The Danish Efterskole concept

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

The efterskole is a unique one-of-a-kind school concept. But what is it? How does this school differ from other schools? And how did this school tradition originate? This type of school is known for its focus on transformative development of young people, its value of enlightenment rather than formal education, and is today becoming increasingly popular internationally. Read more about where and how it was established and how Ranum Efterskole College は、この伝統に基づいています。

デンマーク

デンマーク, officially the Kingdom of Denmark, is a Nordic country in Northern Europe. Denmark, which is the southernmost of the Scandinavian countries. It consists of a peninsula, Jutland, and an archipelago of 443 named islands, with the largest being Zealand, Funen and the North Jutlandic Island. The islands are characterised by flat, arable land and sandy coasts, low elevation and a temperate climate. Denmark lies southwest of Sweden and south of Norway and is bordered to the south by Germany. The Kingdom of Denmark is constitutionally a unitary state comprising of Denmark and the two autonomous territories in the North Atlantic Ocean: the Faroe Islands and Greenland. Denmark has a total area of 42,943 km2 as of 2020 and the total area including Greenland and the Faroe Islands is 2,210,579 km2. Denmark has a population of 5.83 million and is a thriving democratic culture and society shaped by its Nordic traditions and strong welfare system where all citizens have equal rights to social security, health and education. Denmark is often referred to as one of the world’s best places to live due to the high level of equality, trust and freedom – and not to forget one of the happiest countries in the World.

デンマークはスカンジナビアの最南端に位置する国で、人口は583万人、北欧の伝統と強力な福祉制度によって形成された繁栄する民主的な文化と社会を持っています。

Despite its relatively small size, Denmark has throughout history managed to reinforce its position in the World as a country where great inventions, creativity, art and ‘hygge’ have sprung from. Who do not remember the great fairytales from the mind of Hans Christian Andersen, recognise brands such as LEGO, MÆRSK or Pandora, or maybe even seen the great wings of the Vestas wind mills that are part of the renewable energy that covers over a 1/3 of Denmark’s electricity consumption produced by wind power?

Renewable energy covers over a 1/3 of Denmark’s electricity consumption produced by wind power

デンマークは、ヨーロッパで国際的な教育を受けながら、スカンジナビアの文化、伝統、言語を探求したいと考える若者にとって、理想的な出発点です。

Its location in Northern Europe and its many connections to other European countries and the rest of the world, offers many opportunities for further exploration and continuation of studies.

The Danish Efterskole Concept

デンマークのefterskoleは、1851年にクリステン・コルドによって、デンマークの有名な詩人・司祭であり、デンマークのフォークハイスクールを設立したN.F.S.グルントヴィッヒ(1783-1872)の教育思想に基づいて設立されました。グルントヴィッヒの教育理念は、正式な職業訓練ではなく、「人生のための啓蒙」を提供することであった。グルントヴィッヒは、学校が生徒たちに自分自身と人生における自分の立場を理解させることを望んだ。物語や「生きた言葉」は、それまで本に割り当てられていた優先的な地位を与えられ、教師は人生、歴史、詩、神話について語ることで生徒を鼓舞することになった。グルントヴィッヒが大人のためのフォークハイスクールを目指していたのに対し、コルドは思春期を迎えた若者を対象にしていました。150年後の今日でも、efterskoleは14歳から17歳の生徒を対象としており、毎年3万人以上の生徒がデンマークに260あるefterskoleの1つに通っています。

デンマークのefterskoleは、デンマークの有名な詩人・神父であるN.F.S.Grundtvig(1783-1872)の教育思想に基づいて、1851年にKristen Koldによって設立されました。

The Efterskoles in Denmark has changed quite significantly since the first founded by Kold and they differ from each other in terms of what they can offer young people. Nevertheless, the efterskoles will all share the key values of focussing on both the student’s educational and personal development. The efterskoles are today still based on the idea of combining academic learning with “life-learning” as a preparatory tool for all aspects of life, as well as facilitating an understanding of “the individual in a community”. Solidarity, community and unity are key concepts within the Danish efterskole. It is inherent in the culture of many efterskoles, that they be a reflection of societal diversity and thus shall offer a variety of opportunities for personal, professional and cultural development. 

アフタースコーレの自由度 

公立学校と比較して、イフタスコーレは、科目の選択、教育方法、教育的アプローチなどの点で、かなりの自由度を持っています。これらは、学校の政治的、宗教的または教育学的な方向性に応じて異なる。エフタースコレの自由度は、学校と生徒の両方に対する国の多額の補助金によって保証されている。

Ranum Efterskole Collegeは、デンマークで最も大きなEfterskoleの1つで、デンマークの美しいHimmerlandにある20.000 m2のスクールキャンパスに位置しています。

先生と生徒の関係 

エフタスコーレの特徴のひとつに、先生と生徒の関係があります。先生は、学校の授業時間外の指導と監督の両方を担当します。つまり、先生と生徒は、朝起きてから寝るまで、一日中一緒にいるのです。そのため、生徒と教師の間には、親密で個人的な、非形式的な関係が生まれることが多いのです。

デンマークのEfterskole協会(Efterskoleforening)は、非常に情報量の多い Efterskoleのショートフィルム.

イフタスコーレの特徴のひとつは、先生と生徒の関係です。

Ranum Efterskole College

Ranum Efterskole College は、デンマークで最大規模のエフタースコレのひとつで、絵のように美しいデンマークのヒムマーランドにある20.000 m2のスクールキャンパスには、4つのレジデンシャルハウス、スポーツ施設、緑地などがあります。この学校では、デンマークの9年生と10年生、20以上の国際的なケンブリッジIGCSE科目、60以上の課外授業、そして世界各地への3回の研修旅行が行われています。当校では、各科目に異なるアカデミック・レベルが設定されており、個人に合わせた学習プロファイルを得ることができます。

Ranum Efterskole College国際部

異文化理解を深めるための「ある視点」の1年

Ranum Efterskole College believes that interacting with other cultures will ultimately strengthen students’ personal development and give them a stronger sense of being an individual in a global society – For this reason, the school travel 3 times during each school year to destinations around the world and invite teachers and young people from abroad to come to the school. Ranum Efterskole College is very much aware of being a part of an interconnected global society. Due to this, the school believes that tolerance and acceptance are essential in facilitating an intercultural understanding, and that curiosity and open-mindedness are key elements in establishing 21st century competencies.

450人の新しい友人

インクルーシブ・コミュニティ、学習、参加型民主主義

Ranum Efterskole College is founded on the philosophies of ‘Inclusive Community and Learning’ and ‘Participatory Democracy’. The school believes it to be their prime objective to provide a framework in which students and teachers in unity contribute to the development of school curricula and activities.
この目的は、とりわけ、コミュニティ、民主主義、責任についての理解を深めるとともに、生徒の個人的な成長とスキルを育むことにあります。その結果は、生徒と教師が協力して常に新しい科目を開発しているため、学校で提供されている幅広い課外授業やアクティビティによく表れています。例えば、サンゴの養殖、チアリーダー、グリーンフィンガー、セーリングなどです。

参加型民主主義」の一例として、インドのチェンナイにある友好NGOのプロジェクトや目的を知った上で、生徒たちが募金活動を行いました。

充実した国際プログラム

当校では7年前に本格的な国際プログラムを開始しましたが、その結果、国際的な方向性を持つ学校への需要が証明されました。2013年から14年にかけて45名の学生がインターナショナル・プログラムに参加しましたが、これが大成功を収め、2017年には留学生の数が189名にまで急増しました。

Ranum Efterskole Collegeは、強力なネットワークを持ち、世界各国の学校やグローバルな教育機関と協力しています。ケンブリッジ・アセスメント・インターナショナル・エデュケーション、ノルディック・ネットワーク・オブ・インターナショナル・スクール、アメリカン・フィールズ・サービス(AFS)、ECIS、ユネスコ、デューク・オブ・エジンバラ・アワードなどの国際機関がパートナーとして名を連ねています。

本校の国際的な教育プログラムは、国連の「持続可能な開発目標」について議論し、それを実行することに重点を置いています。国内での授業と海外旅行の両方で、生徒たちは地球の持続可能性について議論し、行動する準備をします。


ダンスチームとメディアチームが協力して映画制作を行う

MEET A STUDENT

香港のWing Yin Yeung氏。

"香港のクラスメートのほとんどは、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏の国に留学します。しかし、私は英語圏ではない国に留学したいと思っていました。新しい言語を学び、異なる文化を体験するのは楽しいことだと思い、デンマークへの留学を選びました。Ranum Efterskole Collegeを選んだ理由は、国際的なボーディングスクールであることと、学校が教室外でも多くのアクティビティや学習の機会を提供してくれるからです。年間を通して3回の旅行があり、授業で学んだ技術や学問を応用する機会を得て、視野が広がりました。

I met people from all over the world and made life-long friendships at Ranum. I can now have a minor conversation in Danish with my friends and my host family. My favourite Danish words are “hygge” and “fællesskab” (community). I really love the concept of “hygge”. The Danes know how to enjoy being together and life in general. That is what “hygge” is all about.

先生と生徒が一体となってプロジェクトに取り組む

Ranum Efterskole College is definitely different from other schools, because it provides you with a huge amount of opportunities to learn and explore yourself. You will find new interests. You will have a close relationship with the teachers and friends, because you spend every day with them. You will find a second family and home.

ラヌムでの素晴らしい1年の後、私は迷わず他の人にラヌム・エフタースコレ・カレッジへの入学を勧めます!"

によって書かれています。

Ranum Efterskole College

Ranum Efterskole College

Ranum Efterskole Collegeは、デンマークの北ユトランドの絵のように美しい西ヒマーランドに位置する、デンマーク人と外国人のための全寮制学校です。毎年、世界28カ国から集まった14歳から17歳までの450人以上の学生が、自分の目標を達成するためにラヌム・エフテスコレ・カレッジで1年から2年の期間を過ごしています。当校では、20以上のケンブリッジIGCSE科目、60以上の課外授業、世界各地への3回の研修旅行など、幅広い科目とアクティビティを提供しています。

次を読む