ジュニア・ボーディング・スクールが学生を有名大学に合格させる方法

大学は学生生活の中で重要な節目となります。最高のシナリオでは、中学・高校での努力が報われ、刺激的なキャリアの機会や、生産的で有意義な人生の基礎となる学習経験を得ることができます。

アメリカのトップ大学は、芸術家や作家、数学者や科学者志望、ボランティアやスポーツのスーパースターなど、さまざまな情熱や関心を持った学生を受け入れています。しかし、トップ大学が妥協しない2つのカテゴリーとは?それは、学業と性格です。 現在でも、一流大学では、成績だけではなく、倫理観や知的活動に重点を置いた入学試験を実施しています。

高校での成績は、大学がこれらの基準を評価する主な方法であり、一部の高校では、生徒が競争力のある候補者になるように準備することに長けており、アイビーリーグ校やその他のトップ大学への合格率が比較的高いことから、「フィーダー・スクール」と呼ばれています。

これらのフィーダー・ハイスクールは、高校生の教育と人格形成に優れていますが、選抜入試では、そのような特性をすでに多く持っている生徒を選ぶことができることを覚えておいてください。勉強が苦手な中学生や、努力やリーダーシップ、性格を明確に示していない中学生は、そもそもExeterやDeerfield Academyのような競争力のある中等教育学校への入学を真剣に検討することはできないでしょう。

そのためには、中学時代に学業と人格形成に重点を置くことが非常に重要です。そうすれば、お子さんに合った中学校に入学できる可能性が高まり、結果的に良い大学に入学できる可能性が高まります。

どうすればいいですか?家庭教師やサマープログラム、強力なミドルスクールのある市や町への移住など、あなたが実行できる戦略は数多くあります。

また、ジュニアボーディングスクールも検討してみてはいかがでしょうか。 さて、皆さんはジュニアボーディングスクールという選択肢を聞いたことがないかもしれません(いや、あるかもしれません!)。ジュニアボーディングスクールとは、5年生から9年生までの生徒を対象に、5日間または7日間の全寮制プログラムを提供する学校のことで、子供たちに高校や大学に向けて最高の基礎を与えたいと考えている家族にとって、素晴らしい選択肢となります。 その理由は以下の通りです。

ジュニア・ボーディング・スクールは、構造と学問的な厳しさを提供します。

あなたはお子さんに何年にもわたって愛情を注ぎ、良い学生、良い人間になるための指導をしてきました。しかし、大学に入ると、学生は一人で行動するようになります。勉強、人付き合い、新しい機会や興味の探求、リラックスすることにどれだけの時間を費やすかは、お子さん次第となります。

大学入学後に自分の時間と仕事量をうまく管理するためには、学生はすでにしっかりとした規律と自己認識の基礎を身につけていなければなりません。自分が学習者であることをよく理解している必要があります。(エッセイを書く前にアウトラインを書くべきか?また、助けが必要なときに自分の意見を述べる方法も知っていなければなりません。チャレンジングな学習内容、毎日の宿題のための自習室、予定されている追加支援のためのセッション、教師やアドバイザーとの生産的な関係を築く機会、24時間体制の監視とケアなど、ジュニアボーディングスクールは、生徒が将来成功するためのスキルと考え方を身につけるためのユニークな機会を提供します。

ジュニアボーディングスクールでは、生徒全体の成長を重視しています。

大学では倫理的、知的活動に重点が置かれていますが、ほとんどのジュニアボーディングスクールでは、学力向上だけでなく、人格形成にも重点が置かれていることを知っておくことが大切です。毎週、ウェルネスクラスやアドバイザーとのミーティングの時間が設けられており、生徒たちは、良い選択をすること、責任を持ってテクノロジーを管理すること、良い友人になること、仲間からのプレッシャーに耐えることなど、人格形成に関わる重要な問題について話し合い、考えることができます。

ほとんどのジュニアボーディングスクールでは、サービスラーニングの機会を設け、生徒たちがボランティアとして実際に体験し、人を助けることの大切さを身をもって学んでいます。例えば、Fay Schoolでは、中学3年生がドミニカ共和国で1週間、恵まれない地域の子どもたちに英語を教えます。この旅行は、多くの生徒にとって、啓発的で変化に富んだ経験であり、人助けへの長期的なコミットメントの始まりとなります。

ジュニアボーディングスクールでは、学生がボーディングスクールの環境に慣れることができます。

最も競争の激しいボーディングスクールでは、学業が最も重視されます。一流大学への進学率を高めるためには、大学入試カウンセラーに自分をアピールし、高いレベルで成功を収めなければなりませんが、そのためには勉強に多大な時間とエネルギーを費やす必要があります。

ボーディングスクールという環境に慣れないうちは、このような集中力を発揮するのは難しい。日常生活に慣れること、新しい社会に溶け込むこと、家から離れて暮らすことに慣れることは、新入寮生にとってすべての課題です。セカンダリースクールに入学するまでに、すでにこの環境に慣れていれば、慣れるまでの時間を短縮し、授業や課外活動に時間を割くことができます。

ジュニアボーディングスクールは、トップカレッジへの「フィーダー」システムの一部です。

ハーバード大学やプリンストン大学のような著名な大学には、さまざまな職業の学生が出願しています。しかし、入学審査担当者は、志願者の高校を考慮しながら出願書類を評価します。シカゴ・トリビューン紙に掲載された調査によると、ハーバード大学の2017年度クラスの6%は、わずか10校の高校出身で、そのうちのいくつかは中等教育の寄宿学校でした。

ジュニア・ボーディング・スクールに通うことで、生徒たちはアイビーリーグに属する大学に卒業生を送り出す「フィーダー」と呼ばれる中等教育学校に入学できる可能性が高くなります。しかし、評判や個人的な関係だけではなく、一流の中等教育学校は、競争の激しい大学環境に対応するための厳格な教育とカリキュラムを提供しています。

ジュニアボーディングスクールでは、留学生の英語力向上をサポートしています。

英語を話す機会の少ない外国からアメリカにやってくる生徒たちにとって、英語のスピーキング、リーディング、ライティングのスキルをしっかりと身につけることは必要不可欠です。多くの国では小学校低学年から英語教育が始まりますが、アメリカのジュニアボーディングスクールでの英語教育の充実度には及びません。たとえばFayでは、すべての生徒がパブリック・スピーキングのプログラムに参加し、仲間や大人を前にしてスピーチをする機会を数多く設けています。英語が堪能であることは、社会的にも学問的にも役立つだけでなく、世界の一流大学に出願する際に必要となる優れた文章力やコミュニケーション能力の基礎となります。

大学はお子様の人生において最も重要な節目のひとつです。有意義な大学生活を送ることは、お子様が個人として成長し、学力を磨き、人生の目標を立てることにつながります。ジュニア・ボーディング・スクールに入学することで、お子様が一流の中等教育を受け、ひいては素晴らしい大学に進学する機会を得るための道筋をつけることができます。