シンガポールの公営住宅の未来を形作る。クリオナ・ヨン '13

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

奨学生のクリオナさんは、NUSのSocial Service Research Centre (SSR)のリサーチエグゼクティブとして多くの責任を担っています。インタビューでは、クリオナがこれまでに経験したことや、NUSでの経験がどのように活かされているかを語ってくれました。 SJII 社会福祉の仕事に就くための準備をしていました。

あなたのことを教えてください。 
こんにちは、私の名前はクリオナです。私は現在、シンガポール国立大学(NUS)のソーシャルサービスリサーチセンター(SSR)でリサーチエグゼクティブとして働いています。

クリオナ・ヨン

あなたの仕事はどのような内容で、それが国にどのような影響を与えるのでしょうか?
私は、シンガポールの公営住宅に関連して、アンケート、インタビュー、参加者観察、フォーカスグループディスカッションなどの手法を取り入れたミックスメソッドの研究プロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトで得られた結果は、シンガポールの公共住宅の将来計画に関する政策に反映されます。このプロジェクト以外にも、定期的に開催されるウェビナーの調整やオーガナイズ、Facebookアカウントの管理など、リサーチセンターの管理業務を行っています。

大学時代に人類学を専攻されていたとのことですが、人類学についてのお考えをお聞かせください。
私はリベラルアーツ系の大学に通っていたので、専攻を決める前にいくつかの選択科目を試す余裕がありました。最初に取ったのは言語人類学のモジュールでしたが、とても楽しかったですね。次の学期には他の専攻のモジュールをいくつか試してみましたが、やはり人類学に戻りました。深く理解しようとする姿勢や、既存の知識や想定される知識に挑戦する姿勢が好きだったのと、人と話したり観察したりして、異なる文化や生活様式について学ぶことがとても楽しかったからです。

SJIIでの経験が、あなたの人生の選択やスキルの向上に役立ったと思うのですが、いかがですか?
に行く。 SJII のために IB 私は多くの新しいことに触れ、そこから多くのことを学びました。シニアカウンシルの一員としてイベントを企画したり、チャレンジウィークを計画したり、学業やスポーツCCA、ボランティア活動とのバランスをとることで、生活のさまざまな側面を管理することができました。また、活動の種類のバランスをとり、どれか一つだけに集中しすぎないようにしました。私はさまざまなチームやワークグループに参加し、そこで学んだスキルを他のグループに応用することが好きなので、これはとても効果的でした。

仕事以外の時間には何をしていますか?情熱的なプロジェクトはありますか?
読書や執筆、愛犬とのんびり過ごすなど室内で過ごすことも、ハイキングやピクニックなど屋外で過ごすことも大好きです。読書や仕事以外では、女性が自宅でクラフトビジネスを行うために必要なスキルや経験を身につけるためのプログラムを運営しています。

自分と同じような道を歩みたいと考えているIB卒業生にアドバイスをお願いします。
私の旅の話を聞くと、私は「知識の理論」が得意だと思われるかもしれません。 IB が、実際には苦手でした。でもこれは、「自分には向いていない」と思って将来のチャンスを閉ざす必要はないということを示しています。だからこそ、私からのアドバイスは IB grads and students is to try things out and see what sticks. And to constantly be reflecting on what you are doing, why and how, and if it can be done differently, and if you’re at a loss of how to reflect deeply, you could try talking to seniors, trusted adults, and mentors.

によって書かれています。

St.Joseph's Institution International

St. Joseph’s Institution International

緑に囲まれた広々としたキャンパスにあるSt.Joseph's Institution International Schoolは、ラサリア教育の伝統を受け継ぐ男女共学の独立したカトリック・デイ・スクールです。この学校は、40カ国以上の国籍を持つ多様な生徒たちに、ホリスティックで価値観を重視した国際的な教育を提供しています。