STEM+A: 人生と仕事のためのスキルを学ぶ

私たちは毎日、知らず知らずのうちに、学習アプローチ「STEM+A」の原理を実践しています。食事の準備、掃除、整理整頓、計画などの日々の活動には、さまざまな作業の組み合わせに加えて、気づいているかどうかにかかわらず、科学、技術、工学、数学+芸術、美学、建築の一部を必要とします。

また、STEM+Aには、コミュニケーション、リスニング、リーダーシップ、時間管理、問題解決、共感性など、日々の生活や生涯にわたる成功に必要なソフトスキルも含まれます。これらのスキルを総合すると、直感的な能力となり、STEM+Aを学んだ学生は教室から生活や仕事に移すことができます。

As learning, living, and teaching continue to evolve, the concept of a STEM+A curriculum can be better understood by considering the application of these subject areas in our daily lives.

例えば、健康的でおいしい食事を提供するためには、レシピを探すための技術的なスキル、必要な栄養を満たす食品を選ぶための生物学的な知識、計量するための数学的な理解、調理器具や機器を正しく使うための工学的な知識が必要です。最後には、味を引き立てるためのスパイスを見極める創造力と、料理を美しく見せるための視覚的センスが必要となります。最後の段階ではチームワークが必要で、指示を出すリーダーのもと、多くの人が協力して食事を提供します。イベント全体の締めくくりとして、後片付けのプロセスがあります。これには、委任、議論、実行が含まれ、最終的にはキッチンをきれいにするという勝利につながります。

従来の学習方法
伝統的な教室では、生徒は垂直的なアプローチで教科を学びます。つまり、特定の時間枠の中で、あらかじめ決められた授業、学習成果、進捗状況を評価する方法で、単一の教科として教えられるのです。生徒は教師を中心とした個人的な学習に参加し、通常は机やテーブルに一列に並んで座り、心の中では日常生活への応用を疑問視していることが多い。多くの人にとって、多肢選択式のテストや筆記試験という言葉は、不安、恐怖、失敗の代名詞となっています。

STEM+Aとの違い
A STEM+A curriculum offers something different. It is a horizontal learning environment where multiple concepts of science, technology, engineering, math, and arts are taught collectively, typically coming together as a project or collaboration of many minds and hands. Projects are chosen based on relevance and life application and the learning is student-centred. There is discussion, debate, decision, and compromise among classmates. Success is measured through methods that support an individual’s strengths including verbal dialogue, digital presentation or artistic interpretation, with old-fashioned testing offered as an option.

STEM+Aの生徒たちが教室から職場に移ると、これらの資質がチームを強化し、企業を前進させます。世界がこのことに注目するにつれ、STEM+Aはより多くの国のより多くの教室に導入され、より多くの学生が人生のあらゆるステージで切望されるスキルを身につけることができるようになるでしょう。

Byコリーン・サヴェージ(フルフォード・アカデミー入学担当者