーボール、クラブレベルのスポーツが可能であり、参加することで、献身、根性、忍耐力が発揮されます。

芸術による文化の創造

音楽グループ、ビジュアルアート、演劇などのパフォーマンスが学校の雰囲気を盛り上げています。クリエイティブな活動は、生徒が充実していることを示します。

課外活動・クラブ活動での活躍

テクノロジー、ディベート、模擬国連、数学チームなど、数え上げればきりがありません。課外活動に参加することは、生徒が地域社会の活発で責任感のある一員であり、教室で学んだことを他の分野で生かすことができることを示す重要なサインです。

コミュニティサービスでアクティブに

勉強や試験の準備に時間を費やすことは大切ですが、私立高校では、周囲の人々を助け、地域社会を活性化させることにも時間を割く生徒を求めています。

サッカーのスター選手やバイオリンの名手ではないからといって、心配する必要はありません。アメリカのトップレベルの中等教育機関は、飛び抜けた才能を持った生徒を求めているわけではありません。主に、丸みを帯びていて、コミュニティに飛び込んで参加したいと思っている生徒を求めています。

私立の中学・高校は、あなたの第一希望になりたい

学校を好きになる理由を知れば、応募者を好きになることができる。
学校を好きになる理由を知れば、応募者を好きになることができる。

米国のトップスクールでは、志願者は必ず面接を受けることになっています。面接では、入学審査担当者はさまざまな要素を見ていますが、その中でも最も重要なのは、自分の学校に対する純粋な熱意です。

誰もが自分が予備軍であると感じたくないものですが、トップセカンダリースクールも例外ではありません。アメリカには何百ものボーディングスクールがあることを、彼らはよく知っています。 から選ぶ彼らは、自分たちがトップチョイスであることを知りたがっています。

応募者が学校への真の関心を示す方法はいくつかあります。

  • その学校特有のプログラムや、自分が貢献できる方法を語る。
  • 学校の多様性について語り、その一部であることにどれほど興奮しているか。
  • ロボットラボで何を作りたいか、メディアライブラリーで何を見つけたいかなど、学校のリソースを最大限に活用するための計画を語る。

そして何よりも、志願者はそれぞれの学校を、単なる互換性のあるボーディングスクールではなく、ユニークな機会として扱う覚悟が必要です。

アメリカの学校が期待するのは「自立した生徒」。

成熟した自立性を示すことで、学校はあなたが成功できることを示します。
成熟した自立性を示すことで、学校はあなたが成功できることを示します。

ボーディングスクールでの生活に慣れるのは大変なことです。どんなに勉強しても、スポーツの練習をしても、それに備えることはできません。一流の私立高校は、志願者の準備が整っているかどうかを確認したいと考えています。

一流のボーディングスクールでは、学生がテスト勉強や課題をこなすために、時間を効率的に管理することが求められます。寮の部屋を整理整頓し、洗濯や食事の時間を管理し、学業と社交のバランスをとる方法も学ばなければなりません。すべての14歳がこのような挑戦に耐えられるわけではありません。

中等教育機関であるボーディングスクールへの移行を容易にする一つの方法は、ジュニアボーディングスクールに入学することです。ジュニアボーディングスクールでは、競争の激しい高校のようなプレッシャーを感じることなく、教員や寮生の保護者に見守られながら、ライフスキルを身につけ、自立した生活を送ることができます。