ユニバーシティ・アドバイザーがお子様の大学進学をサポートする方法

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

ユニバーシティ・アドバイザーは、学生が志望大学への道のりを理解し、うまく乗り切れるようにサポートする重要な役割を担っています。第6学年から大学へのステップアップは、学生にとってエキサイティングな挑戦であり、この2つのマイルストーンの間には多くの大きな決断が必要です。このような決断が十分な情報に基づいて行われ、管理しやすく、最終的には学生の将来の野心に合った大学に入学できるように、学生をサポートし、指導するのが大学アドバイザーの役割です。

ビデオを見る


"ブリティッシュ・コロンビア大学からオファーと奨学金を受けられることを光栄に思います。今の私があるのは、すべての先生方のおかげです。特に、大学ガイダンス・カウンセラーの方には、いろいろな大学を紹介していただきました。彼女のおかげで、これから4年間を過ごすのに最適な場所を見つけることができました!"

玉野、13年目

将来のパスウェイを決定する

学生が大学に進学する際には、最初の段階で、よく考えてリサーチを行い、意思決定を行う必要があります。大学アドバイザーは、このプロセスを学生に指導し、学生が決断する際に考慮すべき要素を示す重要な役割を果たします。例えば、学生は希望する学位が進学先の大学でどのように教えられているのか、何を学ぶのか、授業のスタイルは他の大学とどのように違うのかをしっかりと理解しているでしょうか。

しばしば、大学のランキングが学生の意思決定プロセスにおいて主要な役割を果たします。実際には、大学での経験を形成するいくつかの基準があります。アドバイザーは、学生に多様な選択肢があることを認識させ、候補となる大学の立地条件や、そこでの生活や学習がどのようなものかを理解させ、学生が思い込みではなく知識に基づいて立地条件を選択できるようにサポートします。

アプリケーションシステムの理解

学生が多数の国の大学に出願することは珍しいことではありません。これは、学生が大学を選択する際の理想的な選択肢となりますが、同時に、要件や構造が大きく異なる様々な出願システムをナビゲートする必要があります。

学生にとって新たな挑戦であると同時に、ご家族にとっても出願手続きは不慣れなことが多いものです。ユニバーシティ・アドバイザーは、学生と保護者の皆様をサポートします。国際的な出願手続きに関する経験と知識を持つアドバイザーは、学生が圧倒されるのではなく、準備ができるように、システムを通して学生を導くことができます。

感動の準備

筆記試験は、通常、一流大学への入学許可を得るための最初のステップです。この段階からアドバイザーは学生の味方となり、学生がそれぞれの課題に備えられるようにします。推薦状の作成、出願書類のフィードバック、大学や国に応じた面接の練習など、アドバイザーは学生が最善の努力をし、合格するために何が必要かを明確に理解できるようにサポートします。

学生のウェルビーイング

学生は大きな目標を持つことができ、その結果、多くの課題に同時に取り組むことになります。仕事量と大学への出願という組み合わせは、学生がこれまでの学業で直面した中で最も厳しい課題です。学生のウェルビーイングに細心の注意を払い、これらのコミットメントに対処することは、このプロセスにおいて最優先事項でなければなりません。ユニバーシティ・アドバイザーは、学生が抱えている問題を総合的に判断し、大学出願に必要なものを事前に理解し、準備することで、学生が効果的な時間管理ができるようにサポートします。

リージェンツ・インターナショナル・スクール・パタヤ リージェンツの大学アドバイザーであるアナ・ロザレス氏は、リサーチと意思決定から、大学への出願と入学許可までの全プロセスを監督、指導しています。Regentsの学生の将来の進路についての詳細は、以下をご覧ください。 ホームページ.

によって書かれています。

リージェンツ・インターナショナル・スクール・パタヤ

Regents International School Pattaya

リージェンツ・インターナショナル・スクール・パタヤは、タイの他の学校とは異なります。リージェンツ・インターナショナル・スクール・パタヤは、タイの他の学校とは異なり、世界各地にある66のノルト・アングリア・スクールのファミリーの一員として、普通では考えられないようなユニークな学習機会を提供しています。私たちは、ダイナミックで多様性に富んだコミュニティの中で、すべての子供たちとすべての家族に何かを提供することができる、エキサイティングで活気に満ちた包括的な学校です。