MPSでは、学生が重要なライフスキルを身につけるために課外活動をどのように活用しているのでしょうか。

メリック・プレパトリー・スクールでは、非常に高く厳しい学力水準を維持しており、100%の卒業生が第一志望の世界ランクの大学に進学し、その多くが奨学金を得ています。しかし、これは私たちが行っていることの主要な目的ではありますが、一部分に過ぎません。

We graduate students who will have the skills, knowledge, and confidence to become contributing members of their communities. Our core values of Community, Courage, and Compassion are emphasized and lived daily in our Residential Life Program, Advisor Program, and Academic Program … and perhaps most obviously re-enforced and practiced in our Co-Curricular Program.

教室外での活動は、学習目標を強化します。

教室で学んだことをさらに発展させる課外活動

Each Monday, Tuesday and Thursday from 4:00pm to 5:00pm our Teaching Staff and Residential Life Supervisors lead co-curricular activities that are chosen by our students. These activities range from sports, clubs, indoor and outdoor activities, Student Council to Model United Nations. We offer four “terms” of co-curriculars, some of which run through the year while others conclude at the end of one term and new ones commence with the start of a new term, keeping things fresh and engaging for our students.

教科書だけではなく、さまざまなアクティビティを通して学ぶことができます。

ここで重要なのは、これらの活動を「エクストラ」カリキュラムではなく「コー」カリキュラムと呼んでいることです。私たちは、これらの活動を、アカデミックなカリキュラム、レジデンシャルライフのカリキュラム、アドバイザーのカリキュラムから切り離された「おまけ」ではなく、学生のための総合的な教育プログラムの一部として、すべてのカリキュラムに組み込まれていると考えています。

課外活動では、17カ国以上、5つの学年(9年生、10年生、11年生、12年生、大学入学資格取得のための学年)、そして男女の生徒が混ざり合い、交流し、お互いに学び合うことで、宗教、言語、文化、国を超えた絆を深めることができます。

自分や仲間の価値観や信念を探求し、体力や精神力を試す機会となります。

メリック・プレパトリー・スクールでは、様々なアクティビティを用意しています。

メリック・プレパトリー・スクールでは、生徒たちが教室外でも心身ともに充実し、互いに学び合うことができるように、学年全体を通して無料でコ・カリキュラを提供しています。心身への刺激に加えて、生徒たちは思いやりやコミュニティへの参加、そして挑戦する勇気を学びます。年間22回以上の課外活動を行うことで、時間管理能力、協調性、社会性、人間関係構築能力、妥協・交渉能力、さらには社会性、知的能力、創造性などの総合的な能力が向上することがわかっています。

活動に参加することで、法廷や教室以外でも役立つスキルを身につけることができます。

によって書かれています。 ケビン・ファレル校長