LCSの学生がGlobal Ideas Instituteのシンポジウムに参加

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

昨年秋には、あるグループが LCS の学生が、世界的な問題に共同で取り組むLCS Global Ideas Institute(GII)チームに応募しました。GIIプログラムは以下の組織によって運営されています。 トロント大学マンク校 で、レイクフィールドが参加するのは今年が初めてです。"GIIは、高校生に集中的な研究と学習の機会を提供するために、Munk SchoolのAsian Instituteで考案され、Joseph Wong教授が主導しています。"

去年からは LCS GIIチームは毎月1回集まり、トロント大学で専門家の話を聞き、メンターと一緒に差し迫った地球規模の問題を解決してきました。今年の課題は、質問に答えることでした。"How can we bolster the digital safety of marginalized communities?"

金曜日、GIIチームは、オンタリオ州とカナダの学生とともに、GIIバーチャルシンポジウムで自分たちのソリューションを発表しました。Halle Lawson(21歳)、Caroline Chen(21歳)、Branton Hung(21歳)、Dylan Clement(21歳)、Yeseo Kim(22歳)、Emilia Volke(21歳)は、このプロジェクトに熱心に取り組んでくれました。

GIIに参加したことで、社会経済的地位の異なる人々の間のデジタルデバイドなど、現実の問題に対応する方法を学びました。毎月行われるMunk Schoolの大学院生とのワークショップでは、専門的なレベルで使用されているさまざまなフレームワークを自分たちのソリューションに統合することができました。また、メンターから頻繁にフィードバックを受けることで、より良い解決策を導き出すことができました。全体的に、効率的で、公平で、実現可能なソリューションを提案するためには、問題の核心(つまり問題の原因)に迫る必要があることを学びました。

Yeseo Kim '22

GIIのチームに参加することを決めたとき、私たちの住む世界とそこに住む人々についてもっと知識を得たいと思いました。この機会に、問題に取り組み、社会から疎外されたグループがより安全に感じられるようにするにはどうすればよいか、スキルと理解を深めたいと思いました。今だから言えることですが、このプログラムのおかげで、いくつかの問題をより深く理解することができ、現実の問題にどう対処すればよいかを学ぶことができました。

エミリア・ヴォルケ(21歳

チームのプレゼンテーションはLCSブログでご覧いただけます。

によって書かれています。

Lakefield College School

Lakefield College School

1879年にオンタリオ州北東部に設立されたレイクフィールド・カレッジ・スクールは、9年生から12年生を対象とした世界的に有名な男女共学のデイスクールおよびボーディングスクールです。LCSは、一人一人の人間が持つ基本的な価値を信じることでインスピレーションを得ています。思いやりのある教師、アドバイザー、コーチは、生徒が個々の可能性に挑戦し、それを可能にすることで、リーダーシップを発揮し、国際社会に積極的に貢献する人生を送る準備をしています。