キャリア関連教育を選ぶ理由

お子さんが学業を終えて、進学や就職をするために適切な学校を選ぶことは、非常に重要な決断です。

その学校は、かつてないスピードで変化する世界に対応できるスキルと教育を子供に与えてくれるでしょうか?

さまざまな業界やキャリアパスは、学生を準備するための大学の学位よりも早く発展しています。多くの学生は、3年または4年の学位を取得した後、取得した資格が自分の夢の仕事にはもう関係ないことに気付きます。そのため、学生はさらなる資格取得を目指したり、必要な経験を積むために低賃金または無賃金のインターンシップに参加したりしなければなりません。

良い意味でも悪い意味でも、一生モノの仕事を得るために大学に進学するという伝統的なルートは、大多数の卒業生にとってうまくいかなくなっています。同様に、新入社員やリーダー候補を探している企業は、クラスでトップの成績を収めた候補者を探しているわけではありません。むしろ、グローバルな意識を持ち、創造的で柔軟な人材を求めています。変化を受け入れ、適合しない時代遅れの理論を適用しようとするのではなく、ダイナミックな解決策を模索する人材です。

There are many misconceptions of a career related education. When I was in high school in the United States there were options available for students who had difficulties with academic work. These were courses such as wood or metal work and focused very much on preparing the students for manual labour jobs. There was little or no importance given to developing personal or world ready skills or preparing them for the bigger issues that they would face after graduation. These were certainly not courses which would give them university entrance or any career beyond the skills they were taught.

この10年間を振り返ってみると、キャリア関連のプログラムは、様々な意味で、従来のアカデミックに偏った環境で得られるものを凌駕していることがわかります。この変化をリードしているのが 国際バカロレア®(IB)について Career-Related Programme (IBCP)です。IBCPでは、個々の学生のニーズや情熱に合わせた、より具体的なコースが用意されています。ディプロマ科目のアカデミックなコースとキャリア関連の研究を組み合わせることで、現代社会で必要とされるスキルや個人の特性を伸ばしながら、学業を進めることができます。このように個人に合わせた教育を行うことで、生徒と教師がより深く関わることができます。

モントルー・インターナショナル・スクール 本校は完全なIBCP校です。これは、本校が2つの特定のキャリア関連の学習経路を作成したことを意味します。

私たちの教師や教員は、教えている業界の出身者であり、ゲスト講師も国内外で事業を展開している企業の出身者であるため、学生たちは将来の人生について真の洞察を得ることができます。

2つのキャリア関連スタディ(CRS)のうち、最初のCRSはホスピタリティ産業に焦点を当てており、スイス教育グループのパートナー企業の講師とMISの専任スタッフが担当しています。このCRSは、ビジネス・マネジメントDPコースと特別にペアになっており、学生は理論とアカデミック・スキルを学んだ後、本物の顧客のためのプロジェクトを通じて、ホスピタリティ科目で提供されるものを応用することができます。このコースを受講すると、世界のホスピタリティスクールのトップ10に入るスイス教育グループの高等教育機関で、1年までのアドバンスエントリーが可能になります。

The second CRS specialises in Business with Digital Marketing. This has been paired with the Psychology DP to allow our students greater insight into human behaviour which can then be applied to their approaches to marketing. Both of these pathways also include Language and Literature plus a modern foreign language with opportunities to embark on internships at the end of their studies to give them the real-world experiences employers and universities are looking for.

This combination of world ready learning combined with the academic integrity of the IB diploma courses sets our students apart from the crowd. However, what really helps your child mature into confident young adults is the IBCP Core. The Personal and Professional Skills Programme helps our students to identify their strengths and develop academic and career related skills.  The Service Learning course supports the students to identify international or local issues and design their own innovative solutions to actively help others within the wider community.  Language Development promotes the application of the language within the local environment and further afield and finally, the Reflective Project enabling students to better understand themselves as individuals and how their actions impact how they are perceived.

Career-related education is not simply about getting a job after graduation. A modern career-related education is co-constructed for our future leaders; internationally minded, determined and ready for the world. It’s an opportunity to really explore the direction they want to go in. This could be university, developing their own business, working internationally in hospitality or delving into Digital Marketing. Regardless of the next step in their journey, our graduates are world ready.

ピーター・スレイド(学校長
モントルー・インターナショナル・スクールスイス