エダスクラム:スタイルとシステムを学校の戦略に合わせる

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

One of the features that we consider important for the success of our School Project is consistency: achieving alignment around high expectations for our students and staff and then consistency of performance. According to McKinsey 7S framework in order to align an organisation to a new project or initiative we need the following 7S to work in harmony: strategy, structure, systems, style, staff, skills and shared values. The model does not produce all the answers, but can help us ask the right questions to identify what we can do to improve our school’s effectiveness.

でのアライメント目標の一環として St.Peter's1月の最初のプロフェッショナル・ディベロップメント・デイで、ファウンデーション・イヤーズの教育チームにアジャイル・スタイルのチーム・マネジメントを導入しました。

According to our School Project we strive to instil learning agility in our students with a focus on learning-over-knowing with specific core competencies as IB learners: balance, inquiry, risk-taking, principled etc. (this is our school’s STRATEGY). Our Foundation Years Team is working to align STYLE and SYSTEMS to this STRATEGY. We want to place the agile mindset as our institutional ethos,  so that our staff have a defining advantage in navigating the changes in education, brought by the 4th Industrial Revolution. We believe that the school world of the future will require teachers who can make sense and meaning of new and emerging needs, and solve problems not yet known.

ファウンデーション・イヤーズ・チームは、私たちの仕事のスタイルとシステムがスクール・プロジェクトに沿ったものであることを確認するために、共同でブレインストーミングを行い、「教育チームのための10のエディスクラム・プリンシプル」に合意しました。エディスクラム・プリンシプルは、他の組織で使用されているアジャイル・マニフェストとSCRUMガイドからヒントを得ており、以下の内容を含んでいます。

  1. 信頼+サポート。チームのメンバーが多様であればあるほど、アイデアや仕事の質が向上し、お互いに学び合うことができます。
  2. 一緒に働く。私たちは積極的に協力します。私たちは、チーム内での仕事のやり方だけでなく、学校全体の流れを最適化したいと考えています。
  3. Face to face conversation
  4. お客様に満足していただくために私たちは、教育サービスを中心に組織を構成しています。生徒とその家族に喜んでもらうために、彼らが必要とする製品、教育、サービスを生み出すことに注力しています。
  5. Continuous improvement: We realise that to remain competitive we need to constantly look for ways to improve our processes, the outcomes that we are delivering to our students, and our organisational structures.
  6. Reflect + adjust: Every student, every family, every teacher and every team is unique. We face unique situations that evolve over time. The implication is that we must choose our way of working to reflect the context that we face and then evolve our way of working as the situation evolves.
  7. すべての仕事を可視化する。私たちは、個人レベルでもチームレベルでも、仕事を可視化しています。私たちのチームは自分たちのワークフローを可視化し、明示的なワークフローツールを使用して、他のメンバーが何に取り組んでいるかを全員が把握できるようにしています。私たちは、チームがより効果的にコラボレーションし、自己組織化できるように、予測可能性の向上に努めています。

とのアライメントを生み出すことができると考えています。 St.Peter's School 戦略と教育チームの仕事のスタイルとシステムは、学校の変革プロセスを支援します。


ファンデーション・イヤーズの責任者であるクリスティーナ・スモレンスキーによる

によって書かれています。

サン・ピエトロ・スクール・バルセロナ

St Peter s School Barcelona

St. Peter's School is an international school located in Barcelona. The school education project focuses on three fundamental pillars: Factuflness (critical thinking based on evidence), Exponential Science, and Change Makers. The student is at the center of their inquiry and concept-based education. The school follows the International Baccalaureate curriculum in all stages of education, offering the Early and Primary Years Programme (PYP), the Middle Years Programme (MYP) and the Diploma Programme (DP).