文化はスイスの教育システムの主要な優先事項ではない

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

教育システムは文化の影響を強く受けますが、スイスの教育システムもその例外ではありません。スイスの教育には、多くのスイス人が母国語に対して抱いている複雑な感情や、ヨーロッパの大隣国の文化が反映されています。また、スイスの教育は、国の政治的文化、歴史、そしてある種の心理的特性と密接に関係している。

スイス人の母国語との闘い

スイス人は、他の国に比べて自国の高度な文化にあまり興味を示さないが、それは重要な部分が借用されているからである。また、スイスには国語というものがなく、多くのスイス人は、ロマンシュ語を除いた公用語は、近隣の大国でよりよく話されていると感じている。実際には、非公式ではあるが、本当の意味で絶大な人気を誇る国語は英語なのである。ドイツ語圏のスイス人の多くは、ドイツ語を捨てて英語に切り替え、高ドイツ語以上に嫌っているフランス語を喜んで手放すだろう。フランス語とイタリア語を話すスイス人は、ヴォードのフランス語とパリのフランス語、ティチーネのイタリア語とフィレンツェのイタリア語のように、それぞれの地域の言葉に誇りを持っている。ドイツ語圏のスイス人が、自分たちと同じように方言を使ったり、高ドイツ語に苦労したりすることをよく知っているので、彼らはドイツ語をあまり熱心に学びません。ローマ人がドイツ人の高ドイツ語を「le bon allemand(良いドイツ語)」と呼び、スイス・ドイツ語の方言にはあまりお世辞にも良いとは言えない名前をつけていることが、それを物語っています。

The German-speaking Swiss feel particularly awkward speaking and writing their first language, which they learn as a second language, after acquiring one of the numerous Swiss-German dialects in their infancy. Linguists call this “diglossia” (a standard variety for reading and writing, and a second variety for oral everyday communication and text messages). There are substantial differences between High German and Swiss German in vocabulary, syntax and pronunciation. In essence, Swiss-German dialects precede the second vowel shift in the Middle Ages and therefore resemble Middle High German or the English of Chaucer. To the Welsh and the Irish this may seem second nature, but to the English it comes as a shock when they discover that High German alone will not be enough.

ドイツ語圏のスイス人は、ドイツに対して複雑な感情を抱いており、それは若い世代になってから少しずつ改善されています。高等ドイツ語を話さなければならなくなった途端、彼らはドイツ人に劣等感を抱き、自分のスイス訛りの明らかな滑稽さ(ドイツ人は実際にそれを愛しています!)、「正しい」ドイツ語の単語を探しているときの恥ずかしいポーズ、文法上の危険を伴う長い文章に入るときの落とし穴を痛感しています。相対代名詞は、すでに脅威となっています(彼らは相対節を高ドイツ語の「der」、「die」、「das」ではなく、方言の「wo」で始める習慣があります)。また、主格や過去単純は言うまでもなく、スイス・ドイツ語には存在しません(スイス・ドイツ語の方言は現在完了で成り立っています)。

スイス人の反転した雄弁さは

Swiss politicians speaking German have to sound as provincial as possible, use dialectal vocabulary and make frequent grammatical and stylistic errors to appeal to their voters. Though a number of members of parliament are probably able to speak excellent High German without an accent, they will be careful never to let anyone know. In the 1970s there was a Federal Councillor, Mr Furgler, who was so notorious for his polished High German that he was nicknamed “Müüli” (little mouth). His facial muscles and lips would contract as if he were trying to give his audience a peck on the cheek.

スイスは知られざる文化大国

ドイツ語圏の学校を卒業した人たちのドイツ語、ローマ人のフランス語、ティチーノ人のイタリア語は、ヨーロッパの隣国の第一言語の水準と比べても遜色ない。ジェレミアス・ゴットヘルフ、ゴットフリード・ケラー、ヘルマン・ヘッセ、マックス・フリッシュ、フリードリッヒ・デューレンマット、そして最近ではマルティン・スーターなど、驚くほど多くのドイツ語圏の偉大な作家がスイスで生まれたり、生涯の大半をスイスで過ごしたりしている。また、フェルディナンド・ラムズやジョルジョ・オレリなど、「ラ・ロマンディ」や「ティチーノ」の有名な作家たちも忘れてはならない。

クラシック音楽や芸術の分野では、スイスの大都市は、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オーストリアの主要都市と比較しても遜色ありません。スイスの億万長者たちは、バーゼルのバイエラー財団、マルティニのジャナッダセンター、チューリッヒのビューレ財団、ヴィンタートゥールのオスカー・ラインハルト財団など、世界有数の美術コレクションを築いてきた。これらのコレクションは、パリのオルセー美術館やロンドンのコータルド研究所と同等の数のフランス印象派作品を所蔵している。もしスイスの国立美術館が、地元の大富豪から寄贈された多くのピカソを集めれば、テートに勝るとも劣らないだろう。

クラシック音楽の分野でも、スイスには多くの魅力があります。チューリッヒ、バーゼル、ジュネーブのオペラハウスは、コベントガーデン王立歌劇場、スカラ座、ウィーン・オペラハウスと肩を並べるほどの規模である。チューリッヒ、バーゼル、ジュネーブの劇場では、ベルリン、ウィーン、パリなどの都市でしか見られないような水準のドラマが上演されている。チューリッヒとバーゼルの交響楽団、ルツェルン・フェスティバル・ストリングス、スイス・ロマンド管弦楽団は、おそらく世界最高のクラシック・オーケストラに属しており、ルツェルン・フェスティバルは、今やザルツブルグ・モーツァルト・フェスティバルと肩を並べる存在である。また、世界的に有名なモントルー・ジャズ・フェスティバルなど、数え上げればきりがありません。

このことを知っている、あるいは気にかけている若いスイス人はほとんどいない。

Part of the answer may be the traditional Swiss valuation of craftsmanship, engineering and technology, along with a disregard, particularly in German-speaking Switzerland, for arts, languages and humanities. The roots of Switzerland are after all in farming in the countryside and crafts and trade in the towns. Socially, the driving force of most Swiss cantons from the Middle Ages onwards was the middle class with its livery companies (“Zünfte”). Only a few cantons – like Berne, Basel and possibly Geneva – have a more feudal tradition. For most of its history Switzerland was fighting for its survival and found both crafts and trade more helpful than Latin poetry. Only in the second half of the 20th century did Switzerland become wealthy enough to afford high culture for the majority of the population.

2000年以降、なぜ文化への無関心が深まったのか。

In the 1980s, the Zurich Youth Theater Club counted more than 2,000 members, with a fair number of commercial apprentices. Large groups of teenagers met at the Schauspielhaus and the Zurich Opera House to sit through a one-hour introduction to Wagner’s Parsifal or Gounod’s Faust before witnessing the production and going backstage to meet the actors and singers. After the year 2000 membership dwindled to insignificance and the club ceased to exist. Doubtless, the advent of social media and computer games together with the proliferation of mobile phones, home computers and play stations turned a majority of adolescents into addicts. It was also at that time that both primary and secondary schools had to grapple with more subjects, leaving less time and energy for literature and culture. While academic elite schools (“Gymnasium”, “lycée”, “liceo”) continue to cherish Europe’s cultural heritage, Swiss secondary schools have had to let go of much of the teaching of culture. At lower secondary and vocational schools, students who play musical instruments are often regarded as “uncool”, and lovers of literature hide their books from their peers.


A Guide to Swiss educational system」の著者であるロビン・ハル氏が執筆。
This is an excerpt from the only overview of the Swiss educational system in English currently in existence for parents with an international background. It can be ordered on www.guideto.ch

によって書かれています。

Hull's School チューリッヒ校

Hull's School Zurich

Hull's Schoolは、チューリッヒで初めてのティーンエイジャー向けのイングリッシュカレッジです。 4年間のカレッジプログラムは、英語で教えられ(現代語を除く)、英国の第5学年と第6学年(10年目から13年目)をカバーしています。生徒はIGCSEとAレベルの試験に備えます。