The future of work: The empathy economy

As I sit and reflect whilst in self isolation, considering the fundamental societal and educational shifts that are being precipitated by COVID19, I wanted to look beyond the immediate and focus on what our future may look like. I decided to base my musings on a pivotal piece of research carried out by PwC "Workforce of the Future: The competing forces shaping 2030" この報告書では、将来の労働力が進む可能性のある4つの方向性が示されており、この不確実な未来で活躍するためのスキル、属性、能力、知識を学生に身につけさせようとする私たち教育者に、さまざまなメリットと課題を与えています。

この4つのシナリオは、4つの世界(赤、黄、青、緑)として提示されました。

Given current circumstances, where humanity is facing a global “lockdown” and communities are forced into isolation, I thought it most important to explore the yellow world first. The yellow world is built on an “empathy economy:” a world where humanity comes first. In an empathy economy, fairness and social good are dominant, where businesses with a heart and artisans are able to thrive in a bustling and creative marketplace. Fairness, ethics, and empathy are safeguarded by society as the most important values.

What does a future empathy economy look like in action? Here are some of the attributes:

  • 教えることが一番大事。 教師は、そのスキルを提供することがあらゆる労働力から求められているため、最も需要の高い職業の一つとなるでしょう」と述べています。 
  • 新しい技術やAI。 今こそ、テクノロジーが進歩、学習、教育の平等を促進する時です。教育への平等なアクセスは、e-ラーニングによって実現します。反復的な作業や低レベルの管理が自動化され、教育の人間的側面に費やす時間が確保されます。
  • エモーショナル・インテリジェンスが評価されています。 コーディングでも大工仕事でも、成功する仕事には、創造性、問題解決、コミュニケーションに関する中核的なスキルセットが必要です。今日の世界では無視されがちな社会的スキルを社員に教えるために、教師は企業から求められています。
  • 都市部が栄える。 in this empathy economy, those in urban settings will have no problem achieving success with social skill development, etc. However, individuals in rural areas could struggle to thrive as the hotbed of empathetic investment and development is reserved for more liberal areas. This could create a larger disparity than already exists between nations like Vietnam versus nations like Japan.

共感のある世界とは、労働者、企業、教育機関が、自分たちの仕事に関連性があるかどうかだけでなく、より大きな意味を求める世界です。人々は答えを求めており、企業全体のレーダーの中の一点に過ぎないことを望んではいません。公平性、富の分配、そしてあらゆる業界で多様性を可能にする平等性が求められています。

個人が集団の利益のために自分のブランドを捨てることで、柔軟性、自律性、充実感が生まれます。従来の雇用主は、社会正義のプロジェクトやコミュニティの組織化に時間を割いて投資している人ほど評価されません。

これは教育にとってどのような意味を持つのでしょうか。

Preparing students for an empathy economy will require a restructuring of classic “testing,” in exchange for competency and skill development, debate, and communication. Creativity will be more valued, with personal growth and expression through the arts central to the curriculum offered by schools and colleges. Volunteering will become a mandatory part of graduating, helping to expose students to nonprofits and social justice concepts they can manage at companies.

E-Learning will develop rapidly and be equally highly valued as traditional classroom-based learning, with advances in VR conferencing, and collaborative group projects prioritized over individual achievement and advancement. This will make it easier for students around the world to secure an equal education. 

共感の未来は、確かに私が尊敬するものであり、現在私たちが直面している課題を考えると、必要なものだと思います。

しかし、問題は人類は行動を起こすほどの関心を持っているのか、それとも本質的に自己関心と自己奉仕を持っているのか?