ジュニア・ボーディング・スクールが学生を有名大学に合格させる方法

大学は学生生活の中で重要な節目となります。最高のシナリオでは、中学・高校での努力が報われ、刺激的なキャリアの機会や、生産的で有意義な人生の基礎となる学習経験を得ることができます。

The top American colleges accept students with diverse passions and interests: artists and authors, math whizzes and budding scientists, volunteers and athletic superstars. But the two categories where top colleges don’t compromise? Academics and character. Even now, top universities are reshaping the admission process to shift the focus away from “just” grades towards ethical and intellectual engagement.

高校での成績は、大学がこれらの基準を評価する主な方法であり、一部の高校では、生徒が競争力のある候補者になるように準備することに長けており、アイビーリーグ校やその他のトップ大学への合格率が比較的高いことから、「フィーダー・スクール」と呼ばれています。

Here’s a piece of insider information: those feeder high schools are exceptional at educating and building character in high schools students, but keep in mind that their selective admissions process allows them to choose students who already possess many of those traits. A middle school student who struggles academically or who has not clearly demonstrated effort, leadership, or character is unlikely to be seriously considered for admission at a competitive secondary school like Exeter or Deerfield Academy in the first place.

As a result, it’s critically important to make sure academics and character development are key areas of focus during your child’s middle school years. In this way, you increase the odds of securing placement for your child at a secondary school that is a good match, which will in turn boost your child’s chances of gaining admission at a great college.

どうすればいいですか?家庭教師やサマープログラム、強力なミドルスクールのある市や町への移住など、あなたが実行できる戦略は数多くあります。

You should also consider junior boarding school. さて、皆さんはジュニアボーディングスクールという選択肢を聞いたことがないかもしれません(いや、あるかもしれません!)。ジュニアボーディングスクールとは、5年生から9年生までの生徒を対象に、5日間または7日間の全寮制プログラムを提供する学校のことで、子供たちに高校や大学に向けて最高の基礎を与えたいと考えている家族にとって、素晴らしい選択肢となります。 その理由は以下の通りです。

ジュニア・ボーディング・スクールは、構造と学問的な厳しさを提供します。

あなたはお子さんに何年にもわたって愛情を注ぎ、良い学生、良い人間になるための指導をしてきました。しかし、大学に入ると、学生は一人で行動するようになります。勉強、人付き合い、新しい機会や興味の探求、リラックスすることにどれだけの時間を費やすかは、お子さん次第となります。

大学入学後に自分の時間と仕事量をうまく管理するためには、学生はすでにしっかりとした規律と自己認識の基礎を身につけていなければなりません。自分が学習者であることをよく理解している必要があります。(エッセイを書く前にアウトラインを書くべきか?また、助けが必要なときに自分の意見を述べる方法も知っていなければなりません。チャレンジングな学習内容、毎日の宿題のための自習室、予定されている追加支援のためのセッション、教師やアドバイザーとの生産的な関係を築く機会、24時間体制の監視とケアなど、ジュニアボーディングスクールは、生徒が将来成功するためのスキルと考え方を身につけるためのユニークな機会を提供します。

ジュニアボーディングスクールでは、生徒全体の成長を重視しています。

大学では倫理的、知的活動に重点が置かれていますが、ほとんどのジュニアボーディングスクールでは、学力向上だけでなく、人格形成にも重点が置かれていることを知っておくことが大切です。毎週、ウェルネスクラスやアドバイザーとのミーティングの時間が設けられており、生徒たちは、良い選択をすること、責任を持ってテクノロジーを管理すること、良い友人になること、仲間からのプレッシャーに耐えることなど、人格形成に関わる重要な問題について話し合い、考えることができます。

ほとんどのジュニアボーディングスクールでは、サービスラーニングの機会を設け、生徒たちがボランティアとして実際に体験し、人を助けることの大切さを身をもって学んでいます。例えば、Fay Schoolでは、中学3年生がドミニカ共和国で1週間、恵まれない地域の子どもたちに英語を教えます。この旅行は、多くの生徒にとって、啓発的で変化に富んだ経験であり、人助けへの長期的なコミットメントの始まりとなります。

ジュニアボーディングスクールでは、学生がボーディングスクールの環境に慣れることができます。

Academics are by far the top focus at the most competitive secondary boarding schools. In order to increase the odds of earning a spot at a top college, students at these schools must distinguish themselves to college admissions counselors by succeeding at a high level, which requires investing significant time and energy into their studies.

It’s hard to achieve this level of focus when a student is still getting used to the boarding school environment. Settling into a routine, assimilating to a new social circle, and getting used to living away from home are all challenges for new boarders. If your child is already accustomed to this environment by the time he or she enters secondary school, there will be less times spent adjusting and more time dedicated to coursework and extracurricular activities.

ジュニアボーディングスクールは、トップカレッジへの「フィーダー」システムの一部です。

Eminent universities like Harvard and Princeton have diverse applicants from all walks of life. However, admissions counselors still consider a prospective student’s high school while evaluating their application. According to research published in the Chicago Tribune, 6% of Harvard’s Class of 2017 came from just 10 high schools – several of them being secondary boarding schools.

By attending a junior boarding school, students have a better chance of getting into one of these “feeder” secondary schools that send graduates on to Ivy League-caliber colleges. But it’s not just about reputation or personal relationships – top secondary schools offer the academic rigor and curriculum that prepares students for the competitive college environment.

ジュニアボーディングスクールでは、留学生の英語力向上をサポートしています。

英語を話す機会の少ない外国からアメリカにやってくる生徒たちにとって、英語のスピーキング、リーディング、ライティングのスキルをしっかりと身につけることは必要不可欠です。多くの国では小学校低学年から英語教育が始まりますが、アメリカのジュニアボーディングスクールでの英語教育の充実度には及びません。たとえばFayでは、すべての生徒がパブリック・スピーキングのプログラムに参加し、仲間や大人を前にしてスピーチをする機会を数多く設けています。英語が堪能であることは、社会的にも学問的にも役立つだけでなく、世界の一流大学に出願する際に必要となる優れた文章力やコミュニケーション能力の基礎となります。

College is one of the most important milestones in your child’s life, and a meaningful college experience is one that will help your child mature as an individual, hone academic skills, and formulate life goals. By enrolling your child in a junior boarding school, you give him or her a strong start on a path that can lead to a top-notch secondary school experience, and, in turn, the opportunity to attend a great college.