学校でのデザイン思考の適用:問題を解決し、革新的なソリューションを見つけるための創造的なパス

facebookで共有
googleで共有
twitterで共有
linkedinで共有

デザイン思考」とは、特定の問題に対する解決策を見出すための、革新的で創造的な方法論です。この方法論は、あらゆるビジネスや職業において、大きな成果を上げるために利用することができます。デザイン思考は、創造性と批判的思考を組み合わせたもので、将来を担う生徒の育成を目的とする学校では、育成すべき2つのソフトスキルです。このような理由から、デザインを専門とする教師の中には、デザイン思考をカリキュラムに取り入れている人もいます。

サン・ピエトロ・スクール・バルセロナのチャレンジを企画しました。 中間期 2月の最後の月に、学生たちと一緒に活動しました。その結果、成功を収めることができました。

これは2日間のデザインスプリント・ブートキャンプで、8年生の生徒たちには解決すべき問題が与えられました。 生徒たちは、ユーザーのニーズに共感することから始まり、問題を定義し、解決策を考え、プロトタイプを作成し、最後にテストと反復を行うという、人間中心のデザインの基本を学びました。

まず最初に、各デザインチームが4種類のペルソナ(現在の金融・銀行業界に存在する顧客のプロフィール)を選択しました。

  • 懐疑論者たち銀行や金融システムを信じられなくなった人々は、より高い透明性を求めています。
  • 先駆者たちそして、効率性と手軽さを求める、常につながっている若い世代の方々。
  • 伝統主義者たちこのような方は、実際に銀行口座を管理している人に助けてもらいたいと考えており、テクノロジーの使用にはあまり興味がないため、分かりやすさを求めています。
  • プラグマティスト自分が何を求めているのかを知っている人、自分にとって役に立たないサービスを求めていない人。

3~4人のチームに分かれた学生たちは 共感した 選んだペルソナと一緒に、ニーズやペインポイントを理解し、インサイトを導き出します。これらのインサイトをもとに、チームは 問題の定義 で収束フェーズに移行します。 分析 は、ユーザーの銀行業務のニーズや金融目標に応じて、その課題や問題を解決します。

問題を定義した後、各チームは次のように分かれました。 アイディエーション ブレインストーミングを行い、さまざまなソリューションを提案し、アイデアをスケッチしました。1日目の終わりには、各チームがユーザーのためのデザインソリューションにつながる最終的なアイデアを選び、再び収束させました。2日目は、「話すよりもやること」。各チームは次のことを始めました。 プロトタイプ ペルソナのニーズを最優先にしながら、彼らのソリューションを開発しました。プロトタイプは、低解像度のワイヤーフレームによるアナログスケッチ、プロセスマップ、ストーリーボードから、デジタルインターフェースやアプリケーションへと進化していきました。

各チームは試作品ができあがると、ユーザーにインタビューを行い、自分たちの試作品がどのように使われているかを観察しながらテストを行いました。各チームは、その過程でメモを取り、フィードバックを収集し、デザインの反復と継続的な改善に役立てました。この旅の全体像を把握するために、各チームは、洞察からイノベーションまでのデザイン思考プロセスを要約した短いビデオプレゼンテーションを作成しました。各グループは、ファシリテーターを含め、お互いの経験やフィードバックを共有しました。

学校のコミュニティとしては、生徒たちがチャレンジの間、創造性と共同作業を行っていたことを誰もが感じていました。ブロックチェーン技術や「持続可能な開発目標」などのプロジェクトもあり、最近勉強したことがどれだけ身についているかがわかりました。

創造性、コミュニケーション、組織力、コラボレーションを伴う学際的なプロジェクトは、学生が将来の個人生活や職業生活に向けて準備するための素晴らしい道です。不確実で複雑な世界に生きる私たちにとって、デザイン思考の方法論は、起こりうる課題に目を向け、効果的な代替ソリューションを見つけるための一つの方法です。


By Gaëlle Collas and Noelle Roces

によって書かれています。

サン・ピエトロ・スクール・バルセロナ

St Peter s School Barcelona

St. Peter's School is an international school located in Barcelona. The school education project focuses on three fundamental pillars: Factuflness (critical thinking based on evidence), Exponential Science, and Change Makers. The student is at the center of their inquiry and concept-based education. The school follows the International Baccalaureate curriculum in all stages of education, offering the Early and Primary Years Programme (PYP), the Middle Years Programme (MYP) and the Diploma Programme (DP).