ハルズ・スクール・チューリッヒの校長を紹介します。ロビン・ハル

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

Hull's School Zurichは、校長のRobin Hullを紹介します。彼が優れた教育指導者である理由と、彼がもたらすユニークな視点をご紹介します。 ハルズ・スクール・チューリッヒ.

ロビン・ハル(Hull's School Zürich, スイス)校長について

ロビン・ハルは、1961年、チューリッヒ・オーバーランドの多文化な家庭に、イギリス人の父ジェームズ・ハルとイタリア系スイス人の母カルメリータ・スコトーニのもとに生まれました。チューリッヒのKatholisches GymnasiumやKantonsschule Wetzikonなどのスイスの学校で教育を受け、チューリッヒ大学では英語とドイツ語の文献学を学んだ(Germanistik, Anglistik)。チューリッヒ大学で英語とドイツ語を学び(Germanistik, Anglistik)、スイスのジムナシアルレーラーとしての訓練を受けた後、RSAで教育の大学院資格を取得し、スイス軍の少佐となった。

Robin Hull started working as an examiner already as a teenager for the University of Cambridge examinations in English as a Second Language. He started teaching English as a foreign language during his studies and took over Hull’s School from his father in his late 20s. It subsequently became one of the largest private language schools in Switzerland and he felt that it was time to be more active in national and international associations.

In the early 2000s, Robin Hull joined the committee of the English Teachers’ Association of Switzerland (ETAS), the International House World Organisation (IHWO), and the Zurich Conference for Further Education (ZKW). He also started acting as a Berufsmatura examiner for the KV Business School in Zurich. When the focus of Hull’s School shifted from language training to general education and became the first English sixth form college for Swiss teenagers (Kurzgymnasium), Robin Hull involved himself more in a number of national associations, including the Canton Zurich Advisory Council for International Schools, the board of trustees (Stiftungsrat) of the Schweizerische Alpine Mittelschule Davos (SAMD), the Swiss Group of International Schools (SGIS), the Music Eyes Foundation and the Verband Dyslexie Schweiz VDS (Swiss Dyslexia Association), of which he is the proud chairman.

ロビン・ハルは熱狂的なハクスリー愛好家でもある。20年以上にわたって国際オルダス・ハクスリー協会(IAHS)のキュレーターを務め、時間があればハクスリーについての執筆を楽しんでいる。2020年には、チューリッヒ・ハクスレー・センターと、アルダス・ハクスレーの初版本を集めた世界有数の常設展「ハクスレー・コレクション」がスタートします。

ロビン・ハルは、教育や英文学に関する数多くのエッセイや記事を発表しています。現在、アルダス・ハクスリーについての本を執筆中。現在、オルダス・ハクスリーについての本を執筆中である。

ロビン・ハルはラトビア人の妻、5人の子供、犬1匹、猫2匹とチューリッヒ・オーバーラントに住んでいます。

ロビン・ハル(Hull's School Zurich校長
ロビン・ハル(Hull's School Zurich校長

ロビン・ハルが演じた注目の役柄

  • のプリンシパル ハルズ・スクール・チューリッヒ(Hull's School Zürichスイス
  • チューリッヒ現地秘書 EDEXCELインターナショナル
  • SAMD(Schweizerische Alpine Mittelschule Davos)評議員会メンバー
  • 国際アルダス・ハクスリー協会(IAHS)キュレーター
  • スイス・ディスレクシア協会(VDS - Verband Dyslexie Schweiz)会長
  • ミュージックアイズ財団パトロン委員会メンバー
  • KV Berufsmatura(BM)の審査員
  • チューリッヒ州のインターナショナルスクール諮問委員会のメンバー
  • スイス・グループ・オブ・インターナショナル・スクール(SGIS)のメンバー

ロビン・ハル氏の注目すべき出版物。

  • 進化心理学の断片。で。Aldous Huxley, Man of Letters, Critic, Thinker.Nugel et al (ed), Wien 2005
  • スイスの学生が英語の大学入試を選ぶ理由。in:ETAS Bulletin Vol.24, Winter 2006
  • Nachwort zu 'Die ewige Philosophie', Aldous Huxley, Lit Verlag, Wien 2008
  • スイスのティーンエイジャーは「ブレイブ・ニュー・ワード」をどう読んだか?で。Huxley Annual Vol 12/13, ed.Nugel, Meckier, 2012/2013
  • Dyslexie und Dyskalkulie, ZLV Magazin 4-18, 2018年
  • ハクスリーの多年性哲学における知識と理解、である。Aldous Huxley and Self-Realisation, Sawyer et al (ed.), Wien, 2019
  • 失読症と計算障害を持つスイス人学習者が英国のシステムで成功する。で。C. Mc Bride, Coping with Dyslexia, Dysgraphia and ADHD.A Global Perspective, Routledge, 2019, pp 100-101.
  • A guide to Swiss educational system, Zurich, 2020

によって書かれています。

Hull's School チューリッヒ校

Hull's School Zurich

Hull's Schoolは、チューリッヒで初めてのティーンエイジャー向けのイングリッシュカレッジです。 4年間のカレッジプログラムは、英語で教えられ(現代語を除く)、英国の第5学年と第6学年(10年目から13年目)をカバーしています。生徒はIGCSEとAレベルの試験に備えます。