親切にすることの大切さ。子どもの優しさを育むために

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

親切にすることで世界がより良くなるだけでなく、親切にすることで自尊心が向上し、子供たちがより幸せになるという研究結果もあります。優しさは学ぶものであり、何を学ぶにしても育む必要があります。使わなければ、失ってしまいます。

ビデオを見る


以下は、あなたとお子さんが日常生活の中で優しさを築くためのヒントです。 

モデルの優しさ

子供はスポンジのように何でも吸収してしまいます。自分自身が親切にすることで、子供に親切な姿を見せてあげましょう。配偶者や他の家族とのコミュニケーション、特に対立を解決する際のコミュニケーションに気を配りましょう。良い手本を示すことが重要です。 

親切な行為に興味を示す

学校での一日をキャッチアップしながら、「今日は何を勉強したの」「テストはどうだったの」といった質問を親御さんがするのはよくあることです。これらの重要な質問に加えて、「今日は誰かをどのように助けたのですか」といった質問をしてみてください。これは、あなたが思いやりや優しさを大切にしており、成績だけに注目しているわけではないことを示しています。また、本人が気づかないような小さな行為にもスポットが当たるかもしれません。これは、次のポイントにつながります。

強化に注力

子どもたちに「分けなさい」「親切にしなさい」と強制するのではなく、どんな小さなことでも、親切な行為や思いやりのある行動をしたら褒めてあげましょう。そうすることで、すべての親切な行為が重要であるというメッセージを伝えることができます。

子どもたちに優しさを教えるにはどうしたらいいでしょうか?
子どもたちに優しさを教えるにはどうしたらいいでしょうか?

相手の興味を利用する 

子供が熱心に取り組んでいることに焦点を当てることで、子供が親切になるよう促すことができます。例えば、動物が好きなら、動物保護施設でボランティアをしたり、近所の犬の散歩をしたりすることを勧めてみましょう。家族でボランティアに参加するのもいいでしょう。学校で特定の科目が得意な子には、学校でメンターになってもらうのもいいでしょう。 

優しさの話

お子さん(特に10代)と時事問題について話し合う。例えば、"こんなことがあったらどう思う?"というように、"マインドフル・トーク "をしてみましょう。そうすることで、相手の立場に立って物事を考えることができるようになります。 

課題の設定

より実践的なヒントは、1週間に1回親切な行為をするなどの課題を与え、その課題を一緒に行うことですあなたの経験を共有することができます。 

によって書かれています。

ザ ブリティッシュ インターナショナル スクール アブダビ

The British International School Abu Dhabi

ブリティッシュ・インターナショナル・スクール・アブダビは、グローバル・キャンパスの一部として、最高品質の学習機会を提供し、歓迎すべき家族のコミュニティを提供しています。ブリティッシュ・インターナショナル・スクール・アブダビでは、お子さまは自信と思いやりを持って成長し、常に進化し続ける国際社会で成功するために必要なスキルと態度を身につけることができます。