"Diversity rocks!"BISが30周年を迎え、ハイムハウゼンのキャンパスに2,000人のゲストが集まりました

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

アニバーサリーイベントの最高のフィナーレとして バイエルン・インターナショナル・スクール(BIS turned its castle into a rainbow of colours. With this symbol and the content of the programme, BIS sent out a clear message of diversity and inclusion to the world. 2,000 guests from the internal BIS community (students, alumni, parents, teachers and staff) and several guests of honour from politics and business attended the ten-hour open-air event on the spacious Haimhausen campus.

小学生による国際的な旗のパレード、コーディングやロボットコンテストなどの教育技術のデモンストレーション、そして音楽ライブなど、様々なプログラムが行われました。 BIS の学生、卒業生によるサッカーの試合、アートやエコスクールの展示会、ミュンヘンのアーティストELIOTによるストリートアートのワークショップ、世界的に有名なiPadマジシャンSimon Pierroによるデジタルマジックなどがあります。

"Believe.Inspire.Succeed."

「創立記念イベントでは、私たちが多様性と包括性を重視するコミュニティであることを明確にしました。また、私たちが創造的で革新的な『未来の学校』であることを今日的に示しました。私は特に、私たちの BIS バイエルン・インターナショナル・スクール(ハイムハウゼンとシュヴァービングの2つのキャンパスに61カ国から集まった約1,150名の生徒が在籍)の学校長であり、エグゼクティブ・ボード・メンバーであるクリッシー・ソレンソン博士は、「この日、ようやくコミュニティが再び集まり、その絆を深めることができました。

The day’s keynote speech on innovation culture was given by the General Manager of Apple for Germany, Austria, and Switzerland, Antoine Barre, who himself attended international schools. The French-born business leader emphasised that inclusion, understanding different cultures and ways of thinking, creativity and diversity, are all essential factors for innovation and to shape and improve the world of tomorrow.scholarship is a very good example of the continuous development of our international school.

BIS は、著名な専門家を迎え、イノベーションの原動力となる多様性について語っていただきました。アンナ・スベア・フィッシャー教授(ミュンヘン応用科学大学)、シュテファニー・ニッケル博士(サンド社)、ハイケ・カンメラー氏(IBM/ワトソン)、そしてモデレーターのペトラ・ウィンター氏(「Madame」編集長)が、それぞれの考えや個人的な経験を語りました。女性たちが共有した重要なメッセージの一部を紹介します。出自、性別、文化的アイデンティティ、年齢、障害などがもはや役割を果たさず、オープンでインクルーシブな評価の高い文化が生きていれば、ポジティブな緊張感、談話や考察、創造性や新しい視点が生まれます。新しい考え方は、グローバル化と自動化という破壊的な時代に不可欠なイノベーションを生み出します。

未来への目標。革新と創造のための新しいセンター

The anniversary event also marked the start of the fundraising campaign for the planned Creativity & Innovation Centre (CIC). The new heart of the Haimhausen Campus will consist of three floors, more than 8,300 square metres, providing learning space for about 750 students, teachers and guests. The building is designed to support the “STEAM” philosophy (Science, Technology, Engineering, Arts & Maths). The total costs amount to 25 million euros. Around 1.5 million euros in sponsorship and donations will be needed to finance the project by the end of 2022. Construction is scheduled to begin in 2023, with the opening in 2026.

夜遅くには、ミュンヘンの有名なカバーバンド「ジェリー&ゲイリー」が音楽を奏で、ハイムハウゼン城が虹色に輝いて印象的でした。

詳細情報と記念誌へのリンクはこちら これ

によって書かれています。

バイエルン・インターナショナル・スクール(BIS

Bavarian International School (BIS)

国際的で革新的。バイエルン・インターナショナル・スクール(BIS)は、ミュンヘン-シュヴァービングとハイムハウゼンにあり、3歳から18歳までの子どもたちを対象としています。異文化対応力、共同学習、社会的責任、優れた学業成績が学校の精神を特徴づけています。