子供の時間管理を上手にする方法

How do we teach children time management?
facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

親御さんがお子さんの目標を挙げるとき、その目標の一つに「時間管理」が関係していることがよくあります。時間通りに仕事を終わらせる(あるいは全く終わらせない)こと、ある活動にどれだけの時間をかけるべきかを知ること、期日までに準備をすることなどは、大人にとっても習得が難しい重要なスキルの一例です。

最終的には、子供たちがより効率的でストレスを軽減するために、時間を管理できるようになってほしいと思います。もし、お子さんが時間の管理に悩んでいるようでしたら、以下のヒントを参考にしてみてください。

子供に時間管理を教えるコツ

時間管理は、子どもたちが学ぶべき重要なスキルです。
時間管理は、子どもたちが学ぶべき重要なスキルです。
  •  始まりはあなたから - あなたが日々の生活をきちんと整えていれば、子どもたちも同じ習慣を身につけやすくなります。あなたの朝の習慣はどのようなものですか?あなたが家でどのような準備をしているか、どのように時間を管理しているかは、子どもたちの整理整頓のレベルにも反映されます。
  • 豊富な映像表現 - 一緒に時間割を作ることは非常に有益です。ネット上にはたくさんのテンプレートがあるので、それを参考にしてみてはいかがでしょうか。好みのテーマや配色のあるカラフルなものは、生徒たちがより頻繁に利用するようになります。また、時間管理のスキルを向上させるために、時間割に報酬表を組み込むこともできます。  
  • 仕事が先、遊びが後 - 責任を果たした後には、休息や楽しみが待っているということを、子どもたちにはっきりと伝えましょう。そうすれば、子どもたちは遊びを楽しめるようになるだけでなく、何を優先すべきかを学ぶことができます。
  • タスクの分割 - 長時間のプロジェクトや、時間とエネルギーを大量に必要とする課題があることがわかっている場合は、宿題を小さなタスクに分割することで、圧倒されたり達成できないと感じさせないようにすることができます。集中して作業した後、30〜45分後に休憩を取るのが理想的です。  
  • 応援する - 研究によると、批判や不評、怒りよりも、記述的な褒め言葉の方が行動を修正するのに効果的であることがわかっています。褒めるのには時間がかかります。 
  • 一貫性がある - 家庭での日常生活が予測可能であればあるほど、子どもたちは安心感を得られ、一日の計画を立てやすくなります。 
  • 助けを求める - 助けを求めることは難しいかもしれませんが、いつでも学校の誰かに連絡を取り、悩みを相談することができます。
  • 良いタイムマネジメントに報いる - 子どもたちが課題を先にこなすことができたら、何らかの形でご褒美を与えましょう。例えば、特別な特権を与えるなどです。
  • 自立を促す - 若い世代に時間管理の仕方を教えるときは、子どもたちにその責任を負わせることが大切です。宿題や復習、時間割などについて子供に質問し続けることは、口うるさいと思われ、子供のやる気を失わせてしまいます。また、子どもは、あなたが自分の仕事をすべてチェックしてくれることに頼ってしまい、後回しになってしまうかもしれません。彼らが時間をうまく管理できるようになったら、週に1〜2回、彼らと一緒にチェックする時間を設けましょう。そうすれば、うまくいったことやうまくいかなかったことを話し合うことができます。

時間管理を教えるには、何よりも根気が必要です。即効性のある解決策はなく、自分や家族にとって最適な方法を見つけるまで、試行錯誤しながら多くのことを学んでいくことを忘れないでください。言い換えれば、時間を正しく管理することは、生涯にわたるスキルなのです。 

便利なリンク集です。

 
BISアブダビ校 カウンセラー

によって書かれています。

ザ ブリティッシュ インターナショナル スクール アブダビ

The British International School Abu Dhabi

ブリティッシュ・インターナショナル・スクール・アブダビは、グローバル・キャンパスの一部として、最高品質の学習機会を提供し、歓迎すべき家族のコミュニティを提供しています。ブリティッシュ・インターナショナル・スクール・アブダビでは、お子さまは自信と思いやりを持って成長し、常に進化し続ける国際社会で成功するために必要なスキルと態度を身につけることができます。