親がインターナショナルスクールを選ぶ理由

Is an international school right for your child?
facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

親が子供のためにインターナショナル・スクールを選ぶ理由はいくつかあります。この記事では、駐在員や地元の親が同様にインターナショナル・スクールの教育やカリキュラムを選ぶ理由をご紹介します。

Expat families who favor international schooling tend to move regularly or are planning to move in the near future. For local parents, getting an international school education can be a priority because their kids are planning to continue their education abroad, or at least they want them to have the opportunity to do so. But there are 5 main reasons we see again and again why parents choose an international school:

  1. 子どもの幸せのために
  2. 母国と比較した教育の質
  3. 機関の規模とインフラ
  4. 放課後活動の選択について
  5. 国際社会

保護者からの声

ドイツのインターナショナルスクールにお子さんを通わせているお母さんに、インターナショナルスクールを選んだ理由を聞いてみました。その答えをご紹介します。

イギリスからドイツへの移動は、素晴らしく、恐ろしく、そして最終的には報われる経験となりました。

2015年にドイツのデュッセルドルフに引っ越したことは、素晴らしく、恐ろしくもありましたが、最終的には報われる経験となりました。夫の仕事のためにイギリスからデュッセルドルフに引っ越してきたのですが、実は私たちはずっと海外で暮らすという冒険をしてみたかったのです。

Before confirming the job and benefits, we began researching education options in Düsseldorf. At the time, our two boys were ages 5 and 7. They were (and still are!) kind, funny, clever boys. When the search began, we believed our assignment would be for three years. That timeframe has been happily extended.

12月にドイツに到着し、伝統的なクリスマスマーケットを体験しました。
12月にドイツに到着し、伝統的なクリスマスマーケットを体験しました。

幸運なことに、12月のとても寒い日に、リロケーションエージェントが地元のインターナショナルスクールや近隣地域を案内してくれました。12月であることは間違いないのですが、その経験に圧倒されるたびに、夫は私をWeihnachtsmarktに連れて行き、Glühwein(クリスマスマーケット)を楽しんでいました。

これは私たち家族にとって正しい選択でした。

最終的には、私たちが選んだのは デュッセルドルフ・インターナショナル・スクール (ISD)を購入しました。これは私たち家族にとって正しい選択でした。子どもたちは学校の環境に満足しています。特に教室が開放的で、授業の一環としてトピックを探求することができます。 IBプログラム.

私は、それぞれのご家庭の状況に応じて、最も重要な要素に基づいて学校を決定することができると考えています。しかし、学校を選択する際には、いくつかの点を考慮することが重要です。

ここでは、私たちがインターナショナルスクールを選んだ5つの理由をご紹介します。

親が子供のためにインターナショナルスクールを選ぶ理由はいくつかあります。
親が子供のためにインターナショナルスクールを選ぶ理由はいくつかあります。

1.子どもの幸せのために

“Will my child be happy at the school?” This is the number one question that any parent considering a change has for their child. Our family considered both short- and long-term happiness. Short-term: does the school have a good anti-bullying policy? Long-term: will the school provide them with good qualifications for further education? We asked many questions about the support given to students when starting from a different culture. The happiness of our children was our number one criteria.

2.母国と比較した教育の質

母国の教育理念と比べてどうなのか。これは、私たちにとって苦渋の決断でした。子供たちを同じ教育システムの中に置いておくのが良いのか、それとも違う教育を受けさせた方が良いのか。もしイギリスに帰国したとしても、子どもたちは大丈夫だろうか?
私はいくつかの要素に安心感を覚えました....

  • "エッセンシャル・ファクツ"

    私たちが子どもたちに教えることのできる「事実」は、少なくとも300万種類以上あることをご存知でしょうか。何が重要で不可欠な事実であるかは、誰が決めるのでしょうか?イギリスでは、ヘンリー8世の6人の妻が重要な事実だと考えられています。しかし、もし私の子供が日本に住むようになったら、アン・オブ・クレベスが4番目の妻だったことを知らなくても、誰も気にしないでしょうか?
  • ソーシャルスキルの重要性について

    学校は数学や科学だけではなく、社会性や他者との協力関係を学ぶ場でもあります。すべてのインターナショナルスクールでは、文化と言語が混在しているため、いつでもヨーロッパ、南米、アジアの子供たちと一緒に運動場で遊ぶことができます。
  • 子供の成績の取り方。

    Do we want the children to be tested regularly on their learning or do we encourage inquiry-based learning? To be honest, we had never considered these questions but we knew we didn’t like the way our children had been graded at 4 years old and told what they were “good” or “bad” at, particularly so early in their school careers.

3.機関の規模とインフラ

特に国際社会では移動が多いので、子どもたちにはより大きな学校に行ってもらいたかったのです。私たちは経験から、子供たちが親友と別れるのを見るのはとてもつらいことだと思いました。そのため、子どもたちが友達を選べるように、各学年に複数のクラスがある学校であることは重要な基準でした。親としては、最新のテクノロジー、生徒と教師の比率、素敵な学校の体育館などを求めますが、我が家の子どもたちは運動場でお気に入りの学校を選びましたよ。

子どもたちは遊び場を基準にして好きな学校を選んだ
子どもたちは遊び場を基準にして好きな学校を選んだ

4.アフタースクール・アクティビティの選択

また、子どもたちにさまざまな機会やスポーツを与えてあげることも重要です。ドイツに移住したことで、子どもたちと過ごす時間が増え、放課後に何かをする機会も増えました。私たちは、音楽レッスンやスポーツクラス、サーカスのスキル、ドラマクラブなどがある学校を希望しました。これらの放課後のアクティビティは、地元での移動が多いのですが、今年だけでもクロスカントリー、ピアノ、トランペット、水泳、ラグビー、卓球がありますよ。彼らのチャンスは無限大です。

5.国際社会

イギリスからドイツへ移行する際に、私をサポートしてくれるコミュニティを見つけることが重要でした。食べ物の買い物の手伝いから、学校用の靴を買う場所を教えてもらったり、郵便受けに名前を書いてもらわないと郵便物が届かないことを教えてもらったりしました。ISDでは、新しい家族のための歓迎委員会、学校でのボランティアの機会、学年ごとのコーヒー、ほとんどの国の代表者など、その他にもたくさんのことがあります。

これらの基準で、私たちは家族に合った学校を選びました。それぞれの家族が、自分の子供にとって何が正しいかを決めなければなりません。幸いデュッセルドルフにはいくつかのインターナショナルスクールがあり、その中から選ぶことができます。

新米パパママに共通しているのは、「子どもに幸せになってほしい」ということです。

Have confidence in your intuition—it’s probably right!

by ケイティ・ケネディ - デュッセルドルフ国際女性ビジネス委員会の創設者兼議長

によって書かれています。

デュッセルドルフ・インターナショナル・スクール

International School of Düsseldorf

1968年に設立されたデュッセルドルフ・インターナショナルスクールは、カイザースヴェルトの国際的なコミュニティの中心に位置する非営利の独立した男女共学のデイ・スクールです。非営利団体であるため、すべての収入は生徒のために学校に投資されています。