STEM-Powered Girls:ジェンダーの固定観念に挑戦するKeystoneの若いリーダーたちをご紹介します。

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

科学、技術、工学、数学(STEM)の分野は、特に世界がデジタル時代に突入した後、ここ数十年で盛り上がりを見せています。しかし、この分野における男女間の格差は依然として大きく、女性が占める割合はいまだに"世界の研究者の中でもごく少数の."このバランスの悪さはしばしば 教育で始まる—the lack of it, or how it is shaped by cultural stereotypes and notions about the role of women—and continues in workplaces and other social settings.

Young girls around the world who are immersed in STEM education are actively challenging constructs and breaking biases to make way for their peers and other people impacted by the issue. Such is the undertaking of four members of キーストーン・アカデミー2021年のクラスは、その分野に関する知識を深め、文化的アイデンティティの強さに啓発されています。KeystoneのSTEMパワーのある女の子たちを紹介します。 Symonne Liuマイクロバイオロジーを愛する人のためにTori Gu新進気鋭の生物学者であるジェイミー・モ若きパズラーそして アンジェラ・ワンエンジニア・起業家を志す人.

微生物好きのSimonne Liuさんが、"Garden of eden "で皆さんをお迎えしました。

夜遅くになっても、Simonne Liuのベッドルームは文字通り活気に満ちていました。それは、試験管の中に入っている36匹のミバエです。彼女の祖母が階下のテレビで漢方薬の効能を紹介する番組に釘付けになっている間に、彼女は17歳の子供の部屋を装って、彼らを「研究室」に忍び込ませたのです。

一風変わったハーブを使った ナイナイ がいつも絶賛しているのは キャタピラー・フューチャー, a medical mushroom formed when a parasitic fungus germinates in living larvae of various moth genera, consuming and mummifying them in the process. Symonne has wondered about the efficacy of the so-called divine elixir that could cure illnesses. Grandma supported her claims with either ambiguous Chinese philosophy or the television host’s ebullient spiels.

Symonneは、おばあちゃんが愛用していた蛇油の謎を解き明かすために、hissing crewの協力を得ました。彼女はこの調査結果を、日本の高等生物学コースのエクステンデッド・エッセイ(EE)で発表しました。 キーストーンの国際バカロレア(IB)ディプロマプログラム。

Symonneは、自分の「研究室」で、ヒスの仲間を「Anna」と「Bob」というニックネームの2つの「家族」に分け、27日間、つぶしたばかりのバナナをたっぷりと朝食として与えて甘やかした。しかし、アンナのグループだけは、イモムシの菌が付着したバナナを与えられた。興味深いことに、この家族は、菌を与えられなかった家族よりも2日間長生きしたのである。

"薬草は蛇足ではなかったようだ」とシモンヌがつぶやいたのは、彼女の元にたどり着いた後のことだった。 ユリイカ の瞬間を見ることができます。

彼女が「エデンの園」と呼ぶ、幼い頃に親からもらった光学顕微鏡で見える微生物の世界に初めて足を踏み入れてから、同じようなことが何度もありました。

For a curious girl, this microcosm was a sight so splendid that she chaired a primary school biology club to introduce writhing life forms to her peers. When she was away from the microscope, Symonne zoomed out her view to their family garden, watching or occasionally joining her mother plant flowers. There, insects were her playmates, and blooming shrubs and grasses were their playpens.

Symonneは、子供の頃に自然の中で過ごした時間が、大きな趣味と現在のニッチな分野につながっています。 バイオアートの時代には、自然の生命過程や生物を利用して作られた作品を、実験室での探求と両立させていました。 キーストーン.彼女はかつて、2つまみの穀物を入れたシャーレの上にスライム状のカビを置いて実験したことがある。驚いたことに、このカビはランダムに山を横切っていき、その結果、まるで 陰陽師 のシンボルです。彼女はこのプロセスを、人間の思考の「既存の直線的な経路」に挑戦する「自然な生命のパターン」に例えました。

"2020年の通信教育期間中に行ったテストを振り返り、彼女はエッセイにこう書いている。"人生の道のりを決めるとき、多くの人はA点とB点を結ぶ直線という最短ルートを選ぶでしょう。しかし、常に最もシンプルな道を選ぶことで、無限の可能性を秘めた別の機会を失ってしまうのです。"

Symonne自身、中学入学の直前に回り道をしたことがあります。小学校での伝統的な教育を終えた後、彼女が転校したのは キーストーン 7年生のSymonneは、伝統的なカリキュラムから国際バカロレアの考え方に移行するのに苦労していました。当時、Symonneは武術を授業に取り入れることに疑問を感じていました。しかし後になって、この授業が生徒の身体だけでなく、文化的アイデンティティをも強化するものであることを理解し、趣味として武術を教えたいと思うようになったのです。

長年にわたり、Simonneは新しいコミュニティで新しい学習方法の紆余曲折を経て、印象的な作品を制作したり、反省的な実験を行ったりしてきましたが、それは彼女のカビのようなものでした。 陰陽師 test. Between 2018 and 2020, she came up with a striking collection of bio-artistic productions to comment on social issues.

大きなバスタブの上に吊るされた伝統的な影絵から、ワックスのような青い汚れが滴り落ちる「The Shadow of shadow」というインスタレーションで、サイモンヌはグローバル化した社会による中国文化の商品化を批判しました。また、汚れたタンポンで月の満ち欠けを表現した「Xyue」という彫刻作品は、女性の繁殖力という「自然の奇跡」を暗示すると同時に、「家父長制社会によって課せられた恥の文化」に挑戦しています。

Symonneの「Xyue」の彫刻

最近、彼女が仲間と一緒に行った課外活動の一つは キーストーン 友人たちが取り組んだのは、"リビングガオヤオ,” a thin film with organic substances targeted to soothe inflammation in knee joints. They attempted to find a long-term cure for arthritis, a condition that has hassled Symonne’s very own grandma despite trying various treatment options, including TCM. Their pursuit won them a gold medal at the 2020年国際遺伝子組み換え機械(iGEM)コンテスト

"私の野望は、大きな目的のために小さな生物を掘り下げることです。"将来的には、遺伝子操作されたバクテリオファージが多剤耐性菌を倒すことができるかどうかを研究して、抗生物質耐性の増加から世界を救いたいと思っています。" She will continue this aspiration in her biology studies at the University of Chicago, where she feels confident about linking her passion for microbiology to genetics, medicine, and other research fields.

Symonneは、北京の家でも、その目標に向かって大きく前進しています。芋虫の実験が終わった後、彼女は急いで階下に降りていき、おばあちゃんに成功したことを報告しました。ドヤ顔でね。 ナイナイ は、"I told you so." と言った。しかし、Simonneはポーズをとり、"いや、ルームメイトがそう言っていたよ "とにこやかに答えた。

自然観察から世界を学ぶ新進気鋭の生物学者、Tori Gu氏

オーストラリアのフィリップ島にあるコアラ保護区では、観光客が小道を歩きながら、人間を観察しているかのような有袋動物を愛でていました。その道を進んでいくと、樟脳のような甘い香りが漂ってきて、学生旅行者のトリ・グーさんの足を止めてしまうほどの強い香りが漂ってきました。

数ヶ月前、トーリはコロンビアのボゴタに4週間の交換留学をしました。彼女の地元のホストファミリーは、広大な敷地に フィンカ その中には、刃物のような葉を持つ奇妙で魅力的な木や、樟脳のような匂いのする白いトゲの束など、エキゾチックな植物がたくさんあった。それらの花は、現地では外来種として知られている 紙の芯の長さ—Tori’s host brother explained in Spanglish—and that locals used their aromatic seeds to relieve nasal congestion. She procured some fragrant leaf samples and glued them onto some pages of her journal.

"私はそれが正確な匂いであることを知っていた "とトーリは言いました。"でも、感じ方は全然違っていました」というのは、彼女がその木や、その木が植えられている場所を認識していたからです。 ブロードバンド・ペーパーバーク彼女が最初に見た場所から何千キロも離れたオーストラリアの本来の場所にあるのです。

トーリのほとんど使い古したノートには、こんな話や、植物のサンプル、世界中を旅して出会った人々の様々な言語で書かれた短いメッセージなど、たくさんの標本が書かれていた。その中には、彼女のホームグラウンドでもある キーストーン: a pinecone seed that “[hints] at the magic of nature.”

この学校で一番高い松の木は、生徒たちをミドルスクールの図書館か、四角い広場へと案内してくれます。トーリは、この松の木に気づくことはほとんどありませんでした。 キーストーン's サマーアーチウェイ program in 2019. Upon hearing of a theory about germinating pine seeds—that they needed to be burned first—she investigated on her own. She succeeded in growing a palm-sized pine tree on her first attempt, using seeds germinated in water, but was clueless about how it happened. Although her next trials were fruitless, Tori noticed that pinecones shut underwater but reopened when dried up.

その謎を解き明かすために、トーリは、ニューヨークのロチェスター大学で生物学を学ぶ傍ら、論文を書くためのバケットリストとして、瓶いっぱいに種を集めて実験しました。

“Biology is about observations … [as much as it attempts to] explain things,” Tori said. “I like to discover things, especially those that we think are so usual—for example, why muscles move in a certain way. It fascinates me how our thoughts can be converted into action.”

彼女の人生のメカニズムに対する好奇心は、子供の頃から始まりました。2歳の時には「食べ続けるとお腹が痛くなるんじゃないか?3歳の頃は、「仕事の心配をせずに走り回れて、一日中食べ物がある」という理由で、犬になりたいと思っていたそうです。

しかし、そのような愛すべき場面でも、午後には緑を眺めたり、虫と戯れたりするような自然に触れていたトーリは、やがて科学者になることを志すようになる。大人になってからは、昆虫ではなく植物を観察することが好きだったこともあり、人間の生理学に興味を持つようになった。18歳の現在、トーリは医者になることを目指しており、国境なき医師団のボランティアに参加する可能性もある。

トーリは、すでに何人かの新入生や大学の上級生とバーチャルで会っており、その中の何人かは、彼女がダブルメジャーを取ることができることを教えてくれました。そこで彼女は、生物科学と法医学を専攻し、副専攻としてスペイン語を学び、学生主導の救急チームに登録することにしました。彼女は以前、2021年初頭の春祭り休暇の直前に行われた緊急時の初動対応訓練で、自分の応急処置の知識をKeystoneの寮のプロクターに伝えました。

彼女の4年間の活動は キーストーン, Tori joined numerous activities outside her interest in biology. She served as a dorm proctor upon her arrival in Grade 9 and was promoted to head proctor two years later. Alongside dorm duties, Tori joined the Global Issues Network (GIN) Conference committee thrice (from Grade 9 to Grade 11), interned for Inspire Citizensの一部となり、Keystoneの ラウンドスクエア エグゼクティブ・ボード(ともに10年生)。

また、その間、彼女は課外活動のために様々な場所を訪れました。 カナダ (2018年後半)と インド (October 2019) for Round Square’s global conferences. She also went to Colombia (February 2019) for a student exchange where she quickly picked up Spanish, attended an international youth conference on media in South Korea (May 2019), and briefly volunteered as a student teacher in a primary school in Australia (June 2019) during her summer break.

Tori considers these trips as her stand-out Keystone experiences as they have “opened a whole new world” where she has “[found] common grounds with people who you might perceive as so different from you.”

2020年3月から5月にかけて、ペルーのクラスメートであるMedaly Retamozoさんとともに、リマにある地元の学校と協力して、突然の学校閉鎖の影響を受けた生徒のために遠隔地での英語教育プログラムを実施しました。トーリは、この基盤と自身の医療への志をもとに、夏休みには、より多くのペルーの学生に感染症の予防について教育するプロジェクトを立ち上げました。彼女は、その戦略を バーチャルギャザリング に合格した高校生のうち グローバルパブリックサービスアカデミーの (GPSA) グローバル・パンデミック eCOURSE & Response を7月に発表しました。

"世界を知ることは素晴らしいことだ "と、トーリは生物学、そして科学全般を追求することについて、"誰であろうと変わらない客観的なもの "であると語っています。  

Tori has closed her scruffy but jam-packed journal as she prepares for her move to the United States. Her fresh gray-covered notebook awaits newer contents to accompany the opening message on its first page: “Tori Gu, ハクナ・マタタ ("no worries")"

若きパズラー、ジェイミー・モーが農村部の学生に素晴らしい道を作った

ジェイミー・モーは、数時間かけて紙の上に一連の形や線をスケッチしました。最初はごちゃごちゃしていたが、コンピュータに転送すると、パターンがはっきりしてきた。しかし、その先には何があるのだろうか?

"プレゼントもあったよ」と誇らしげに語る彼女は、家族の誕生日パーティーのための借り物競争だったと説明した。当時小学6年生だった彼女がデジタルでデザインしたプリントやカードには、トレイルストップを示唆する文字が代用されていたり、シンボルや秘密、持ち主に固有の思い出が描かれていたりしました。

Jamie has always looked forward to occasions like this to bring her puzzle-making prowess into play, and to celebrate, of course. This amazement began in kindergarten, when she once figured out a way out of the very first maze she saw in a children’s magazine. It even inspired her to hand-draw her own labyrinths.

小学校に上がると、ジェイミーは朝食に硬いすごろくを食べるほどのパズル好きになりました。しかし、ジェイミーはパズルを解いていないときは、家の真向かいにあるコミュニティ図書館「ピーカブック」で自由時間を過ごしていました。図書館では、ボランティアの司書が読み上げる物語や絵本を他の子供たちと一緒に聞いたり、他の子供たちにも同じことをしてあげたいと思ったりして、「子供時代の最高の体験」をしていました。

"私は教育をより多くの人に届けたいと思いました。" ジェイミーはこのチャンスについて、"私の家族の4人の先生が、私に世界を探求し、自分の情熱を追求するように励ましてくれたように。" と語っています。

彼女は、図書館が主催する教育サービスに参加しました。2013年に江西省で行った初めてのボランティア活動では、当時小学4年生だった彼女は、天井から蛾が落ちてくる部屋で、6つの小さな荒れ果てた机の上にベッドを置いて寝ました。貧困が子どもたちに与える影響を目の当たりにした彼女は、"知識や外の世界を見せてくれる人に教えてもらいたい "という子どもたちの切実な願いを理解しました。

ジェイミーはその後、安徽省、山西省、河北省の農村部の学校に行きました。基本的な数学や英語を教えるだけでなく、工作やストーリーテリングなど、Peekaでのボランティア活動で培った技術を年々向上させています。

2016年にKeystoneのミドルスクールに入学すると、彼女の努力はさらに進みました。学校では、チャレンジングでありながら内省的な数学の授業を楽しみ、教室の外では、友人や家族のために借り物競争やパズルゲームを考案するなど、様々な場面で活躍しています。

その年、当時中学2年生だった彼は、偶然にも The Code Book:古代エジプトから量子暗号までの秘密の科学 イギリスの物理学者で作家のサイモン・シンの著書です。その本は、彼女に、迷路や数独よりも数段難解な暗号の世界を教えてくれました。

ジェイミーは、「パズルが難解になればなるほど、喜びを感じる」という。彼女は、暗号学が自分の情熱を刺激することを知っていたので、Keystone在学中に積極的に暗号学に取り組み、コンピュータサイエンスにおけるその幅広い応用を発見しました。後に彼女は、コンピュータコードが "私の想像の中にしかないものを現実にする "可能性を持っていることに気づきました。

2018年と2019年の夏休みには、アメリカの様々な大学が提供する暗号学のワークショップやオンラインコースに参加し、コンピュータープログラミングを学んだ。彼女が参加したのは、名門の FIRST Robotics Competition 高校生を対象としたFRC)を設立しました。その学際的な性質は、彼女の様々な情熱(エンジニアリング、プログラミング、マーチャンダイジング、写真、クリエイティブ・ライティング、デジタル・デザイン)を完璧に調和させました。彼女はその楽しさと新しいアイデアを持ち帰り、Keystoneに独自のFRCクラブを設立しました。

Jamie attended the FRC Silicon Valley Division competition in 2019.
ジェイミーは、Keystoneのサイエンスフェアで、FRCとロボティクスのKAPを紹介しました。

Throughout her experiences, Jamie noticed that only a few girls engaged in cryptology, programming, and robotics, especially in Beijing. She believes a “historical stereotype” has discouraged girls from taking on the path of science, technology, engineering, and mathematics (STEM), “but I hope the cycle can soon be broken so each individual can bravely pursue their own passions with fun instead of concerns.”

ジェイミーは、STEM教育の意識を高めるために、ロボット工学のシミュレーションゲームを持参して、生徒に教えています。また、キーストーンの友人たちと一緒に、基本的なロボット工学とその実生活での応用についてのビデオレッスンを制作し、その録画をさまざまな田舎の学校に送りました。

"この子たちが新しい知識を欲しがり、私たちの関係を大切にし、私に温もりを与えてくれるのを見て、この貴重な思い出を記録しようと思いました」とジェイミーは語っています。彼女は次のように書いています。 パスです。 2013年からは、生徒たちとのエピソードを綴った小説『Mr.

As Jamie developed her knowledge of robotics and programming, one would think a Higher Level Computer Science course would best suit her IB Diploma Programme journey. She had considered that but eventually went for the equally tough Higher Level Mathematics: Analysis and Approaches, Physics, and Economics courses. It was a “satisfying choice” because they were “prerequisite knowledge” for her further exploration of computer science in college. ジェイミーは、オンタリオ州のウォータールー大学からオファーを受けており、この記事を書いている時点では、他の出願書類の結果を待っているところです。

"コンピュータサイエンスは、まさに問題解決のプロセスによって形成された学問です」とジェイミーは言います。"世界は、何十億人ものパズル解答者が日々、忍耐力、論理性、創造性を駆使して取り組んでいる、明確な課題や小さな謎によって形成された1つの巨大なパズルなのです」。

“I hope to continue on my paths,” she continued, “so I can deliver an accessible form of education that will enrich the minds and warm the hearts of many children across the globe.” She has been doing just that ever since the first scavenger hunt she designed for a birthday celebration.

参加者の皆さんは、ジェイミーのサプライズを披露するために、自分の歩数を数えながらゴールを目指しています。目的地に到着すると目を輝かせて、"いたずら部長 "と呼ばれる若きパズラーとの素晴らしい時間を回想するプロセスに感動し、感謝していました。もちろん、プレゼントも用意されています。

エンジニア志望のアントレプレナー、アンジェラ・ワンがフィットネスのブレイクスルーを目指して突っ走る

"1...2...フー..."  

アンジェラ・ワンがバーベルを床に落としたとき、高い息を吐く音が小さなジムに響いた。フリーウェイトエリアで唯一の女の子であるアンジェラは、男性ボディビルダーたちの単調なうなり声を打ち破るように、ブーンと息を吹きかけた。

"Hwooosss..."

アンジェラは、50キログラムのバーベルを息を吐きながら力強く持ち上げた。ジャズやヒップホップを踊るためには、太ももや体幹を鍛える必要があったからだ。

18歳の彼女のフィットネスの旅には、もう一つの大きな課題があります。それは、"女性がウェイトリフティングをすることを嫌う文化 "です。彼女の周りには、「シェ・ハルクのようになってしまうのではないか」と冗談を言う人もいるそうです。

"しかし、私はこのようなユニークなアイデンティティを受け入れています。" "なぜなら、それは私のフィットネスへの憧れと、女の子としてエンジニアリング業界を揺るがすという個人的な野心を意味するからです。" と彼女はエッセイに書いています。

Angela has set her sights on becoming an engineer-entrepreneur whose products “bring substantial health benefits to the consumers.” One of her promising ideas is a set of safe, versatile, and accessible AI-powered training equipment that calibrates the physical parameters of different users.この目標があったからこそ、メリーランド州にあるジョン・ホプキンス大学の機械工学プログラムでバイオメカニクスを学ぶことができたのです。

アンジェラとキーストーン・プリズム・ダンス・クラブのクルーメイトs

彼女は以前から、ウェイトリフティングのようなプレッシャーのかかる状況や、お気に入りのマシンであるジェットコースターの上で、人間の体がどのようにバランスを保っているかに興味を持っていました。アメリカの遊園地を訪れた際、高さや体勢、動きの異なるジェットコースターに乗って疲れてしまったというジョイライダー。

"人体のメカニズムやジェットコースターに惹かれるのは、複雑な機械構造への好奇心から来ているのだと思いました。彼女がワークアウトの激しさや、ジャズやヒップホップダンスの元気さを楽しむのは、ジェットコースターに乗っているようなアドレナリンの放出があるからなのです。

Her interest in mechanics solidified further after she was introduced to Lego in 2017, just before she entered Keystone’s middle school. Angela and her older sister—a Lego enthusiast—constructed together a model of the robot WALL-E, the titular character of the popular animated film.

その結果、アンジェラさんの寝室は、ミニ・エンパイア・ステート・ビルや、1967年のフォード・マスタングGTやポルシェ911 RSRなど、さまざまなレゴ作品で埋め尽くされた作業場となりました。これらの車は、アンジェラが大好きな映画シリーズ「007」に登場する有名な車をモチーフにしています。 Fast & Furious シリーズになります。

Angela has even imagined herself as a cast member, especially during dance workshops where she has repeatedly channeled the racers while looking at the studio mirror, stomping and pivoting on jazz-funk beats. For her, these movements were liberating, especially as she had been told before that her “body proportion would restrict [her] from becoming an accomplished dancer.”

“Like Letty’s [one of the protagonists] pursuit of speed as a female racer,” Angela continued, “my growing determination to smash stereotypes in STEM as a machine-obsessed girl is unstoppable.”

As preparation for her studies at John Hopkins, Angela chose Higher Level Mathematics, Physics, and Economics courses in the DP and participated in activities related to mechanical designing.

In the summer of 2020, Angela had her first taste of creating her own industrial prototype when she apprenticed with a product design engineer for a tools invention project. She re-envisioned the traditional electric kitchen mixer by adding a brush as an auto-cleaning function. Her mentor, however, dismissed the concept because “it was risky financially.” But Angela countered him, sketching her vision and explaining how the new gadget could employ the same rotation mechanism for both the mixer and the brush to minimize costs. Although Angela could not complete the product due to limited time, she found herself “empowered to voice my dissent from traditions.”

高校時代のアンジェラは、週に何度もジムに通って体を鍛えたり、夏休みや冬休みに激しいダンスキャンプに参加したりして、自分のために時間を使うようになり、「質的な飛躍」を感じていました。しかし、アンジェラは、自分のエネルギーが限られていることをよく理解しており、充実したことにエネルギーを使いたいと考えていました。

2020年初頭にコロナウイルスのパンデミックが中国を襲ったとき、当時小学11年生だった彼女は、Keystoneでの通信教育の勉強と、湖北省の最前線の病院や被災したコミュニティのための大規模な募金活動を両立させました。彼女は「Yuema Charity Foundation」を共同で設立し、わずか3カ月で国内のさまざまな寄付者から約23万元(約3万5,000米ドル)を集めました。

"アンジェラさんは、「本当に好きなアイデアがあって、それを実現したいと思ったら、今すぐ実行してください」と言います。"レゴで構造物を作ったり、野菜を育てたり、ボランティア活動をしたりと、どんなことでも、行動しなければ、それはアイデアのままです」。

At John Hopkins, she aims at joining courses and research activities to investigate the interface between robotic and human kinematics and strengthening the viability of her goals, including her smart fitness equipment concept.

アンジェラは、キーストーンの次のジェットコースターに乗るための準備をしています。今、彼女はベッドの中でマスタングのミニモデルの隣に横たわり、その日を終える準備をしています。しかし、レゴのワークショップのようなベッドルームは、相変わらず活気に満ちています。彼女の頭の中には、映画の中の息を呑むようなシーンが再現されています。 Fast & Furious を100回繰り返した。

によって書かれています。

キーストーン・アカデミー

Keystone Academy

Keystone Academyは、中国と世界において革新的でユニークな学校です。中国、アメリカ、そして国際的な学習の伝統を取り入れ、強力なバイリンガル教育モデルに織り込んでいます。まさに中国ではオンリーワンの学校といえるでしょう。カリキュラムは、初等部ではバイリンガルで、中等部と高等部ではより集中的に英語で指導します。厳格な知的環境の中で、探究型学習、批判的思考、創造的問題解決に重点を置いています。