アメリカのジュニアボーディングスクールに子どもを入学させる6つのメリット

Many families know about boarding school, but they assume that this option is available only to students in grades 9 through 12. Junior boarding schools serve younger students (here at Fay, our boarders are in grades 7-9), and they offer middle schoolers unique opportunities and thorough preparation for the road ahead.

1.バランスのとれたアプローチ

多くのジュニアボーディングスクールでは、教室での学習から身体的・精神的な健康まで、生徒の成長のあらゆる側面に対応する「子ども全体」を対象としたアプローチを採用しています。Fayでは、生徒が良い生徒、良い人間になる方法を学ぶことに重点を置いています。アカデミックなカリキュラムに加えて、毎日のスポーツチームへの参加、音楽やアートのクラス、コミュニティサービスや生徒会をリードする機会、ロボット工学、生徒新聞、ソングライティング、コンテスト数学などの放課後のクラブ活動などがあります。例えば、ノートパソコンや携帯電話などの個人所有のテクノロジーは、1日のほとんどの時間、施錠されており、生徒はデジタルに邪魔されることなく、学校生活に没頭することができます。

2.革新的なカリキュラムと新しい視点

ジュニア・ボーディング・スクールは、生徒に挑戦と刺激を与えるようなカリキュラムを設計・実施できるという利点があります。少人数制のクラスでは、生徒はさまざまな視点からアイデアを探り、批判的に考え、教材を自分なりに解釈することを学びます。たとえばFayでは、科学と歴史を組み合わせた授業「Diagnosing the Modern World」のようなユニークな選択科目を履修することができます。

3.多様な学生の存在

アメリカには多様な人種が住んでおり、ジュニアボーディングスクールも同様です。アメリカの学校では、様々な民族、文化、宗教を持つ生徒や教師と一緒に学ぶことができます。Fayの寮生は25カ国以上から集まっており、母国語が異なるルームメイトと一緒に生活しています。また、「Taste of Nations」のような学校の伝統行事では、コミュニティ内のさまざまな文化を祝うことができます。幼い頃から多様性に富んだコミュニティの一員であることは、子供たちがますますグローバル化する社会の一員として必要な共感と理解を深めるのに役立ちます。

4.優秀な講師陣

アメリカの教育者は、世界でも最も豊富なトレーニングと経験を持つことで知られています。Fay Schoolの教員の90%は、教育学またはその分野の修士号を取得しており、その多くは出版された著者やその分野の専門家です。さらに、彼らはミドルスクールの専門家であり、思春期の子どもたちの発達上のニーズをどのようにサポートすればよいかを知っています。ジュニア・ボーディング・スクールでは、キャンパスで生活することで、コーチ、寮の親、アドバイザーでもある教師との有意義な関係を築くことができるという利点もあります。

5.強力な英語教育

言語イマージョンは、幼少期の認知能力やコミュニケーション能力の向上に役立つという研究結果が出ています。アメリカのボーディングスクールでは、毎日のクラスワークに加えて、課外クラブやアクティビティなど、言語漬けの学習を促進する楽しいアクティビティを提供することで、生徒の英語学習意欲を高めています。また、Fayのように、英語を母国語としない生徒が、英語の読み書きや会話のスキルをさらに伸ばしたい場合に、ターゲットを絞った英語教育を行う学校もあります。

6.中学校の専門カウンセラー

アメリカのジュニアボーディングスクールに通うと、多くの生徒がアメリカのトップセカンダリースクールに入学します。また、これらの学校では、アメリカの大学に進学するための十分な準備をすることができます。ジュニアボーディングスクールでは、英語のスキルを身につけ、新しい文化や環境に溶け込み、課外活動に参加し、リーダーシップを発揮し、中等教育の候補者としてより魅力的になるためのアカデミックスキルを身につける機会があります。Fayでは、4人の中等教育カウンセラーからなる専任チームが、保護者の方と緊密に連携し、お子さまに合った学校をご紹介しています。また、願書の書き方を指導したり、大切な面接の準備をサポートしたりしています。(当校の生徒が通う中等学校のリストはこちらでご覧いただけます)

親にとっての究極の目標は、どんな形であれ、子供が成功するための準備をすることです。米国のトップ・ジュニア・ボーディング・スクールへの入学は、その最初のステップとして最適です。