四季折々の詩

最近では、学生が PYP 3で エコール・インターナショナル・モンゴメリー(Ecole Internationale Montgomery 詩を読んだり書いたりすることで、世界や季節の移り変わりを知ることができました。

特にブリュッセルでは、花が咲き始め、太陽がいつもより少しだけ輝いているという外の変化に刺激を受けたようです。生徒たちは、詩のさまざまな特徴やスタイルを発見し、自然からインスピレーションを受けて自分の詩を書きました。バイリンガル・スクールであること。 PYP 3 English and French teachers wanted to use this unit as a way to help the students find their voice and build confidence in both languages, as well as reflect on their native language. To further their inquiry at home, the students created poetry books, a collection of poems that they researched and wrote. One of the main criterias was finding poems in both English and French as well as their native tongue. 

学校の図書館で行われたポエトリーリーディングでは、生徒たちが自分の詩を他の生徒や先生と共有することができました。生徒たちは、自分が好きな詩や、さまざまな言語で書かれた詩、さらには自分で書いた詩などを披露しました。最後には、他の生徒と話をしたり、自分の詩集を披露したりしました。拍手や歓声に包まれながら、生徒たちは自分たちの頑張りを讃えることができました。