子供がシンガポールに移住する際、どのように対処すればよいか?

キャリアアップのための次のステップとして、シンガポールでの勤務を希望している方や、会社のブランド力を高めるためにシンガポールへの転勤を希望している方もいらっしゃるでしょう。いずれにしても、家族を連れて転居することになります。あなたが新しい国での生活に慣れるのに時間がかかるように、お子さんも新しい国に適応しなければなりません。

お子さまのためにも、これからの移行期をできるだけ楽に過ごしていただくためのヒントです。

文化の違いへの対応

海外での生活経験がないお子さんには、新天地では文化的な違いが生じることを説明することが大切です。文化的な違いを認識させ、その違いを尊重する方法を教えることで、お子さんがカルチャーショックを受ける可能性は低くなります。

子どもたちに伝えたいシンガポールの文化の違い

  • シンガポールには4つの国語があり、子どもたちは常に異なる言語で話しているのを耳にすることになります。ほとんどの場合、英語が使われています。
  • シンガポールの文化では、家族が重要な役割を果たしており、「家族」という言葉は一般的に大家族を指しています。シンガポールの人々は、家族の中でも特に年配の方を大切にします。
  • Non-verbal messages, such as facial expressions, can convey a lot during conversations in Singapore. Local Singaporeans often rely more on non-verbal messages than the spoken word when communicating.
  • シンガポールでは、初対面の人と会うときには、文化的、宗教的な伝統があります。子供の場合、一般的には、頭を下げて笑顔で挨拶するのが適切な方法です。

新たな冒険のような感覚で

お子さまは、シンガポールへの引越しを前にして、緊張や不安、興奮といった感情を抱いていることでしょう。お子さんの気持ちには、親御さんの話し方が大きく影響します。移住は大きな冒険であり、家族で発見できる新しいことがたくさんあるということを強調するとよいでしょう。シンガポールでは、水族館、動物園、テーマパーク、ウォーターパーク、屋内スノーセンターなど、家族で楽しめるアクティビティが人気です。

シンガポールの学校が子どもたちに提供するものを説明する

お子さんがシンガポールの新しい学校で大半の時間を過ごすことを考えると、この国の学校にはどのような特徴があるのかを知っておく必要があります。シンガポールには、私立の学校と公立の学校がありますが、それに加えて、多くの学校があります。 シンガポールのインターナショナルスクール 駐在員の家族にとって理想的な選択肢となるでしょう。 ワン・ワールド・インターナショナル・スクール例えば、70カ国以上の国籍を持つ学生が在籍しています。

シンガポールは、海外駐在員の家族にとって素晴らしい目的地であり、まさに「メルティングポット」です。世界中からシンガポールに住む人、働く人が集まっているので、同じ境遇の人にたくさん出会うことができるのです。このエキサイティングな移動に向けて家族の準備を始める際には、移行を容易にするために利用できるリソースを活用することを忘れないでください。