ヘッド・ハート・セルフ・システム。ウェルビーイングがこれまで以上に重要になるとき

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

1914年7月、イギリスでは、後に「第一次世界大戦」または「すべての戦争を終わらせるための戦争」となる戦争が勃発したとき、国民は、後に厳しい現実とはまったく異なる見方をしていました。イギリス人の間では、「クリスマスまでには戦争が終わる」という信念がありました。これは、戦争が迅速かつ決定的なものであり、あっという間に普通の生活が戻ってくることを示しています。残念なことに、1915年1月になると、当初の希望が、実際に起こったように、この戦争がはるかに長く続き、20世紀に最大の影響を与えることになるという苦悩と現実に取って代わられることが明らかになったのです。

その目的は、2020年3月にほとんどの学校がオンライン学習に切り替えたとき、すぐにビジネスに戻れるという希望と信念があったことを振り返ることです-遅くとも2020年8月には次の学年の学校を開くことができるでしょう。11月に入っても学校は閉鎖されたままで、LSSR(大規模な社会的制限)が当然のように実施されています。今は、このパンデミックがかつて期待したほど早く解決しないという苦悩と現実に直面する時期です。また、「COVID-19」は21世紀の今、この時代にとてつもなく大きな影響を与えることになりそうである。

So where does it leave schools? In both the international and national sector, the tried and tested model of assessment through examinations was not possible, so alternatives had to be found. Online teaching is not the same as face-to-face: teachers have had to be agile in their approach; inquiry-based learning and creative tasks have come into prominence. Parents have had a first-hand experience at the skills that were in the classroom now coming into their living room and we have greatly appreciated their support and feedback. Words that have been rejuvenated in our lexicon before COVID-19 have become even more prominent. Resilience, Courage, Bravery are all ones that we iterate to ourselves, our students and colleagues regularly.

Yet, there is one word, one type of state of mind and one genuine concern that has superseded many elements of the education model that we can currently provide: WELLBEING. Now more than ever is this a priority for schools as we look to support our students, their families, our colleagues and ourselves is the major time of disruption.

で、その ブリティッシュ・スクール・ジャカルタ(BSJ)他のすべての学校と同様に、生徒、家族、スタッフ、コミュニティに可能な限り最高のサービスを提供するという意味で、ウェルビーイングというテーマは私たちにとって最重要課題となっています。学校にとってのウェルビーイングとは何か、それはどのようなものか、という大きな疑問があります。対面式でもオンライン式でも、学校としてのウェルビーイングとは、生徒が身体的にも精神的にも(遠隔地であっても)安全であると感じられるような枠組みを提供すること、生徒が対処し、成長できるようにサポートとガイダンスを提供すること、そしてこの異常な時代に必要とされるあらゆる方法に耳を傾け、さらにはサポートすることです。

In August 2019, we altered our timetable so that every student in the Secondary School has a thirty-minute wellbeing lesson. In this time, we have used two stellar global providers of innovative and pioneering Wellbeing programmes to ensure that our students can sense that there are depth and meaning to our programme. Since January 2019, BSJ has introduced Compassionate Systems Thinking and Tools with training to both our students and staff. The collaboration has been with the Massachusetts Institute of Technology (MIT) headed by the renowned Dr Peter Senge and Professor Mette Boell. The purpose is to bring better training and meaning to the Wellbeing programme at BSJ. In Secondary School, there is a thirty-minute period a day that is devoted purely to wellbeing. We are also working with the Institute of Positive Education from Geelong Grammar School in Melbourne, Australia, that has created a comprehensive Wellbeing curriculum. In August 2020, we launched the MIT-BSJ Wellbeing Framework for students in Years 7-8-9 (11-14-year-olds). We were not daunted by launching in an online capacity. The anchor of our Wellbeing programme is one that is founded upon a Mandala, four areas that work together in unison to improve ourselves and our wellbeing. The four areas for BSJ are Head – Heart – Self – System.

すべての子供たちは旅に出ますが、その大半の時間は学校で過ごすことになります。その旅とは、子どもが、あるいは私たちの場合は生徒が、子ども時代から思春期、そして思春期から大人になるまでの道のりを見つけることなのです。彼らを支援するために、MITのCompassionate Systemsツールを使って、最初のトピックとして「自分を知る」を取り上げました。先生に導かれた生徒たちは、「頭」-自分はどうしているのか、どう対処しているのか、どう理解しているのか-から自分の旅を振り返り、見ていきます。心-自分と自分の感情をどう理解するか?自己-自分の旅は何で、どうやってそこにたどり着くのか?そして「システム」、それは自分の家族のシステムであったり、学校のシステムであったり、あるいは自分自身のエコシステムであったりしますが、そのシステムがどのように自分を支えているのか、どのように改善する必要があるのか。これにより、生徒たちは自分自身を探求することで理解を深め、その後の学習方法についても理解を深めることができるのです。

日々の生活の中でポジティブな変化を待っているときこそ、成長マインドセットを持ち、私たちの未来に大きな影響を与えるであろう世界の変革に向けて、どのように改善していくかを考えるときです。ウェルビーイングとは、簡単に言えば BSJとはいえ、何もしないという選択肢はありません。この未曾有の時代に、私たち全員に最高のウェルビーイングを提供することは、私たち自身、私たちのミッションとビジョン、そしてコミュニティに対する義務でもあります。

によって書かれています。

ブリティッシュ・スクール・ジャカルタ

British School Jakarta

The British School Jakarta (BSJ) was founded in 1974 with support from the British Embassy to provide an education for internationally mobile students in the city. In 1994, it moved to Bintaro; a 44 acre site that has been constructed to provide a world class education in terms of bespoke teaching and learning in the classroom and facilities that include a 750 seater theatre, sports, musical and language centres.