カナダのカリキュラム

カナダは、親御さんの間でボーディングスクールを選ぶ際の上位に入っていますが、その理由は不思議ではありません。カナダのシステムは素晴らしい教育を提供し、生徒が将来成功するための準備をします。カナダには英国のような全国的なカリキュラムはありませんが、各地域の教育制度を管轄する教育省が集まってカナダ教育省評議会(CMEC)を設立し、地域間でのベストプラクティスや基準を作成しているため、カナダの制度は南の隣国のカリキュラムよりも幾分明確になっています。

カナダのカリキュラムの特徴とは?
カナダのカリキュラムとそれを教える学校は、姉妹校のカリキュラムの良いところを組み合わせたユニークなものになっています。カナダの教育システムは、幼稚園から高校、そして大学やコミュニティカレッジへと進むという、アメリカの教育システムと似た構造になっており、アメリカの大学をはじめとするシステムに慣れている人には理解しやすいものになっています。また、カナダでは、英語とフランス語の両方の言語を学ぶことができ、多くの学校では複数の言語が提供されています。

これに加えて、カナダの教育システムは、大学での成功に向けて学生を準備することに優れています。実際、ワシントンDCにあるNational Center on Education and the Economyによると、中等教育を受けた人口の割合(60.6%)は、OECD加盟国の平均(43.1%)よりも50%近く高くなっています。

カナダのカリキュラムを採用している学校については、当社の教育アドバイザーによる無料相談をご利用ください。

さらに