自分の声を見つける。旅で満たされた10代を振り返って

以下のリフレクションは、Class of 2018の学生であるジェシカ・メニエールが書いたものです。

16歳の私は、目的地、航空マイル、片道航空券を集めることを趣味としています。私の持ち物は、私が利用するフライトの23kgの重量制限内に収まり、疲れたスーツケースの車輪は、迷路のような空港の出発・到着ロビーに避難しています。父の母国語であるフランス語と、母の母国語である南アフリカの英語の間を直感的に行き来していますが、どちらも故郷とは思えません。ある国ではフランス人のように見え、別の国ではイギリス人のように見えます。その結果、私は第3の方言を採用しています。これは、イントネーションやアクセントが混ざり合い、研ぎ澄まされた自己流の寄せ集めで、気候や地理的な目的地によって上がったり下がったりします。

フランス・セヴェンヌ地方の若い私

私は南アフリカで生まれました。ひび割れた赤いアフリカ大陸の奥深くに位置するこの国では、11の公用語が使われています。私はこの国で青春時代を過ごし、熱いビーチの砂の上を裸足で駆け回り、英語、アフリカーンス語、ズールー語の間で、太陽の光とボアワー、そして南アフリカ人以外には全く意味をなさないスラングをふんだんに食べてきました。そして9歳のとき、私は家族や友人に囲まれながら、テキサス州ダラスの乾燥した砂漠のような暑さの中に放り出されたのである。

私はここで、アメリカの影響下で2年間を過ごし、すぐに「Y'all」という発音を覚え、国旗に忠誠を誓いました。レモネードスタンド、ガールガイド、ハロウィンなど、アメリカンドリームを満喫しました。学校の中でも外でもハグされ、誰もが勝者でしたが、フーテナニーでつまずく必要がなくなったり、フィート、ヤード、マイルにつまずくことがなくなったりすると、すぐに荷物をまとめて移動することになりました。

プロヴァンスでの完璧な夏がすぐにやってきました...サンヴィクトワールとエクス・アン・プロヴァンスの間に挟まれた、壊れかけのアーティスト・ハウスで過ごした、ぼんやりとした3ヶ月の夏でした。フランスらしさが突然、私の口、舌、そして世界を満たしたのです。

無気力で乾燥したフランスの夏から、私たちは時差ぼけのまま、じめじめして整然としたシンガポールの街に飛び込んだ。フランス人の無頓着さは、すぐに「シングリッシュ」と呼ばれる従順で切れ味の良い英語に取って代わられた。それは直接的で、短く、脆いもので、私たちが頼りにするようになった公共交通機関のようなものだった。シンガポールは安全で、ピカピカしていて、少しロボットのようだった。言葉は経済的に使われ、答えには必ず文の最後に「La/h」が付いていた。熱帯性の午後の豪雨とチキンフライドライスの間に、私はすぐに、適合するためには余白の中に色を塗らなければならないことを学びました。なぜなら、ほとんどのことは「できない、ラァ!」からです。

モロッコ・マラケシュのナイトマーケット

効率的な日常生活を送る前に、私はバンコクへと進路を変更しました。バイクタクシーの後ろに乗ったり、水上タクシーの上でバランスを取ったり、トゥクトゥクにつかまったりした街です。私は基本的なサバイバルタイ語とストリートフードを学び、膝でテーブルを作り、歩道を椅子にしました。発音や不文律、唐辛子で舌を焼いたり、ココナッツライスに入ったスティッキーマンゴーで舌をなだめたり。流れや汚れ、匂い、洪水、そしてクーデターにも対応できるようになりました。

しかし、すぐに私のサテはスフレに変わり、私はサンダルとサロンを片付け、Wai'sを片付けてVous et Tuに変えました。お土産でスーツケースをいっぱいにして、バンコクのカオスの中でスーツケースを閉じた後、フランスのプロバンス地方の眠い山の中でスーツケースを開けたのです。私はエクスの田舎臭さを受け入れ、湖で泳ぎ、崖から飛び込み、毎週の市場、音楽祭、果物狩りといったアウトドアの生活と態度を取り入れました。柔らかくなった私の舌は、すぐに南部の言葉で重くなり、大きな声で確信を持って言葉を発音することを学びました。そうこうしているうちに、私は立派なマルセイユの船乗りになっていたのである。しかし、「プロヴァンスでの1年」の後、私たちはシャッターを切って北へ向かった。リールでは、雨と暖かい人々に囲まれた1年を過ごしました。食べ物は異なり、風景は平坦で、方言は舌足らずと訛りの中間で、私がマスターし始めていたフランス語とは似ても似つかないものでした。

スーツケースが湿って少しカビ臭くなってきた頃、私はTHINK Global Schoolという旅する学校に出会いました。教室は4×5の標準的なものではなく、タイの田んぼやペルーの山などの本物の風景に彩られており、探究心、理解力、実生活での学習を受け入れるという理念を持っている学校です。海外での生活の中で言葉の壁にぶつかっている学生にはぴったりの学校です。

THINK Global Schoolとペルーでのハイキング

ペルーでは、高度が私の息を奪い、フランス語がスペイン語に変化しました。ヒジャブを着たモロッコでは、再びフランス語が口をついて出てきました。サンフランシスコでは、LGBTQのコミュニティの中で、私の唇に話し言葉が戻ってきましたし、ブリティッシュコロンビア州のリロートでは、下草の中を小走りに歩いているうちに、話し言葉がよりソフトで穏やかなカナダの言葉に変わりました。

私は最近、最初の故郷である南アフリカに夏休み(南半球の冬)に戻ってきましたが、そこには生まれながらの伝統、採用された習慣、言語のコレクションがありました。私の複雑な言語的危機を和らげるために、さらには、移ろいやすい風景を旅する間、私はアクセントを借りたり真似たりして、自分自身と呼べるような独特の方言を形成してきました。

だから、初めて私の話を聞いた人が「どこから来たんですか」と聞くと、どこにもいないと思う。

"Everywhere "と答えます。