良いアイデアはLASで育つ

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

学生の創造性を発揮させると、素晴らしいことが起こります。今年は LAS 夏のスイスで、学生たちはキャンパスの庭に目的と意味のある何かを作るという課題を与えられました。シンプルな指示と、自由な発想で、生徒たちがどんな作品を作ってくれるのか楽しみです。 

学生たちが最初に直面した問題は、限られた材料で短時間に何が作れるかということでした。学生たちはスペースを考慮し、年間を通してキャンパススタッフと相談しながら、庭のスペースを最大限に活用する方法を考えました。 

学生たちは、スタッフとの会話やスイスでのキャンプ旅行で見たインスタレーションからヒントを得て、レイシンに関心と観光をもたらすことを目的に、自分たちでインスタレーションをデザインすることにしました。 

最終的に、学生たちは「The Leysin Girl」という彫刻を完成させました。学生たちは針金でフィギュアを作り、それを丁寧にボディキャストして、竹の骨格の上に組み上げました。金網の中には地元で刈り取った草を入れ、地元の花屋で買ったフェイクフラワーで装飾しました。この作品は、地元のコグトレインの乗客の目に留まるように、人目につきやすい場所に設置され、この地域への関心を高めることに貢献しました。 

このグループのインストレーションを以下にご覧ください。私たちと同じように感動していただけると思います。 

レイシン・ガール

によって書かれています。

スイスのレイシン・アメリカン・スクール(Leysin American School

Leysin American School in Switzerland

息を呑むようなスイス・アルプスに位置するレイシン・アメリカン・スクールは、才能を育み、教育、スポーツ、芸術の分野で成功するように生徒を動機づけてきた歴史があります。全寮制のこの学校には世界中から生徒が集まり、グローバルな視点と家庭的な雰囲気を持つキャンパス・コミュニティを形成しています。LASでは、国際バカロレア(IB)ディプロマ、米国の総合大学準備カリキュラム、英語を母国語としない生徒のためのELA(English Language Acquisition)プログラムを提供しています。