キングスカレッジ・ドーハでの「数学の魅力」を紹介

数学は単に数字を覚えるだけではなく、私たちが見たりしたりするすべてのものや、私たちの体がどのように作られているかにまで関わっていることをご存知ですか?家、学校、公園、そしてその間にあるすべての場所で、算数の実例を見ることができます。例えば、レシピを作るときの計量、車で次の目的地までの時間を決めるとき、朝起きるために目覚ましをかけるとき、さらにはテレビを見たり買い物をしたりするときなどです。キングスカレッジ・ドーハの数学科では、現実のシナリオを使って、気づかないうちに暗算のスキルを実践することを推奨しています。学校では、チョコレート、恐竜、自分の体、ボタンボックスなどを使った実験で、数学を学ぶ機会を設けています。算数を楽しくし、暗算力を向上させるための素晴らしい方法は、簡単な計算を使って日常的に遭遇する数字を探求することです。King's maths departmentが提供する、学校外で数学を使うための楽しいアイデアについては、ヒントとコツのセクションをご覧ください。To bring maths alive in the classroom, King’s have had a great term exploring some fun ideas with their children. The very youngest children explored counting, sorting and classifying using the button box and ‘billions of bricks’ of all shapes and sizes. Reception pupils took their maths lessons into Doha to explore the repeated patterns and symmetry they found and Year 1 waddled into the world of penguins where they counted on in groups of 2, 5 and 10 and tried to solve how to successfully package fish for each of the penguins based on the restrictions provided by the containers.2年生は巨人の世界に入り、クラスの子どもたちの平均身長のちょうど10倍の高さの巨人を作り、測定スキルをテストしました。学習の背景にあるストーリーは、子どもたちにとって重要な「フック」となり、また、目的を持って課題を設定することで、若い数学者にとって非常に重要な数学的流暢性を高めることができました。子どもたちが新たに見つけた知識を課題に適用することで、リンクやメタ認知といった高次の思考スキルが探求されました。King'sのスタッフと学生の素晴らしい仕事ぶり。