1日20分読むだけで教育の道が変わる

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

Claire Dwyer, Librarian at カレッジ・アルパン・ボーソレイユは、若者の教育的成果を変える本の力を信じています。

"によると World Economic Forum one of the top reasons that you should pick up a book are that it could help you live longer. A research study conducted by Yale University concluded that people who read books on average live 2 years longer than those who don’t, irrespective of gender, wealth, education or health. If this is not incentive enough to get you reading, or encouraging your child to read, then consider that reading regularly can also help you to build your vocabulary and help ward off brain deterioration.

もうひとつの良いニュースは、何を読んでいるかはあまり重要ではないということです。もちろん、私は生徒たちが楽しんで本を読み、学校の図書館にある多くの素晴らしい小説を楽しんでくれることを望んでいますが、実際には、何を読んでいるかは重要ではありません。

では、何から始めればいいのでしょうか?読書は、バスケットボールのフープを撃つように、あるいはスラロームコースを滑るように、他のスキルと同じように開発しなければならないスキルです。必要なのは、毎日の生活の中で読書をすることです。1日20分だけ読んだとしても、1年後には3,600分、180万語以上を読んだことになります。

ボーソレイユのライブラリアンとして、私は常に学生たちに読書を奨励する方法を模索しています。キャンパスには50以上の国籍の学生がいるので、図書館にはさまざまな言語やテーマの本が揃っていることを確認しなければなりません。最新のマンガやフランスのコミック、ハリーポッターなどです。また、学生がチャレンジ精神旺盛なことを知っているので、最近、学内読書チャレンジを開始しました。生徒もスタッフも、12月から1月にかけて、できるだけ多くの本を読むことに挑戦し、読んだ本に応じて貴重なポイントを獲得します。

そこで、私からのアドバイスです。 今すぐ読む!"

読書は、学習成果を向上させ、生徒を成功に導く素晴らしい方法です。
読書は、学習成果を向上させ、生徒を成功に導く素晴らしい方法です。

によって書かれています。

カレッジ・アルパン・ボーソレイユ

College Alpin Beau Soleil

1910年に設立されたボーソレイユは、スイスで最も古い私立ボーディングスクールのひとつです。11歳から18歳までの55カ国以上の生徒に全寮制の教育を提供しています。スイス・アルプスの雄大な自然に囲まれたこの学校では、教室の内外を問わず、生徒たちが積極的に参加できるような教育を目指しています。