シンガポールで文化的に生き抜くには

シンガポールは、多くの点で文化のるつぼです。この地で生まれ育った地元の人々に加え、世界各国からの駐在員にも出会うことができます。このような多文化都市の文化を理解することは、非常に重要です。

シンガポールの文化は外国人にとって馴染み深いものかもしれませんが、いくつかの違いがあるので注意が必要です。
シンガポールの文化は外国人にとって馴染み深いものかもしれませんが、いくつかの違いがあるので注意が必要です。

ここでは、シンガポールでの生活を円滑に進めるための文化的なヒントをいくつかご紹介します。

しっかりとした握手と軽いお辞儀が正しい挨拶です。

シンガポールでは、初対面の人に自分を紹介するときには、しっかりと握手をするのが一番です。また、シンガポールでは多くの人が挨拶の際に軽くお辞儀をするので、それに応えることが礼儀となります。複数の人と会う部屋に入る場合は、全員に挨拶をしてから会議や会話を始めるようにしましょう。

街をきれいにする努力をする

多くの人がシンガポールで最初に気づくことは、その清潔さです。このような状態を維持することは政府にとって非常に重要であり、政府は地域の法律を無視した者には厳しい罰金や罰則を科します。チューインガムを詰め込まないこと、禁煙ゾーンではタバコを吸わないこと。シンガポールの路上では、決してゴミを捨てないでください。

着心地の良いカジュアルな洋装を計画する

シンガポールではどのような服装が許されるのか、疑問に思う駐在員の方も多いでしょう。ほとんどの場合、公共の場で楽しんでいる人は、カジュアルな西洋風の服を着ています。ビジネスマンは、白いシャツにネクタイ、ブラウス、スカート、ドレスパンツなどを着用しています。One World International Schoolでは、生徒は制服を着用することが義務付けられています。

現地の法律に注意する

チューインガム禁止令は、シンガポールで最も悪名高い法律であり、違反すると重い罰金が科せられます。また、飲酒運転、信号無視、ハトへの餌やり、MRT内での飲食など、さまざまな違反行為に対しても罰金が科せられます。これらの政策は一見厳しいものに見えますが、シンガポールはアジアで最も安全な場所の一つであり、非常にクリーンな都市でもありますので、駐在員の方はこれらの事実を安心して受け入れてください。

生徒も保護者も、清潔で良いマナーの文化を意識してください
生徒も保護者も、清潔で良いマナーの文化を意識してください

ワン・ワールド・インターナショナル・スクール本校の学生は、この多文化コミュニティから恩恵を受けています。シンガポールの習慣や文化についての情報を提供するだけでなく、クラスメートの文化を紹介することにも力を入れています。さらに、私たちはたくさんの イマージョン活動 学生が社会に出て、地域のイベントに参加すること。

シンガポールの文化を理解し、本校の学生がどのようにして多文化コミュニティに溶け込んでいるかについての詳細は、こちらをご覧ください。 ここをクリック をご覧ください。

シンガポールは外国人にとって歓迎すべき場所ですが、彼らの文化的独自性を理解し、尊重する必要があります。
シンガポールは外国人にとって歓迎すべき場所ですが、彼らの文化的独自性を理解し、尊重する必要があります。