マカトン:知っておきたい10のこと

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

マカトンは、シンボルやサインを使って音声をサポートする、非常に価値のあるコミュニケーション方法です。アーリーイヤーズでは ラグビースクール・タイ先生たちは日常の学習の中でマカトンを使っており、子どもたちは言葉や読み書きのレベルに関係なく、周囲の人たちと簡単にコミュニケーションをとるためのツールを手に入れています。

ここでは、マカトンについて知っておくべき10のことをご紹介します...始めるための基本的な手話も含まれています。

1

10万人以上の子どもと大人がマカトンを使っています直感的に理解できる手話言語で、一般の方の間でも導入が進んでいます。

2

私たちは世界中の子どもたちが集まるインターナショナルスクールです。マカトンは、言語障害のある子どもとない子どもがお互いにコミュニケーションをとり、より簡単に学び、一緒に遊ぶことができるよう、統合をサポートします。

3

マカトンは、主なコミュニケーション手段として、または単にスピーチをサポートするために使用することができます。プレナーサリーに入園したばかりの頃は、マカトンが主要なコミュニケーションツールとなります。レセプションでは、言語と読み書きの能力が格段に向上しますが、子どもたちはまだコミュニケーションの助けが必要だと感じているかもしれません。

4

マカトンでは、手話を音声の語順に合わせて使用します。

5

理解したり話したりすることが難しいとイライラすることがあり、幼い子どもたちは叫んだり蹴ったりするなどの行動でそれを伝えることがあります。マカトンを使うことで、子どもも大人も、より建設的な方法でコミュニケーションできるようになります。

6

マカトンの「Hello」と「Good Morning」のサインの仕方

7

マカトン語で「Please」「Thank you」「No」のサインをする方法。

8

マカトン語で「元気ですか」、「楽しい」、「悲しい」のサインの仕方。

9

マカトンの「Think」、「Calm」、「Sorry」のサインの仕方

10

マカトンで「アップル」「バナナ」「オレンジ」の手話をする方法。

ラグビースクール・タイランドは、2歳から18歳までを対象とした共学の英国系インターナショナルスクールです。プレプレップでは、保護者向けのワークショップを定期的に開催し、ご家族がマカトンなどのツールを使ってお子さんをサポートできるようにしています。

ラグビースクール・タイランドのデイユースとボーディングの詳細については、こちらをご覧ください。 ここをクリック.

によって書かれています。

ラグビースクール・タイ

Rugby School Thailand

ラグビースクール・タイランドは、世界的に有名な英国の私立学校のモデルに基づいたアプローチを採用し、イングランド&ウェールズのナショナル・カリキュラムと英国のインディペンデント・スクールのカリキュラムの最良の部分を取り入れたカリキュラムを採用している、インターナショナル・デイ&ボーディング・スクールです。また、世界的に有名なスポーツであるラグビーの発祥の地、450年前に設立されたラグビースクール(英国)の名を冠した最初で唯一の学校でもあります。