モンテッソーリ・スクール

モンテッソーリ教育法は、イタリアの医師マリア・モンテッソーリが開発した教育法です。モンテッソーリ教育法とは、イタリアの医師マリア・モンテッソーリが開発した教育法であり、子供たちの自主性を重んじ、子供たちは自然に知識を求め、十分なサポートと準備の整った学習環境の中で自ら学び始めることができると考えます。モンテッソーリは、成績やテストなどの従来の評価基準を否定しています。モンテッソーリは、1900年代初頭に、生徒たちとの科学的な実験を通して理論を構築し、その後、世界の多くの地域でこのメソッドが使用されています。

さらに