多様性-なぜ私たちは多文化的な学習環境を優先するのか?

Diversity in schools, more specifically in high schools, is an increasingly important topic. As we can now easily connect with people and places from countries and cultures all across the planet, our children have the luxury of being exposed to more cultures, more social differences, and more unity.

かつて、ほとんどの学校では多様性について議論されることはありませんでした。幸いなことに、現在の社会では、多様性が子供の学習や将来の経験において重要な役割を果たすことがわかっています。

なぜ多様性が重要なのか、特に学校では

学校内に豊かな多様性があることは、生徒たちが将来の教育課程だけでなく、将来のキャリアに備えるのにも役立ちます。世界中の学生と交流し、勉強し、友情を育むことで、彼らの目、心、そして頭は、新しい視点や新しいやり方に開かれます。

これにより、非常に国際的な労働力への移行がより容易になります。

Merrick Preparatory School, for example, has cultivated a diverse school body. This has allowed us to genuinely see and be a part of something truly remarkable. This past year our student population consisted of 17 nationalities from all corners of the globe. One of our classes (grade 9) had 7 students, and each student was from a different country! It was such an incredible experience for our young students.

多様な学生コミュニティが多文化理解につながる

私たちは、教室の中でも外でも、多様性が教育を促進することに気づきました。多様性が教育を促進するとはどういうことでしょうか?それは簡単です。生徒たちは、異文化の生徒たちの異なる信念や視点を理解しようと、より多くの質問をするようになりました。また、多くの誤った判断を排除し、教育的な意見に焦点を当てるようになるのです。

インターナショナル・デー

メリック・プレパラトリー・スクールでは、毎年インターナショナル・デーを開催しています。地域の方々を学校にお招きし、生徒が代表する各国について学んでいただきます。生徒たちはそれぞれの国や伝統を表現した印象的なディスプレイを作ることができます。一番の楽しみは、それぞれの国の伝統的な美味しい食べ物を紹介してくれることです。

メリック・プレパラトリー・スクールでは、すべての生徒が大切にされ、すべての生徒がお互いに学び合える環境づくりに努めています。"多様性 "は、私たちがすることではなく、私たち自身がすることなのです。

によって書かれています。 Justin I. (MPSの採用担当者)