海外留学をお勧めする4つの理由

アメリカの大学生の半数以上が「留学したい」と答えているにもかかわらず、実際に海外の大学で1学期を過ごす学生は10%にも満たない。海外留学は最高の教育体験の一つであるだけに、海外に行きたいと思う学生と実際に行く学生のギャップは悲劇的です。

言語を学ぶ

堅苦しい教室で外国語を学ぶことは、ほとんど不可能です。ほとんどの大学で採用されている標準的な言語学習モデルである、文法の勉強と語彙の暗記は、現実の世界では通用しません。不規則動詞の活用の仕方を知っていても、レストランで料理を注文したり、バーでかわいい女の子や男性を口説いたりするのには何の役にも立ちません。

オムニグロットによると、外国語を学ぶための唯一の確実な方法は「イマージョン」だそうです。海外で勉強すると、子供が言語能力を身につけるのと同じように、恐怖心を手放し、自然に話せるようになることを余儀なくされます。外国で語学の練習をすると、言葉のリズムや現地の慣用句、独特のアクセントなどを学ぶことができます。母国の教室ではそんなことはできません。

自信を持つ

留学は、特に自信と自立という点で、学生に自己成長のための多大な機会を与えてくれます。IES Abroadによると、留学経験者の97%以上が、その経験が自分の成熟度の向上に役立ったと答え、96%が自信を深めたと報告しています。

自信を持つことは、さまざまな面で学生の助けになります。自信を持つことで、しばしば就職活動で良い結果を出すことができます。また、将来、新しい友人を作るのにも役立ちますし、現代の生活にはつきものの予測不可能なストレスに対処するのにも役立ちます。

友達を作る

海外留学は、生涯にわたる友人関係を築くための確実なレシピです。ほとんどの留学者は、他の留学生や現地の人と親しい友人を作ることになります。IES Abroadによると、参加者の半数以上が、留学中に知り合った人と定期的に連絡を取り合っていると答えています。

その友人関係が、将来の旅のきっかけになることも多いのです。パリに住んでいる人を知っていれば、安心して航空券を予約することができ、昔の仲間と一緒に楽しい時間を過ごすことができます。

アカデミック・スキルの向上

留学は、学生に新しい学問への挑戦を促し、多くの場合、学業成績の向上と卒業率の向上につながります。インディアナ大学の研究では、留学した学生の95%以上が6年以内に卒業したのに対し、留学しなかった学生の65%は6年以内に卒業したという結果が出ています。また、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究では、高校時代の成績やテストの点数を考慮しても、留学した学生の方がGPAが高いことが実証されています。

学業成績が向上する理由は複雑でよくわかっていませんが、大きな要因の一つとして、留学が学生のモチベーションと自己価値を高めることが挙げられます。外国での経験を持つ学生は、家に閉じこもっている学生よりも教育に価値を見出すようです。

留学を経験した学生は、非常に充実した時間を過ごすことができます。