ISBのパーソナル・ラーニング

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

If you were to walk through the halls of the Middle School this year, you would notice a few changes from previous years: students sitting in rows, collaborating with elbow partners rather than gathered in large work groups in the hallways; teachers and students protected by face masks while following the arrows below their feet, meant to direct the flow of traffic; windows fully open even in the chilliest of Belgian temperatures; grade 9 classes waving hello to their peers ‘Zooming’ in for the class while at home. These are changes that both students and teachers have adapted to as a means of ensuring in-person learning. Despite the aforementioned adaptations and the challenges that ensue, from 14:00-14:30 everyday you are certain to hear a more energetic buzz emanating from all four floors of the MS.
これが「パーソナル・ラーニング」の音です。

パーソナル・ラーニングという言葉は、次のような特徴があります。 ISB’s Middle School. The Personal Learning Program, launched during the 2016-2017 school year, is an updated version of the previously successful Advisory Program. The Advisory Program, like the Personal Learning Program, was structured so a group of students in the same grade level connected with a MS Faculty Advisor each day. Advisory groups met to engage in team building tasks, discuss a wide range of current issues, and pursue service initiatives. Personal Learning builds on these preexisting structures while also inviting new voices into the MS Community through guest speakers and allowing students to pursue a passion or interest of theirs through the program’s use of choice modules.

2014年にアドバイザリーチームに加わった私は、MSの教授陣とリーダーシップチームのアイデア、コミットメント、情熱のおかげで、このプログラムが現在のように成長するのを見守る特権を持っています。2015年の秋、アドバイザリーチームは、アドバイザーがプログラムにどのような変化を望んでいるかについて関心を測るために、教員との一連の調査と議論を開始し、教員の個々の情熱、才能、興味を調査しました。アドバイザリー・プログラムを再定義し、学生の選択と学生の声を高めることに重点を移すことに、全員が興奮していることは明らかでした。私たちは、全体的なアプローチをとることにしました。個人として、またコミュニティとして私たちを刺激するものを探すために、アドバイザーも学生も取り残さないようにするのです。

パーソナル・ラーニング・プログラムとは何ですか?

MSパーソナル・ラーニング・プログラム(PL)は、生徒一人ひとりがMSコミュニティの大切な一員として、また多様な能力、情熱、野心を持つ個人として成長できる場を提供することを目指しています。このプログラムは、コミュニティとポジティブな校風を築くことを目的としていますが、同時に、以下の点に基づいて、学習の側面をデザインする上で、生徒に発言権と選択権を与えるものでもあります。 ISB 学習原理。

どのようなものなのでしょうか?

  1. 約12~14名の学生グループは、毎日30分間、ティーチャー・アドバイザーと面談し、グローバルやコミュニティに関する最新のトピックについて話し合い、チームビルディング活動を行い、学習内容をデジタルポートフォリオに記録し、個人の成長を振り返り、ゲストスピーカーや社内のさまざまな声に耳を傾けます。 ISB のコミュニティがあります。
  2. 生徒と教師は、年に2回(火曜と木曜の通常のPLタイム)、「MSチョイスモジュール」に参加します。これは、生徒がインスピレーションや興味を持ったモジュールを選び、6週間かけてそのトピックやスキルを学ぶものです。

アドバイザーの役割

  1. Supports students through all MS years as a trusted adult in whom they can confide
  2. デジタルポートフォリオで収集され、称賛されている生徒の学習の概要を知ることができる。
  3. 毎日のディスカッションやアクティビティで生徒を導く 

選択モジュール

  1. 先生や生徒が自分の情熱を追求したり、新たな興味やスキルを身につけるための機会
  2. Student-led modules have been well-received in recent years and continue to offer students an opportunity to develop their leadership skills.

パーソナル・ラーニングのコア・コンポーネントには、次のようなものがあります。

  • コミュニティ形成のためのイベント
  • 本物のサービスの機会
  • 学力の向上と自立心の芽生え
  • リーダーシップを発揮する機会
  • 次の学年への移行やチャレンジのサポート
  • 学生の声を活かしたアドボカシーの機会
  • 選択権を行使して、自分が何に興奮し、何を求めているのかを知ることができる。
  • 日常的に接することのできる社会的・精神的基盤
  • 個人の幸福について考えるための専用の時間と、個人のニーズを確実に把握するためのツールとサポート。

今日、パーソナル・ラーニングは、29のパーソナル・ラーニング・グループ(PL)と、それを支えるアドバイザーのエネルギーとコミットメントによって運営されています。時事問題をテーマにした難解なディスカッションをするときも、好奇心と創造性を刺激するチョイスモジュールのオプションを選択するときも、サービスを必要としている人々の真のニーズに応える方法を学ぶときも、すべての学生はアドバイザーのサポートを受けます。MSの教授陣のエネルギー(そして隠れた才能)は、学生にとってパーソナル・ラーニングの経験をとても有意義なものにしています。 

今年はいつもと違うかもしれません。確かに新たな課題も出てきます。しかし、それにしても ISB 私たちは挑戦から逃げません。挑戦は私たちに活力を与えます。私たちを変えてくれます。それが私たちを一つにしてくれます。


サラ・テイラー(MSパーソナル・ラーニング・コーディネーター)による

によって書かれています。

インターナショナル・スクール・オブ・ブリュッセル

International School of Brussels

ブリュッセル・インターナショナルスクール(ISB)は、1951年の創立以来、世界各国の学生に質の高い教育を提供してきました。3歳から18歳までの1400人の生徒が在籍しており、世界でも有数のインターナショナルスクールとして広く知られています。