たった30ユーロでドレスを作る

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

私たちのファッションギルドの学生は、30ユーロの予算を与えられ、その予算内で自分のための服を作らなければならないという、新たな課題を与えられました。

どんな服を作りたいのか、どんなデザインを実現したいのか、創造性が求められました。スケッチやドローイングでイメージを膨らませます。

次のステップでは、数学的なスキルを使って寸法を測り、縫製パターンを作りました。型紙ができたら、今度は生地屋さんに行きました。様々な種類の布を選ぶのは大変な作業だった。

さらに、予算を守らなければならないという課題もありました。そこで、女の子の中には、男の子と取引をする賢い子もいました。男の子の中には、セーターを作るだけなので、あまり生地を必要とせず、30ユーロ以下で済んだ子もいたので、女の子は残りの予算をもらって、自分が考えていたドレスに必要な生地を買うことができました。

いよいよ縫製が始まり、理論を実践することができるようになりました。子供たちは、自分たちの進歩をとても誇りに思っていて、その過程で多くのことを学んだと言っていました。

によって書かれています。

WABE Internat / インターナショナルスクール キャンパス

WABE Internat / International School Campus

今日の生徒たちが生活する世界は、常に変化し、進化し続けています。生徒たちは、21世紀の明確な課題に直面し、それを克服するための新しいツールと能力を必要としています。知識だけではもはや十分ではなく、感情的な知性と適応力が不可欠なスキルです。このように、現代社会で成功するためには、生徒に教える方法と教える内容の両方を進化させ、向上させなければなりません。