良いIBスコアとは?

What does a university consider a good score on International Baccalaureate (IB)?

他の学業資格と同様に、IBのスコアは主観的なものであり、生徒が目標とする大学(および国)や希望するコースに大きく左右されます。すべてのIB学生は、6科目で最低24点を取る必要があります。IBの平均スコアは、28~30点の間で推移しています。

Top American universities such as Harvard and Yale require candidates to score at least 36-38 points to be considered for placement.

資格取得のプロセスに続いて、リーダーシップの資質、スポーツでの称賛、その他の学業以外の業績が評価されます。オックスブリッジのような英国の名門大学は、IBスコアよりもIGCSEなどの国内基準を優先するかもしれません。

一方、私立大学の中には、IBDP27ポイントで医療コースを提供しているところもあります。

しかし、IBDPの良いスコアは、一般的に、優秀な大学の早慶上理制度に参加する機会を与えるものと解釈されます。例えば、HLの3科目で7点を取ると、ハーバード大学のアドバンスド・スタンディングの資格を得ることができます。アドバンスド・スタンディングでは、学生は特定の入門コースを回避して、他の学生より1年早く卒業することができます。

While students may acquire the highest possible score of 45 IBDP points (which translates to1% of the total IB graduates), university entry may be ultimately decided through a comprehensive analysis of a candidate’s potential (i.e., social contributions and participation) and the relevance of IB core subjects.