ブリュッセルで子供に合った学校を選ぶには

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

2020年8月、ジェームス・マクドナルド氏は家族とともにブリュッセルに移り、ディレクターとして インターナショナル・スクール・オブ・ブリュッセル. Looking back on his first six months at one of the world’s most well-respected international schools, James considers the importance of choosing the right school for your child in a city that is spoiled for choice.

ジェームズ・マクドナルド、2020年8月よりISB取締役。

The changing landscape of international education

As an educator for the majority of my professional career – working in schools in my native Canada, as well as in Singapore, Japan, Thailand, and the UAE – I have had the opportunity to see first hand the growth of international schools around the world. And while each region of the world is different, I am convinced that there are essentially two main reasons why parents opt to send their children to an “international” school. First, they are globally-mobile expatriates and looking for an English-speaking school for their children, that will allow their children to transfer smoothly into other schools, career pathways or universities after leaving ISB.あるいは、国の制度にとらわれず、異なる学習方法や、世界の他地域の高等教育への道を提供する学校を探している地元の家族もいるかもしれません。

学びとは、目的地だけではなく、その途中の旅でもあります。

国際性と教育の質を高める拠点としてのベルギー

による最新のマーケットインテリジェンスレポートでは ISCリサーチでの国際教育が報告されています。 ベルギー は、世界の年間授業料収入の約1%を占めており、ベルギーがこのような国際的な拠点であることは驚くべきことではありません。第二次世界大戦後の時代背景では インターナショナル・スクール・オブ・ブリュッセル 1951年に開校したブリュッセル・アメリカン・スクール(当時)は、その後、いくつかの学校に引き継がれ、ベルギーに住む家族や移住する家族にさまざまな選択肢を提供してきました。

ISBエクスペリエンスは、ご家族の学習体験として設計されています。子どもたちにふさわしい学校選びをサポートします。

One of the consequences of this level of choice is that there is no doubting the quality of education that many of the schools continue to offer. However, it is important to always confirm that a school is accredited by an international accrediting body to be sure that all aspects of life and learning are reaching internationally agreed standards.

あなたとあなたの家族にとって大切なことから始める

自分の子供に合った学校を選ぶには、月並みな言い方ですが、最終的には「合う合わない」が重要です。ですから、派手な宣伝文句に惑わされることなく、個人的にも社会的にも、そして学業の面でも、お子さんが確実に成長できるような学習環境をよく考えてみることが大切なのです。

毎年、500人以上のご家族が学校を訪れます。私たちの目標は、情報を投げつけるのではなく、ご家族が学校を選ぶ際に何を重要視しているかを聞くことです。また、親御さんだけではありません。子供たちもこのプロセスに参加することをお勧めします。ある人にとっては、提供されているプログラムや生徒が利用できるリソースが学校選びのポイントになります。ある人にとっては、提供されているプログラムや生徒が利用できるリソースが決め手になりますが、他の人にとっては、立地条件や学費、教育理念なども同様に重要になります。例えば ISB は、生徒が列をなして座り、教師は標準化されたテストの目標に集中するという、より伝統的なタイプの教育を求める親御さんには適していないでしょう。最終的には、家族が子供のために最善の決断を下すことが重要です。たとえそれがISBを受験しないという決断であってもです。

目的地と旅のバランス

お子さんが8歳でも18歳でも、学校に通うことでどんな未来が開けるのか、ということが少なくとも意思決定の一部を占めているでしょう。受験というプレッシャーの中で、どのような成績を残せるのか。自分に合った大学やコースに入学できるのか?あるいは、最終的には、幸せで成功した倫理的な人生を歩むことができるのでしょうか?良い学校は、常に目的地を念頭に置いています。しかし、優れた学校はさらに進んで、目的地と旅路のバランスを取りながら、学生としての経験にも思いを馳せます。優れた学校は、学業成績だけではなく、探究心、成長、幸福感を得る機会を作ることに重点を置いています。

究極の証明は、卒業生の中にある

私はこれまで世界中の学校で働いてきましたが、幸運にもこの国で働くことになりました。 ベルギー. In every one of these schools, parents have asked me the same question: how do you really know whether a school is good or not? In the end, once you have considered the programmes, the resources, the quality of the teachers, and the feeling you get when you walk around campus, one idea is always to ask the admissions team what their former students look back and say about the school. Their answers will often reveal far more than what any website or brochure can reveal.

学びとは、目的地だけではなく、その途中の旅でもあります。

James MacDonald氏は、ディレクターとして インターナショナル・スクール・オブ・ブリュッセル. To find out more about ISB, contact admissions@isb.be.

によって書かれています。

インターナショナル・スクール・オブ・ブリュッセル

International School of Brussels

ブリュッセル・インターナショナルスクール(ISB)は、1951年の創立以来、世界各国の学生に質の高い教育を提供してきました。3歳から18歳までの1400人の生徒が在籍しており、世界でも有数のインターナショナルスクールとして広く知られています。