UWCタイでのサービスラーニングの様子

facebookで共有
twitterで共有
linkedinで共有

アンダマン海の奥地から火星の宇宙開拓まで、サービスラーニングの現場を紹介します。 UWCタイランド.

のように。 ユナイテッド・ワールド・カレッジ・タイランド(UWCT 2021年卒の学生たちが社会に出て行くとき、彼らが歩んできた道のりを振り返る絶好の機会であり、この大学のディプロマ課程の学生であることの意味を考えるときでもあります。 UWCT.

UWCの経験はユニークです。異文化コミュニティ、変革をもたらすことへのフォーカス、そしてIBディプロマのアカデミックな厳しさを通して、UWCスクールとカレッジは他にはない教育を提供します。

しかし、それはどのような意味を持ち、どのように感じ、どのように見えるのでしょうか。

学生は、国際的な環境で活躍する能力があること、厳格なカリキュラムと経験豊富な学習環境への挑戦に適していることを基準に慎重に選ばれます。各国委員会の選考プロセスでは、次のような点を備えた学生を求めています。

  • 知的好奇心とやる気。 a genuine urge to learn about the world around oneself and the ability to recognise the details and grasp the breadth of issues (for example, global and local concerns) involved in any given topic and to analyse them thoroughly.
  • 積極的な取り組み。 the ability to develop and readiness to reflect, question and confront one’s own values, to measure one’s behaviour within family and community against one’s values, and to act on one’s own beliefs accordingly and responsibly.
  • ソーシャルコンピタンス。 the ability and readiness to make contact with other people, to interact respectfully with them, to work together with them in a team and to achieve solutions; the ability to express oneself adequately in different situations and to different people.
  • レジリエンス、個人の責任感、誠実さ 挑戦的で変化に富んだ経験をする中で、肉体的にも精神的にも自分自身をケアする能力。 UWC UWCの共通の道徳的・倫理的原則を守るという個人的な動機、謙虚な気持ち、他人の意見や経験に耳を傾けて評価する能力などです。
  • UWCのモチベーション passion, ability and serious incentive to contribute to and actively promote UWC’s values.

のように。 CAS のコーディネーターです。 UWCタイランド, I am acutely aware of the selection process and how much a place at the college means to the student and their families. In the very first few meetings I have with the new cohort, we set out personal goals and discuss what they want from their experience at UWCT. We consider how they will embrace the mission and values and how I can support them in achieving their personal goals and just help them with anything other than higher-level physics!

For many, the concept of CAS は新しいものです。生徒との関係を築き、CASの利点を強調することで、新しい環境での生徒のストレスを軽減することができます。CASは個人的な自己発見の旅であることを理解していますが、これはCASでの経験ほど実感できるものではありません。 UWC.世界中から集まった、学習スタイルも教育経験も言語能力も異なる学生たちには、たくさんの初体験があります。初めての飛行機、初めての寄宿舎生活、初めて見る海、そして科目の選択。すべての生徒には、それぞれのCASの出発点があり、それゆえに目標やニーズも異なります。

学生たちは、18ヶ月間の留学生活に出発します。 CAS 新しい機会を探求することで、友人関係や周囲の環境などを体験を通して学ぶことで、生徒が個人的・対人的な成長を高めることができるプログラム。自己決定と他者との共同作業の機会を提供し、仕事から得られる達成感と楽しみを育む一方で、DPの学業上のプレッシャーに対抗する役割を果たします。

新しいコホートと知り合いになると、「イエス」という言葉について話します。相手がどんなアイデアを投げかけてきたとしても 私は「イエス」と言うことを目指しています...。
馬に乗れるようになりたい - はい
イベントを開催したい - はい
来月はダイビングに行きたいですね。
学生主体のコーヒーショップを開きたい - はい
とはいえ、私の「はい」を聞いて、さらに質問されることも多い。
誰と一緒に仕事をするのか、誰があなたをサポートするのか。

That sounds great; however, you may want to consider…
カレンダーを見て、その日が空いているかどうか確認しましたか?
リスクアセスメントは完了していますか?

あなたは、このことを話し合ったことがありますか?
金銭的な影響はありますか?
Have you submitted a proposal?
この活動で何を目指しているのか、自分にとっての成功とは何なのか。
Would you consider linking up with or working with… to support your idea?

驚くべきことに、生徒たちは私がこのような質問をすることをすでに知っており、今ではより頻繁に準備をし、知識を身につけています。その後、質問はより困難になります。 UWC ミッション、バリュー、そしてCASの学習成果。 

今後の課題は何だと思いますか?
あなたが助けやサポートを必要とするのはどこだと思いますか?
学校のミッションステートメントとどのようにリンクしているのか、あるいはどのような価値観に取り組んでいくのか。
どのような学習成果に携わることになるのでしょうか?
どのような決断を迫られるのでしょうか?

自分の居心地の良い場所から一歩踏み出すように促したり、嫌々ながらもリーダーシップを発揮するように仕向けたり、不快な思いをしたり、自分の選択に基づいて話し合ったり、仲間と一緒に仕事をする中での試練を受け入れたりすることは、すべて旅の一部なのです。私の質問や彼ら自身の質問を通して、彼らは情熱、信念、価値観、理想を解き明かし、自分が何のために存在しているのか、それを達成するために何が必要なのかを理解し始めていることに気づきます。

コヴィッドのおかげで、この18ヶ月間の CAS しかし、その結果は例外的なものでした。ある人にとっては、社会的孤立、隔離、強制的な制限が真の挑戦となりました。ある人にとっては、社会的な孤立、隔離、強制的な制限は真の挑戦でしたが、他の人にとっては、明快さとバランスを見つけることができました。このような時代には、これまで以上に、生徒たちがお互いを知り、理解し、刺激し合って、その行為の大小にかかわらず、変化をもたらすことが必要とされています。"私たち自身、自分たちがやっていることは大海の一滴に過ぎないと感じています。しかし、その一滴が欠けているからこそ、海は小さくなってしまうのです」というマザー・テレサの言葉は、私たちの心に響きます。

The same words repeatedly come up — ‘challenging’ and ‘rewarding’ throughout the final interview and reflections.  Regardless of (how big or small) the size of the accomplishment, these words resonate with so many as they review their journey. A journey of memorable experiences that have provided opportunities for self-determination and collaboration. Experiences that foster a sense of accomplishment, enjoyment, and unique benefits that give them the confidence to achieve their life goals.

彼らは生まれて初めてパンデミックという地球規模の問題に直面し、自分や家族、地域社会、環境への影響を目の当たりにしたのです。多くの学生にとって UWCTしかし、11年生になった彼らは、パンデミックによって物理的な国境ができ、家族や友人に会いに家に帰ることができないという現実に直面しました。 生徒たちが苦労して壊してきた国境です。

この1年間で私が感じた決定的なことは、レジリエンス、適応力、革新性の向上です。生徒の一人が言ったように、「私たちはただ、自分たちがやろうとしていることを変えなければならなかった」のです。私たちは、学生たちがこれまで以上に自分たちの力を発揮したい、聞いてもらいたいと思っていることに気づきました。

Kru Heidi Oxley-Whitnell(UWCタイのCAS&サービスラーニング・コーディネーター)著

によって書かれています。

UWCタイランドインターナショナルスクール

UWC Thailand International School

At UWCT, we aim to realise this mission by delivering a mindful, diverse education underpinned by our belief in the connection between a “Good Heart, Balanced Mind, and Healthy Body”.